HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究交流クラブ > 研究交流クラブ 科学技術交流財団設立20周年記念事業
「科学技術が支える21世紀社会」シリーズ①

研究交流クラブ 科学技術交流財団設立20周年記念事業
「科学技術が支える21世紀社会」シリーズ①

「水素エネルギーシンポジウム」~FCVが先導する水素エネルギー社会~

水素は、究極のクリーンエネルギー源であり、発電、熱利用、自動車など日常生活や産業活動などへの幅広い活用に大きな期待が寄せられています。 そうした中、まもなく自動車メーカーが、燃料電池自動車(FCV)を市場投入する予定であり、今後本格普及に向けた動きが活発化すると見込まれています。一方、水素社会の実現には、燃料電池の開発事業化に加えて水素ステーションなどの水素インフラの整備なども重要な課題となってきます。
 こうした水素エネルギーを取り巻く環境の大きな進展を見据え、今回、当財団は設立20周年事業の一環として、愛知県と共催で、「水素エネルギーシンポジウム」を開催しますので、多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日時 平成26年10月22日(水) 13:15~16:30
場所 「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター
豊田市八草町秋合1267-1
プログラム 13:15~13:25 開会挨拶  

13:25~14:25 基調講演:「サステイナブルモビリティに向けたトヨタの取り組みと
                                           燃料電池自動車開発」
              トヨタ自動車株式会社 代表取締役副社長 加藤 光久氏
  
14:40~15:10 講演1:「水素社会の実現に向けた水素インフラ構築への取組み」
              JX日鉱日石エネルギー株式会社 中央技術研究所
                先端領域研究所 副所長 和久 俊雄氏

15:10~15:40 講演2:「水素エネルギー技術の開発を支える
                 あいちシンクロトロン光センター」 
              あいちシンクロトロン光センター 所長 竹田 美和

15:50~16:30 見学会 「知の拠点あいち」(先着50名) ・・・・・ 定員に達しました。
            ・あいちシンクロトロン光センター 
            ・あいち産業科学技術総合センター(高度計測分析機器等)   

【主催】 公益財団法人 科学技術交流財団 
     愛知県


上記のとおり定例会を実施しました。多数のご参加有難うございました。

連絡先

本件に関する申込み/問合せは下記へお願いいたします。

公益財団法人 科学技術交流財団 (担当:真鍋)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター内
TEL:0561-76-8325  FAX:0561-21-1651
E-mail:research@astf.or.jp