HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 技術普及推進事業 > 平成27年度 異種材料接合技術研究会

平成27年度 異種材料接合技術研究会

昨今、異種材料の接合技術は自動車や電子、電機分野で積極的に利用されており、企業の方々の関心が高まっています。金属と樹脂の接合のように従来では困難とされた異種材料の接合技術の革新は目覚ましいものがあり、新たな材料を組み合わせることで、製品の軽量化や機能・性能の向上、コスト削減に寄与するものと期待されています。 こうしたことから、当財団では企業の方々の新事業創出、新商品開発などに役立ていただくことを目的とし、異種材料接合の最新の状況について、総論を始め、金属と樹脂の接合等を内容とする研究会を3回にわたり開催することとしました。 多くの皆様のご参加をお待ちしております。

第3回開催概要

日時
平成28年1月20日(水)  【14:00~16:40】
場所愛知県産業労働センター(ウインクあいち)1202会議室
 名古屋市中村区名駅4-4-38 TEL:-
主催等 主催:(公財)科学技術交流財団 協力:愛知工研協会
内容 14:00 開会

14:05~15:15 「樹脂-金属接合界面特性評価方法の国際標準化と接合メカニズムの解析」
          講師 国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門
              電子顕微鏡グループ 上級主任研究員 堀内 伸 氏
 近年、国内メーカーを中心に樹脂と金属を強力に接合する技術開発が活発に進められており、日本が主体となり本接合特性評価方法の標準化を進め、新規ISO規格が発行されました。本講演では、樹脂-金属異種材料界面特性評価方法と接合メカニズムの解析について概説します。

15:15~15:30 休憩

15:30~16:40 「ポジティブアンカー効果による金属とプラスチックの直接接合」
          講師 輝創株式会社 代表取締役 前田 知宏 氏
 金属とプラスチックの直接接合において金属表面に隆起微細構造を形成することにより、従来の金属とプラスチックの直接接合技術における様々な課題を解決することができます。ドライプロセス、高速加工、局所処理、大型構造物への適用、成形品同士の接合、汎用接合技術の利用が可能等多くのメリットをもたらすポジティブアンカー効果による接合技術と、隆起微細構造形成技術を紹介します。

17:00~18:00 希望者のみ、15階 研究交流センターにて交流会

第2回開催概要

日時
平成27年12月16日(水)  【14:00~16:40】
場所愛知県産業労働センター(ウインクあいち)1202会議室
 名古屋市中村区名駅4-4-38 TEL:-
主催等 (公財)科学技術交流財団 協力:愛知工研協会
内容 14:00 開会

14:05~15:15 「摩擦攪拌接合による異種材料の接合」
          講師 日本大学生産工学部機械工学科 教授 加藤 数良 氏
 輸送用機器等の軽量化に欠かせない異種材料の接合において、適用できる接合法は幾つかありますが、その中で板材の接合に適した方法として摩擦攪拌接合(FSW)がよく知られています。
 本講演では、摩擦攪拌接合による異種材料の接合について、著者らの実験結果、文献データ、類似の接合法について説明します。

15:15~15:30 休憩

15:30~16:40 「高接合強度が作り方を変える」
          講師 大成プラス株式会社 代表取締役会長 成富 正徳 氏
 異種素材の一体化は古くから取り組まれてきましたが、近年一体化した物の強度が凝集破壊強度まで接合することで、物の作り方を大きく変えることができるようになりました。しかし、この複合化技術は歴史が浅く、採用実績が少ないため、品質保証の方法から作り出すことになりました。こうした点についてご紹介します。

17:00~18:00 希望者のみ、15階 研究交流センターにて交流会


≪今後の予定≫ ※講師の都合等により、変更となる場合があります。

 第3回 平成28年1月20日(水)14:00~ 於 ウインクあいち1202室
  ・異種材料接合の評価技術の標準化について
   国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門
    電子顕微鏡グループ 上級主任研究員 堀内 伸 氏
 
  ・金属と樹脂の接合に関する開発技術について
    輝創株式会社 代表取締役 前田 知宏 氏

第1回開催概要

日時
平成27年11月19日(木)  【13:30~16:45】
場所安保ホール 5階501AB会議室
 名古屋市中村区名駅3-15-9 TEL:052-561-9831
主催等 主催:(公財)科学技術交流財団 協力:愛知工研協会
内容 13:30~13:40 主催者挨拶等

13:40~14:50 「異種材料接合技術の現状と今後の展望」
          講師 大阪大学接合科学研究所 特任教授 中田 一博 氏
 自動車の軽量化などの目的のために、マルチマテリアル化というキーワードが注目されています。
 例えば、軽量材料であるハイテン鋼、アルミニウム合金、マグネシウム合金などの金属材料やさらに樹脂とその複合材料であるCFRPなどの材料を適材適所で組み合わせて使用し、車体全体としての軽量化効果を高めようとするものです。このようなマルチマテリアル化に必要不可欠な異種材料接合技術について、その現状と展望を俯瞰的に説明します。

14:50~15:05 休憩

15:05~16:15 「分子接合技術の基礎理論と応用展開」
          講師 株式会社いおう化学研究所 代表取締役社長 森 邦夫 氏
 基礎理論として①接合の世界、②分子接合技術、③分子接合剤、④分子接合の特徴についてご紹介します。また、応用例として①流動体接合、②DL分子接合技術、③分子接合メタライジング技術、④非流動体分子接合技術についてご紹介します。

16:15~16:45 講師との名刺交換(自由参加)

≪今後の予定≫ ※講師の都合等により、変更となる場合があります。

第2回 平成27年12月16日(水)14:00~ 於 ウインクあいち1202会議室
 「高接合強度が作り方を変える」
   大成プラス株式会社 代表取締役会長 成富 正徳 氏

 「摩擦攪拌接合による異種材料の接合」
   日本大学生産工学部機械工学科 教授 加藤 数良 氏

第3回 平成28年1月下旬~2月上旬【予定】
 ・異種材料接合の評価技術の標準化について
   国立研究開発法人産業技術総合研究所 ナノ材料研究部門 電子顕微鏡グループ 上級主任研究員 堀内 伸 氏
 ・金属と樹脂の接合に関する開発技術について
   輝創株式会社 代表取締役 前田 知宏 氏

 ※決定次第、ホームページ等でお知らせします。