HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究交流クラブ > 研究交流クラブ 第176回定例会

研究交流クラブ 第176回定例会

食品トレーのリサイクルと石灰工場

1.株式会社エフピコ 中部リサイクル工場(岐阜県安八郡輪之内町)
  肉や魚の販売に使われる食品トレーは、環境保護の観点から自治体やスーパーで収集されていますが、ただ単純に洗浄して再利用されているわけではなく、原料に戻り新しい食品トレーへと生まれ変わっています。
 今回は世界で初めてトレーの循環型リサイクルを始めた (株)エフピコのリサイクル工程をご覧いただきます。

2.河合石灰工業株式会社(岐阜県大垣市赤坂町)
  石灰と聞くとセメントや農業用肥料がすぐに思い浮かびますが、実際には製鉄・建材・化学・製紙用途から土質改良・酸性排ガス処理・防疫用等さまざまな分野で活用されています。 今回は日本有数の石灰鉱山が背後に控える、明治18年創業の老舗メーカーを訪ね、環境保護も含めたさまざまな用途への広がりと、製造工程をご覧いただきます。

日時 平成28年6月21日(火) 09:20~16:30
場所 株式会社エフピコ中部リサイクル工場、河合石灰工業株式会社
プログラム 9:20       出発

9:20~10:30  移動

10:30~12:00  「株式会社エフピコ 中部リサイクル工場」

12:00~13:30  移動(途中で昼食)
 
13:30~15:15  「河合石灰工業株式会社」

15:15~16:30  帰路(名鉄バスセンター解散)

【主催】
(公財)科学技術交流財団


上記のとおり定例会を実施しました。多数のご参加有難うございました。

連絡先

公益財団法人 科学技術交流財団 (担当:倉田)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター内
TEL:0561-76-8325  FAX:0561-21-1651
E-mail:research@astf.or.jp(@を小文字にして下さい)