HOME > 事業のご案内 > 情報提供事業 > 当地域のイベント情報

当地域のイベント情報

当地域の科学技術関連団体の行事スケジュールを下記にまとめて掲載しています。
更新は随時行っています(平成29年7月21日更新)。
行事の日程・内容等は都合により変更される場合がありますので、事前に連絡先機関にお問合せ下さい。

イベント掲載月:2017年7月~2017年12月
公募情報があります

7/5 中小企業技術者研修「新・表面機能化技術」研修

詳細を表示

日 付: 平成29年7月5日~10月18日 [申込締切]平成29年6月21日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 「新・表面機能化技術」研修
内 容: めっきを中心とした表面の高機能化及び関連技術の講義と実習。並びに最新の技術動向
講 師: 名古屋市工業研究所 金属・表面技術研究室 加藤雅章氏はじめ23名
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 59,400円
定 員: 20名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_hyomen.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

7/6 研究交流クラブ第182回定例会

詳細を表示

日 付: 平成29年7月6日(木) [申込締切]平成29年6月15日(木)
時 間: 8:50~16:30
テーマ: 地層科学研究施設と耐火物工場
内 容:  8:50    出発
10:00~11:40 「国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
          東濃地科学センター 瑞浪超深地層研究所」
11:40~13:30 移動(途中で昼食)
13:30~15:30 「株式会社TYK」
16:30    名鉄バスセンター着、解散
会 場: 日本原子力研究開発機構 東濃地科学センター、株式会
参加費: 参加費無料
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_182.html

7/6 陶&くらしのデザイン展

詳細を表示

日 付: 平成29年7月6日( 木) ~ 7月10日( 月)
時 間: 10:00~18:00(最終日は16:00まで)
テーマ: 公設研究機関のデザイン研究における成果の紹介
内 容: 10:00~18:00随時
講 師: 11機関からの出品
会 場: 「瀬戸蔵」 4F 多目的ホール〒489-0813 瀬戸市蔵所町1-1
参加費: 無料
定 員: なし
詳 細: http://www.aist.go.jp/chubu/ja/news/itemid2145-003529.html
連絡先: 産業技術総合研究所陶&くらしのデザインコンソーシアム事務局
TEL: 052-736-7370

7/7 第29回 2017年度 JFCC 研究成果発表会 【東京】

詳細を表示

日 付: 7月7日
時 間: 13:00~17:30
テーマ: 科学技術イノベーションを推進する革新材料開発と先端解析技術
内 容: 13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~14:00 特別講演
         「先端X線回折が拓く手戻りのない機能性材料開発」
京都大学大学院工学研究科 教授 松原 英一郎 氏
14:00~14:40 ショートプレゼンテーションⅠ
 コーティング(14:00~)
 パワーデバイス材料(14:30~)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:40 ショートプレゼンテーションⅡ
 計算科学(14:50~)
 電池材料解析(15:05~)
 環境材料(15:20~)
 プロセス/材料開発(15:30~)
15:40~17:30 ポスターセッション
会 場: 東京大学「武田ホール」
参加費: 無料
(要 事前申込み)
定 員: 250名
詳 細: http://www.jfcc.or.jp/26_event/#17seika
連絡先: 一般財団法人 ファインセラミックスセンター
研究企画部
TEL: 052-871-3500

7/7 第13回幸田プレステージレクチャーズ ~ものづくり日本 講演会~

詳細を表示

日 付: 平成29年7月7月(金) [申込締切]平成29年7月6日(木)
時 間: 13:30~15:30
テーマ: AI・機械学習により何が変わろうとしているのか
内 容: 13:00開場
13:30開演
ITを取り巻く様々な環境が変わり、また高度化していく中で製品・サービスの開発手法、活用方法が大きく変わろうとしています。
AI・機械学習を牽引している要素、今の最新状況、そして今後の展望について事例を交えつつ紹介します。
15:00閉演
講 師: 日本マイクロソフト株式会社
技術統括室、業務執行役員、ナショナルテクノロジーオフィサー
田丸 健三郎 氏
会 場: 幸田町民会館
つばきホール
参加費: 無料
定 員: 400名
詳 細: http://2015kmrc.weebly.com/
連絡先: 幸田プレステージレクチャーズ運営事務局(幸田町企画部内)
TEL: 0533-67-6557

