HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究交流クラブ > 研究交流クラブ 第174回定例会

研究交流クラブ 第174回定例会

エネルギーハーベストの現状と今後の動向 ~まだまだ活用できる隠れたエネルギー~

低炭素社会の実現をめざすには、エネルギー問題と環境問題の両立性を図る必要があります。それらの再生可能エネルギーは、科学技術の発展における最重要課題の一つと言えます。今回は、日常環境で生じるエネルギーを回収し、利用しやすい電気エネルギーに変換する発電技術、『エネルギーハーベスト』について講演会を開催いたします。身近なところにある隠れたエネルギーを役立てる方策とは?

日時 平成28年2月18日(木) 14:00~18:00
場所 名古屋銀行協会2階1号室
名古屋市中区丸の内2-4-2
プログラム 14:00~14:05 開会挨拶

14:05~15:15 講演1「エネルギーハーベストの開発動向」
         株式会社NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット
                           シニアマネージャー  竹内 敬治 氏

15:30~16:40 講演2「熱電発電の現在と展望 ~熱の上手な使い方~ 」
         国立研究開発法人産業技術総合研究所 無機機能材料研究部門
                  機能調和材料グループ  上級主任研究員  舟橋 良次 氏

16:40~16:45 閉会挨拶

17:00~18:00 交流会(ライトパーティー)

【主催】(公財)科学技術交流財団
(公財)中部科学技術センター
     (公財)日比科学技術振興財団

【後 援】
     中部経済産業局
     愛知県
     (一社)中部経済連合会
     名古屋商工会議所
     (公財)名古屋産業科学研究所
     (一財)東海産業技術振興財団


上記のとおり定例会を実施しました。多数のご参加有難うございました。

連絡先

本件に関する申込み/問合せは下記へお願いいたします。

公益財団法人 科学技術交流財団 (担当:真鍋)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター内
TEL:0561-76-8325  FAX:0561-21-1651
E-mail:research@astf.or.jp