制度名 先端計測分析技術・機器開発事業
補助金・委託研究費等 数百万〜2千万円程度、総額2千万〜5千万円程度
補助・委託研究期間 3.5年以内
公募時期
問合先 先端計測技術推進部 03-3512-3529
URL http://www.jst.go.jp/sentan/
備考 我が国は、科学技術創造立国として、優れた人材の養成・確保を図るとともに、研究者の独創的な研究開発活動を支える基盤を整備していく必要があり、第2期科学技術基本計画においても、「計測・分析・試験・評価方法及びそれらに係る先端的機器の戦略的・体系的な整備を促進する」ことが示されています。
 世界最先端の研究データ・独自の研究データは、オリジナルの計測分析技術・機器から生じるものですが、我が国の先端計測分析技術や機器の分野においては、海外に依存している度合いが強いとの指摘があります。このような状況を脱却するため、平成15年度に文部科学省に先端計測分析技術・機器開発に関する検討会が設けられ、我が国発の先端計測分析技術・機器が実現されていく方策等について検討が行われました。
 このような背景を踏まえて、独立行政法人科学技術振興機構において平成16年度より「先端計測分析技術・機器開発事業」開始し、最先端の研究ニーズに応えるため、将来の創造的・独創的な研究開発に資する先端計測分析技術・機器及びその周辺システムの開発を推進します。