HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究交流クラブ > 研究交流クラブ 第184回定例会

研究交流クラブ 第184回定例会

宇宙とつながる科学技術

最近、金星のジェット気流発見や皆既日食、H2Aロケットの打ち上げ、日本人宇宙飛行士など宇宙に関係するニュースをよく見かけます。  今回の定例会では「宇宙」をキーワードに講演会を開催いたします。
 これまでにいくつかの超小型人工衛星を打ち上げられた実績をお持ちの愛知工科大学の西尾氏から、2018年の打ち上げを目指して産学連携で開発中のキューブサットを中心に超小型人工衛星の開発についてお話しいただきます。
 また東京大学地震研究所の田中氏から、宇宙線に含まれる素粒子ミューオンを使ってレントゲンのように透視する技術「ミュオグラフィ」を用いた火山内部の観測成果や機器開発等についてお話しいただきます。

日時 平成29年10月30日(月) 14:00~18:00
場所 名古屋銀行協会 2階 1号室
名古屋市中区丸の内2-4-2
プログラム 14:00~ 開会挨拶 

14:05~ 講演1:「超小型人工衛星で近づく宇宙」 
        愛知工科大学 工学部 電子制御・ロボット工学科 教授 西尾 正則 氏

15:30~ 講演2:「火山内部の活動を透視するミュオグラフィ」 
        東京大学 地震研究所 高エネルギー素粒子地球物理学研究センター
                                        教授 田中 宏幸 氏

17:00~ 交流会(ライトパーティ)

公益財団法人 科学技術交流財団
公益財団法人 日比科学技術振興財団


上記のとおり定例会を実施しました。多数のご参加有難うございました。

連絡先

公益財団法人 科学技術交流財団 (担当:倉田)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター内
TEL:0561-76-8325  FAX:0561-21-1651
E-mail:research@astf.or.jp(@を小文字にして下さい)