HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究交流クラブ > 研究交流クラブ 第166回定例会

研究交流クラブ 第166回定例会

「イノベーションで未来に挑戦」~暮らしを支える環境・エネルギー技術~

日本は国土の7割が森林で、植林した林だけで毎年3000万トンもの木材が増え続けています。これは、1年間に日本で使われるプラスチック材料の3倍の量です。そんな中、木材成分の約半分を占めるセルロースを用いて、軽量・高強度の材料の研究が行われています。今回この分野の第一人者、京都大学教授の矢野浩之氏をお迎えし、「セルロースナノファイバー材料の開発~樹の気持ちを材料に~」をテーマに産業応用への可能性を紹介していただきます。また、全国の若手研究者を対象に、愛知県の産業や社会への応用・貢献の見込める、自らの研究に基づいた斬新な研究テーマ、アイデアの提案を募集した「わかしゃち奨励賞」(愛知県若手研究者イノベーション創出奨励事業)の優秀提案発表会並びに表彰式を行います。

日時 平成27年1月16日(金) 14:30~18:30
場所 「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター 1階 講習会室
豊田市八草町秋合1267-1
プログラム 14:30~14:35 開催挨拶 

14:35~15:45 基調講演「セルロ-スナノファイバ-材料の開発~樹の気持ちを材料に~」  
           京都大学 生存圏研究所 生物機能材料分野 教授 矢野 浩之氏 

16:10~17:20 第9回「わかしゃち奨励賞」(若手研究者イノベーション創出奨励事業)
         優秀提案発表会・表彰式

17:30~18:30 交流会(ライトパーティー)

【主催】 愛知県
     公益財団法人 科学技術交流財団 
     公益財団法人 日比科学技術振興財団


上記のとおり定例会を実施しました。多数のご参加有難うございました。

連絡先

本件に関する申込み/問合せは下記へお願いいたします。

公益財団法人 科学技術交流財団 (担当:真鍋)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター内
TEL:0561-76-8325  FAX:0561-21-1651
E-mail:research@astf.or.jp