HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 技術普及推進事業 > 令和3年度 炭素繊維応用技術研究会

令和3年度 炭素繊維応用技術研究会

 炭素繊維複合材料(CFRP)は、金属等の競合材料と比較して圧倒的な軽量化が実現できるため、自動車をはじめとする幅広い産業分野での需要が増加しています。CFRP技術は地域の中小ものづくり企業から大いに注目されています。  本年度の炭素繊維応用技術研究会は全3回の予定で開催します。今年度の講演会については、会場とオンラインのどちらで参加いただいても結構です。ぜひ、ご参加ください。

第1回開催概要

日時
令和3年9月15日(水)  【13:30~16:30】
場所 オンライン:Zoom(Webinar)を予定
会場:知の拠点あいち 講習会室
オンデマンド配信:当日参加できなかった場合でも視聴可能
主催等 主催:(公財)科学技術交流財団、協力:愛知工研協会
内容  開会等(13:30~13:35)

◆講演Ⅰ(13:35~14:45)
 「JEC/SAMPE等のニュースに見る欧米の複合材料技術の開発の動向について」(会場にて講演)
   講師 (公財)科学技術交流財団 研究開発支援アドバイザー(元 大同大学教授) 平 博仁 氏

コロナ禍の中でも、各地では複合材料技術開発および適用は進捗している。本講演では欧米の複合材料機関のニュースから最近の動向、特にキーワードとしてよく表れだした3Dプリントやマルチマテリアル技術の動向、そしてコロナ禍の影響をあまり受けずに活性化している建設関連の複合材料技術の動向を中心に紹介する。

 休憩(14:45~15:00)

◆講演Ⅱ(15:00~16:10)
 「炭素繊維の低コスト化の動向と今後の展開」(会場にて講演)
   講師 名古屋大学 大学院工学研究科化学システム工学専攻 助教 入澤 寿平 氏

炭素繊維の自動車用途への展開が進められる中で、そのコストの課題は依然として越えられない障壁となっている。その背景の中で、世界各国で低コスト炭素繊維開発への挑戦が活発化している。本講演では、世界各国での動向を紹介するとともに、国内で行われている研究開発の今後の方向性についても紹介する。

◆講師へのコンタクト(16:10~16:30)
 講師との意見交換や技術相談などを進めたい方は、その内容と氏名、所属、メールアドレスをコンタクト用紙に記入してください。事務局がまとめて、講師にお渡しします。コンタクト用紙はメールに添付して事前に送付します。(会場では、名刺交換も実施)
定員90名(うち、会場参加は40名)

申込方法

申込方法(1)インターネットから、お申し込み下さい  -----> 申込画面へ

(2)申込書にご記入の上、FAX又はメールにてお申込み下さい。
         申込書(開催案内パンフ)のダウンロード

申し込み先
公益財団法人科学技術交流財団  業務部 分野別研究会事務局(担当:山岸/松田)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
FAX:0561-21-1651
E-mail:chusyo[at]astf.or.jp
※スパム対策のため、E-mailの@を[at]に変更してあります。

お問い合わせ先 TEL:0561-76-8325
申込期限 令和3年9月8日(水)
参加費 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方及び愛知工研会員の方は3,000円)
支払方法 申込み受付後、支払い方法をお知らせします。

今後の予定

第2回

日付、場所令和3年10月13日(水)、オンライン (会場:知の拠点あいち 講習会室)
内容 Ⅰ…極東貿易株式会社 新素材部 部長 野極 昭彦 氏
    「FRP製造における最近のブレイドプリフォーム技術(仮)」
Ⅱ…津田駒工業株式会社 コンポジット機械部 部長 西村 勲 氏 
    「国産初となるオートマチック・ロボット・ファイバープレスメント(仮)」

第3回

日付、場所令和3年11月10日(水)、オンライン (会場:知の拠点あいち 講習会室)
内容 Ⅰ…株式会社羽生田鉄工所 取締役 羽生田 大陸 氏
    「CFRPの最適設計と製造技術の動向(仮)」
Ⅱ…株式会社クラレ 経営企画室 マーケティンググループ 主管 奥林 正輝 氏
    「独自技術素材を用いた機能性複合材料開発の取り組みについて(仮)」