HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 技術普及推進事業 > 令和2年度 現場カイゼンにおけるIoT活用セミナー(再開催)

令和2年度 現場カイゼンにおけるIoT活用セミナー(再開催)

 中小企業の生産現場では、品質向上や生産性向上、業務効率化を図るために、いかに費用対効果の高い最適なIoTツールを活用するかが喫緊の課題となっています。  本セミナーでは、「トヨタ生産方式」に代表される日本の製造現場で培われた高度な生産管理手法をベースに、IoTを活用した現場改善の「7つのムダ」排除の手法を解説し、実際の改善事例を工場見学により現地現物で確認するとともに、工場IoT構築において重要となるPLCからのデータ収集をITツール(ラズベリーパイ)により開発する流れを体験実習していただきます。 ITツールを活用した業務改善(工場内データ収集・蓄積・活用)の進め方についてご理解いただくための工場IoT技術者を対象としたコースです。是非、この機会にご参加下さい。

日時令和2年12月23日(水)、令和3年1月15日(金)、2月19日(金)
場所「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター(施設内に無料駐車場があります)
日進工業株式会社 武豊工場
※当セミナーは、十分な感染防止対策を講じた上で、実施いたします。
主催等 主催:公益財団法人 科学技術交流財団、協力:愛知工研協会
後援:名古屋大学協力会
内容 第1回セミナー(12月23日、知の拠点あいち)
 講義「7つのムダの排除とIoT活用」
 ※書籍「7つのムダ排除 次なる一手 IoTを上手に使ってカイゼン指南」付き

第2回セミナー(1月15日、日進工業㈱/知の拠点あいち)
 工場見学「日進工業株式会社 武豊工場」
 体験学習「ラズベリーパイによる設備データ可視化体験」
 ※1台/1人ラズベリーパイを配布して実習
 ※お持ち帰りは別途料金が必要

第3回セミナー(2月19日、知の拠点あいち)
 体験学習「PLCアドレス設計・ラダー言語の書き方」
 ※1台/1人パソコンを当財団にて用意します
 ※書籍「よくわかるラダー言語の基本と勘所」付き

申込方法

申込方法(1)インターネットから、お申し込み下さい  -----> 申込画面へ

(2)申込書にご記入の上、FAX又はメールにてお申込み下さい。
         申込書(開催案内パンフ)のダウンロード

申し込み先
公益財団法人科学技術交流財団  業務部 分野別研究会事務局(担当:山岸/松田)
〒470-0356 愛知県豊田市八草町秋合1267番1
FAX:0561-21-1651
E-mail:chusyo[at]astf.or.jp
※スパム対策のため、E-mailの@を[at]に変更してあります。

お問い合わせ先 TEL:0561-76-8325
申込期限 令和2年12月16日(水)
参加費 全3回 30,000円
(研究交流クラブ会員・愛知工研協会会員の方は25,000円)
※ 講師の著書「7つのムダ排除 次なる一手 IoTを上手に使ってカイゼン指南」及び「よくわかるラダー言語の基本と勘所」の書籍代を含む
支払方法 申込み受付後、支払い方法及び参加方法をお知らせします。