HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究交流クラブ > 研究交流クラブ 第205回定例会

研究交流クラブ 第205回定例会

活用広がる「あいちシンクロトロン光センター

 「あいちシンクロトロン光センター」は、付加価値の高いモノづくりに不可欠なナノレベルの先端計測分析施設として産学行政が連携した「地域共同利用施設」として設置され、2013年より供用を開始しました。
 一方「中埜酒造株式会社」は三百有余年の歴史を持つ酒造りの盛んな地 知多において弘化元年(1844年)に國盛蔵として創業。現在では杜氏の技と最新設備の融合により全国有数の出荷量を誇る蔵元となっています。
 本見学会では、動画によりあいちシンクロトロン光センターの疑似見学体験をして頂くと共に、同施設の活用事例として重点研究プロジェクト(Ⅱ期)での取り組みを共同研究企業である中埜酒造様のご紹介を交えながら、実際の開発担当者よりご説明頂きます。
※本見学会はWeb見学会です。実際に現地を訪問するものではありません。

日時 令和2年8月31日(月) 14:00~15:00
場所 Web会議システム「Zoom」を用いたWeb見学会
プログラム ★参加者向けポータルページを開設しました!★
研究交流クラブ 定例会 参加者ポータル画面

◇開会

◇あいちシンクロトロン光センター概要紹介

◇BL8S2を用いた酵母の育種改良

◇BL8S2の今後の展開

◇閉会

 ※閉会後のWebアンケートにご回答頂いた方には開催2週間後を目処に
   試験研究品をお送りします。(ご希望の試験研究品の種類・送り先を伺います)

主催:(公財)科学技術交流財団


上記の定例会は募集を終了しました。多数のご応募有難うございました。

連絡先

公益財団法人 科学技術交流財団 (担当:丹羽)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター内
TEL:0561-76-8325  FAX:0561-21-1651
E-mail:research@astf.or.jp(@を小文字にして下さい)