7/7 名古屋市工業研究所80周年記念講演 第1回講演会「中部地域の産業と技術の展望」

詳細を表示

日 付: 平成29年7月7日(金)
時 間: 13:30~16:45
内 容: 1.「工業研究所の紹介と歩み」
 名古屋市工業研究所 所長 淺尾 文博
2.「中部経済の現状と20年後の展望」
 中京大学 経済学部 客員教授 内田 俊宏 氏
3.「ものづくりの未来の姿とスマート化への取組み」
 中部経済産業局 地域経済部 次世代産業課長 中島 真一郎 氏
4.「市場創造と人材育成」
 エイベックス(株) 代表取締役社長 加藤 丈典 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料
定 員: 300名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/206.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 支援総括室
TEL: 052-654-9900

7/10 情報処理学会東海支部主催2017年度第2回講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年7月10日(月)
時 間: 13:30~17:30
テーマ: 情報処理が加速する自動運転技術開発の最前線
講 師: 菅沼直樹 氏(金沢大学)
室河 徹 氏(エヌビディア合同会社)
櫻田 健 氏(名古屋大学)
会 場: 名古屋大学 ベンチャービジネスラボラトリー
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.ipsj-tokai.jp/jigyou/lecture/
連絡先: 情報処理学会東海支部 事務局 
TEL: 052-231-3564

7/11 音響・振動技術講演会「自動車における遮音・吸音・制振技術」

詳細を表示

日 付: 平成29年7月11日(火) [申込締切]平成29年7月4日(火)
時 間: 13:40~16:50
内 容: 1.「自動車の車内騒音評価技術と遮音・吸音技術の適応方法」
 愛知工業大学 工学部 機械学科 谷本隆一 特任教授
2.「制振性能評価のための損失係数測定技術」
 名古屋市工業研究所 システム技術部 計測技術研究室 山田 博行
3.「設備見学」
 損失係数測定装置、垂直入射吸音率測定装置、簡易無響室、振動試験機
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料
定 員: 60名(見学者は先着順に40名程度)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/203.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 システム技術部 計測技術研究室 山田博行
TEL: 052-654-9970

7/11 社会人キャリアアップ連携協議会人材育成講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年7月11日(火) [申込締切]平成29年7月10日(月)
時 間: 15:00-17:00
テーマ: 「生涯活躍・健康長寿の実現に向けて
~来る超高齢化社会への備えとして~」
内 容: 【講演Ⅰ】「豊橋市の取組み~健康とよはし推進計画(第2次)~」 【講演Ⅱ】「社会人向け実践的体調管理プログラム サクセスフル・エイジングをむかえるために~運動と食事を中心として~」
講 師: 【講演Ⅰ】豊橋市健康政策課 保健師
小川由理 氏
【講演Ⅱ】豊橋創造大学
保健医療学部理学療法科 学科長・教授
清水和彦 氏
会 場: 豊橋市民センター
(カリオンビル6F
多目的ホール)
参加費: 無料
定 員: 99名
詳 細: http://www.careerup.sharen.tut.ac.jp/news/2017/411.html
連絡先: 社会人キャリアアップ連携協議会 事務局
TEL: 0532-44-1111

7/14 第29回 2017年度 JFCC 研究成果発表会 【名古屋】

詳細を表示

日 付: 7月14日
時 間: 13:00~17:30
テーマ: 科学技術イノベーションを推進する革新材料開発と先端解析技術
内 容: 13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~14:00 特別講演
         「イオン導電体の物質設計と蓄電デバイスへの展開」
東京工業大学大学院総合理工学研究科 教授 菅野 了次 氏
14:00~14:40 ショートプレゼンテーションⅠ
 コーティング(14:00~)
 パワーデバイス材料(14:30~)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:40 ショートプレゼンテーションⅡ
 計算科学(14:50~)
 電池材料解析(15:05~)
 環境材料(15:20~)
 プロセス/材料開発(15:30~)
15:40~17:30 ポスターセッション
会 場: 愛知県産業労働センター「ウインクあいち」
参加費: 無料
(要 事前申込み)
定 員: 400名
詳 細: http://www.jfcc.or.jp/26_event/#17seika
連絡先: 一般財団法人 ファインセラミックスセンター
研究企画部
TEL: 052-871-3500

