HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究交流クラブ > 研究交流クラブ 第175回定例会

研究交流クラブ 第175回定例会

防災・減災を可能とする最新科学技術

東日本大震災から早5年、あの時の教訓はどのように活かされているのでしょうか?今回は、様々なビッグデータを活用し、災害時の状況把握に取り組んだ日本放送協会 報道局ディレクターの阿部博史氏から「防災のためのビッグデータ利用」、またJPタワー名古屋に取り入れられた ビル用制振ダンパーの開発に携わった物質・材料研究機構 主席研究員の澤口孝宏氏から、「高層ビルの長周期振動の制振技術」についてお話いただきます。災害はいつ起こるかわかりません。是非皆様にお聴き頂きたいテーマです。

日時 平成28年5月12日(木) 14:00~18:00
場所 名古屋銀行協会 2階1号室
名古屋市中区丸の内2-4-2
プログラム 14:00~14:05開会挨拶 

14:05~15:15講演1: 「防災のためのビッグデータ利用」 
              日本放送協会  報道局  遊軍プロジェクト
                                     ディレクター 阿部 博史 氏

15:30~16:40講演2: 「高層ビル長周期振動の制振技術」 
               国立研究開発法人 物質・材料研究機構 元素戦略材料センター
                構造材料ユニット 組織設計グループ 主席研究員  澤口 孝宏 氏

16:40~17:00     会場移動

17:00~18:00交流会(ライトパーティ)

【主催】(公財)科学技術交流財団
(公財)日比科学技術振興財団


上記のとおり定例会を実施しました。多数のご参加有難うございました。

連絡先

本件に関する申込み/問合せは下記へお願いいたします。

公益財団法人 科学技術交流財団 (担当:真鍋)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター内
TEL:0561-76-8325  FAX:0561-21-1651
E-mail:research@astf.or.jp