HOME > 財団について > コンプライアンス

コンプライアンス

研究費等の不正使用、研究活動の不正防止対策

 

 「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月15日付け文部科学大臣決定、平成26年2月28日改正)に基づき、研究費等の不正使用、研究活動の不正を防止するため、以下の取組を行います。

 

1 責任体系の明確化

 研究費等の不正使用、研究活動の不正を防止するため、以下の責任者を置きます。

 ・最高管理責任者:会長
  財団全体を統括し、研究費等の運営・管理について最終責任を負う。

 ・統括管理責任者:専務理事
  最高管理責任者を補佐し、研究費等の運営・管理について財団全体を統括する実質的な権限と
  責任を持つ。

 ・コンプライアンス推進責任者:事務局長
  研究費等の運営・管理について財団全体を統括する実質的な権限と責任を持つ。

 ・コンプラインアンス推進副責任者:総務部長
  コンプライアンス推進責任者を補佐する。

 ・コンプライアンス推進員:担当部長
  コンプライアンス推進責任者の指示の下、自己の管理する部・センターにおける個別の研究費等の運営・
    管理を行い、不正防止計画を部内に周知・実施する。

 

2 不正防止計画の策定

 不正防止計画を策定し、研究費等の不正使用、研究活動の不正を未然に防止するための取り組みを行います。

  公益財団法人科学技術交流財団における競争的資金等に係る不正防止計画(平成27年3月4日制定)

 

3 通報等の窓口

  研究費等の不正使用、研究活動の不正に係る財団の内外からの通報等の窓口は以下のとおりです。

   総務部総務課長 TEL:0561-76-8323

  ※通報を行ったことで、不利益な取扱いを受けることはありません。ただし、その通報が悪意に基づくもの      であることが判明した場合は、その状況により、通報者の氏名の公表、懲戒処分、刑事告発等の手続き        を執らさせていただきます。