7/18 第134回講習会

詳細を表示

日 付: 平成29年07月18日(火) [申込締切]平成29年07月04日(火)
時 間: 10:00~16:15
テーマ: 「科学英語の書き方とプレゼンテーション」
内 容: 10:00~11:30 科学英語と技術論文(講演英語/質疑英語) 
         ペトロス・アブラハ (名城大学教授)
11:30~12:40 昼休み
12:40~14:10 データから見る技術英語の語彙・語句と文法(講演質疑とも日本語)
         小山由紀江 (名古屋工業大学名誉教授)
14:10~14:30 休憩
14:30~16:15 英語によるプレゼンテーション(講演英語/質疑日本語可)
         エドワード・ヘイグ (名古屋大学教授)
講 師: 名城大学 教授 ペトロス・アブラハ
名古屋工業大学 名誉教授 小山 由紀江
名古屋大学 教授 エドワード・ヘイグ
会 場: 名古屋大学シンポジオンホール(名古屋市千種区不老町)
参加費: 〈教材費込み〉会員7000円(学生員3000円) ,会員外14000円(一般学生6000円)
〈教材費なし〉会員5000円(学生員1000円) ,会員外12000円(一般学生4000円)
参加費は7月7日(火)までに着金するようご送金下さい.当日支払いの場合は上記の各金額に1000円が加算されます.
定 員: 100名
詳 細: http://tokai2.jsme.or.jp/PaperMgr.cgi?Cmd=ActiveMeetingInfo&iTargetMID=0076
連絡先: 日本機械学会東海支部
TEL: 052-789-4494

7/19 平成29年度第2回明日のビジネスに活かすロボット技術を学ぶ研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年7月19日(水) [申込締切]平成29年7月14日(金)
時 間: 13:30~16:50
内 容: 13:30 ~ 13:35 主催者挨拶等

13:35 ~ 14:35 「 知能的な住宅実現を目指して 」
           講師:名城大学 理工学部 メカトロニクス工学科 准教授 大原 賢一 氏

   住環境においてロボットが知的なサービスを実現するためには、ロボット自身の知能の高
  度化だけではなく、ロボットが作業しやすい環境の整備も重要となります。
   ロボットの作業支援を目的に行ってきた作業空間の知能化にはじまり、発展してきた空間
  自体のロボット化に関する研究を概説するとともに、最新の研究事例について紹介します。

14:50 ~ 15:50 「 IoT社会実現に向けた住宅産業の動向 」
           講師:株式会社ミサワホーム総合研究所
               フューチャーセンター市場企画室 主任研究員 西尾 英樹 氏

   住宅をロボット化した「connected home」の世界観について実例を交えて紹介します。ま
  た、IoTを普及させるため、日本の住宅業界、建材業界は、家電業界や他の産業との協業に
  よる「住宅の機能安全」について、日本発の国際標準規格化を目指しています。それを踏ま
  え、IoTを活用した住宅の社会実装に向けてのロードマップについて展望します。

15:50 ~ 16:50 「下肢麻痺者用の歩行補助ロボット‘WPAL‘の開発」
          講師:アスカ株式会社 参与 開発本部  武満 知彦 氏

   WPAL(Wearable Power-Assist Locomotor:ウーパル)は、脊髄損傷などにより両下肢
  が完全に麻痺し、歩行が出来ない人のための装着型歩行補助ロボットで、2005年より藤田保
  健衛生大学と開発を始め、実証試験を重ね、2013年より臨床研究用として病院向けに販売を
  開始しています。今回は、このWPALの研究開発の内容等に関して紹介します。

17:00 ~ 18:00 希望者のみ、併設のラウンジにて交流会
会 場: 名城大学 天白キャンパス
参加費: 全3回 5,000円/人(研究交流クラブ会員の方は3,000円/人)

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k101.html

7/20 第1回知的財産経営サロン

詳細を表示

日 付: 2017/7/20 [申込締切]2017/7/14
時 間: 17:00~20:00
テーマ: ・開講式・キックオフセミナー
・異業種交流会
内 容: 知的財産に関して幅広く気軽に意見交換頂ける異業種交流会を開催します
講 師: 日本弁理士会東海支部所属弁理士等
会 場: 名古屋商工会議所5階 会議室(異業種交流会は2階 名商グリル)
参加費: 第一回のみ3,000円(飲食代含む)
定 員: 60名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/salon2017.html
連絡先: 愛知県 産業労働部 産業科学技術課 研究開発支援グループ
TEL: 052-954-6370

