HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究交流クラブ > 研究交流クラブ 第196回定例会

研究交流クラブ 第196回定例会

超高齢社会の生活習慣病を予防する機能性ペプチド

超高齢化社会の到来の中で、世界保健機構の統計によると、世界の死因の第一位となっているのが、心疾患や脳卒中などの動脈硬化関連の疾患です。これまでに岐阜大学では、その原因となる高コレステロール血症を予防改善する食品成分として、世界で誰も発見できなかったコレステロール代謝改善ペプチドの発見に成功してきています。定例会では、その内容について講演頂くとともに、科学技術交流財団で平成29~30年度に実施した共同研究推進事業の成果として、腸で働くペプチドを効率よく腸まで届けるための研究開発「中長鎖ペプチドの腸輸送を目指した多孔性無機材料の内表面設計」について報告します。

日時 令和元年7月23日(火) 14:00~18:00
場所 KKRホテル名古屋 3F 芙蓉の間
名古屋市中区三の丸1-5-1
プログラム 14:00~ 開会挨拶

14:05~ 基調講演 「生活習慣病を予防改善するコレステロール代謝改善ペプチドの発見」
          岐阜大学 応用生物科学部 シニア教授・教授 長岡 利 氏

15:30~ 講 演 「腸で働くペプチドを効率よく腸まで届けるには・・・」
       ~中長鎖ペプチドの腸輸送を目指した多孔性無機材料の内表面設計~
       (平成29年度採択 共同研究推進事業 成果発表)
          名古屋大学 予防早期医療創成センター 教授 本多 裕之 氏
          共同研究機関:名古屋大学、富士シリシア化学(株)

17:15~ 交流会(ライトパーティー)    

主 催:(公財)科学技術交流財団
     (公財)日比科学技術振興財団
後 援:名古屋大学協力会


上記のとおり定例会を実施しました。多数のご参加有難うございました。

連絡先

公益財団法人 科学技術交流財団 (担当:丹羽)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター内
TEL:0561-76-8325  FAX:0561-21-1651
E-mail:research@astf.or.jp(@を小文字にして下さい)