7/20 学振第175委員会 第14回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム

詳細を表示

日 付: 平成29年7月20日(木)~7月21日(金) [申込締切]講演希望:5/31(水), 参加登録・参加費振込:6/30(金)
時 間: 7/20(木)10:00~17:30, 7/21日(金)9:30~16:30(予定)
テーマ: 未来に向けた太陽光発電の新たな価値創出へ
内 容: 【基調講演】
「(仮)愛知県の新エネルギー政策」 愛知県 産業労働部 大野 博
「(仮)トヨタの未来社会ビジョン」 トヨタ自動車(株)未来創生センター 佐藤 彰倫
「(仮)名古屋大学の産学連携に関する多様な取り組みについて」 名古屋大学 財満 鎭明
【招待講演】
「(仮)世界最高効率結晶シリコン太陽電池」 (株)カネカ 山本 憲治
「(仮)ペロブスカイト太陽電池の最新動向」 桐蔭横浜大学 宮坂 力
【基礎講座】
「(仮)変換効率測定技術の基礎 ~新材料・新構造太陽電池を中心に~」 産総研 菱川 善博
【パネルディスカッション】
~テーマ 太陽電池関連企業の若手研究者によるパネルディスカッション~
モデレータ 京都大学 若宮 淳志
【一般講演】
広く一般講演(口頭発表・ポスター発表)を募集しております。
(〆切 平成29年5月31日(水))
【意見交換会】
参加費4000円
会 場: 名古屋大学東山キャンパス 豊田講堂
参加費: シンポジウム参加費
 Early bird registration(平成29年6月30日まで)
  第175委員会登録委員:7,000円
  学生:3,000円
  その他・一般:12,000円
 General & On-site registration(平成29年7月1日以降)
  第175委員会登録委員:10,000円
  学生:5,000円
  その他・一般:15,000円
※意見交換会参加費は別途 4,000円
定 員: 500名
詳 細: http://www.gakushin175.org/registration.html
連絡先: 第14回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム 事務局
TEL: 052-789-4516
TEL: 052-789-4516

7/21 第29回 2017年度 JFCC 研究成果発表会 【大阪】

詳細を表示

日 付: 7月21日
時 間: 13:00~17:30
テーマ: 科学技術イノベーションを推進する革新材料開発と先端解析技術
内 容: 13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~14:00 特別講演
         「超高精細3Dプリンティングによるセラミックス微小構造体の創製と応用」
横浜国立大学大学院工学研究院 教授 丸尾 昭二 氏
14:00~14:40 ショートプレゼンテーションⅠ
 コーティング(14:00~)
 パワーデバイス材料(14:30~)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:40 ショートプレゼンテーションⅡ
 計算科学(14:50~)
 電池材料解析(15:05~)
 環境材料(15:20~)
 プロセス/材料開発(15:30~)
15:40~17:30 ポスターセッション
会 場: 梅田スカイビル「スペース36L及びR」
参加費: 無料
(要 事前申込み)
定 員: 200名
詳 細: http://www.jfcc.or.jp/26_event/#17seika
連絡先: 一般財団法人 ファインセラミックスセンター
研究企画部
TEL: 052-871-3500

7/21 第9回AITテクノサロン

詳細を表示

日 付: 平成29年7月21日(金) [申込締切]平成29年7月10日(月)
時 間: 15時~18時
テーマ: 情報科学とAI
内 容: 「コンピュータ囲碁の最前線」
「自然言語処理と情報検索」
「人工知能とROBOCUP」
講 師: 伊藤  雅 教授、鈴木  晋 教授、伊藤 暢浩 教授
会 場: 愛知工業大学 八草キャンパス 総合技術研究所 視聴覚室
参加費: 無料
定 員: 80名
詳 細: http://www.ait.ac.jp/news/detail/0002611.html
連絡先: 愛知工業大学 総合技術研究所 社会連携室
TEL: 0565-48-8121(内線)1430

7/24 豊橋技術科学大学 
社会人向け実践教育プログラム
「集積回路技術講習会」

詳細を表示

日 付: 平成29年7月24日(月)~28日(金) [申込締切]平成29年7月7日(金)
時 間: 9:00-19:00
テーマ: 「n-MOS集積回路の製作と集積回路設計の基礎」-各自のSiウエハでICの作製と計測・評価を行う-
内 容:  
講 師: 本学電気・電子情報工学系:
澤田教授 若原教授
会 場: 豊橋技術科学大学VBL
参加費: 25万円
(税込)
定 員: 10名
詳 細: http://www.int.ee.tut.ac.jp/ic/index.html
連絡先: 研究支援課 
社会連携支援室
TEL: 0532-81-5188

7/24 愛知県庁移動式水素ステーション定期見学会平成29年度第1回

詳細を表示

日 付: 平成29年7月24日(月) [申込締切]平成29年7月14日(金)
時 間: 10:30~11:30
内 容: 移動式水素ステーションの見学
会 場: 愛知県庁水素社会普及啓発ゾーン
参加費: 無料
定 員: 20名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/29zonekengaku1
連絡先: 愛知県産業労働部産業科学技術課新エネルギー産業グループ
TEL: 052-954-6350

7/26 集まれ中・高校生!
サイエンス実践塾

詳細を表示

日 付: 第1回:平成29年7月26日(水)
第2回:平成29年8月3日(木) [申込締切]平成29年7月18日(火)
時 間: 各回とも
13:30~17:00
テーマ: 第1回:「せんいのひみつ」~繊維と地球環境のかかわり~
第2回:ミクロ・ナノの世界~ミクロをもっと身近に~
内 容: 第1回
 13:30~15:30 「せんいのひみつ」実験 協力:東レ㈱岡崎工場
 15:30~16:30 センターの説明・研究施設の見学
 16:30~17:30 交流会
第2回
 13:30~14:30 センターの説明・研究施設の見学
 14:30~16:30 電子顕微鏡による観察実験 協力:㈱日立ハイテクノロジーズ
 16:30~17:00 交流会
講 師: 第1回:センター職員、東レ㈱岡崎工場の技術スタッフ
第2回:センター職員、㈱日立ハイテクノロジーズの技術スタッフ
会 場: 第1回:あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター
第2回:あいち産業科学技術総合センター本部
参加費: 無料
定 員: 各回20名ずつ
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/science-practice.html
連絡先: 愛知県産業労働部 
産業科学技術課 
科学技術グループ
西
TEL: 052-954-6351

7/28 <あいち発明の夏2017>
「愛知の発明の日」記念講演会

詳細を表示

日 付: 2017/7/28 [申込締切]2017/7/7(金)午後5時必着
時 間: 12:45~14:30
内 容: ○特別講演「ものづくり、ひとづくり」
○講演「第4次産業革命で製造業が遭遇する大変革-その処方箋としての新たな知的財産戦略とビジネスモデル構築について-」
講 師: トヨタ自動車(株)名誉会長 豊田章一郎氏
 東京大学 政策ビジョン研究センター教授
 (一社)日本知財学会 会長 渡部俊也氏
会 場: ポートメッセなごや交流センター3階会議ホール
参加費: 無料
定 員: 300
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/hatsumei-seminar2017.html
連絡先: 愛知県産業労働部産業科学技術課研究開発支援グループ
TEL: 052-954-6370

8/1 技術講演会「金属3Dプリンタの新展開」の参加者を募集します-高性能金型の開発や造形体の微視組織の観察など、最新動向を紹介-

詳細を表示

日 付: 平成29年8月1日(火) [申込締切]平成29年7月28日(金)
時 間: 13:30~16:45(受付開始13:00)
内 容: 講演1 (13:35~14:50)
「金属3Dプリンタによる金型製作の現状と課題」
金沢大学 理工研究域 機械工学系
教授 古本 達明氏(ふるもと たつあき)

講演2 (15:00~16:15)
「金属粉末積層造形に伴う微視組織形成の理解とその鉄鋼材料への応用」
名古屋大学大学院 工学研究科 物質プロセス工学専攻
准教授 高田 尚記氏(たかた なおき)

 あいち産業科学技術総合センター本部の「産業デザイントライアルコア」では、
この度、金属3Dプリンタの活用に関する技術講演会を開催します。
 現在、金属3Dプリンタを用いた製品開発が進んでおり、当地域の製造業においても、
その活用が重要な課題となっています。
 本講演会では、金属3Dプリンタによる高性能金型の開発や、造形体の細かな組織の観察など、
最新の研究開発動向を紹介します。
 参加費は無料です。金属積層造形技術にご関心のある方を始め、多くの皆様のご来場をお待ちしております。
講 師: 金沢大学 古本 達明氏  名古屋大学大学院 高田 尚記氏
会 場: あいち産業科学技術総合センター1階 講習会室
参加費: 無料
定 員: 120名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/acist/h290710-3dprinter.html

8/3 平成29年度 リソグラフィ・微細加工 実習・講習会

詳細を表示

日 付: 平成29年8月3日(木) 、8月4日(金) [申込締切]平成29年7月14日(金)
時 間: 平成29年8月3日(木) 13:15-17:30、8月4日(金) 9:00-17:30
テーマ:
内 容: 1日目:講義2件、実習、2日目:実習
講 師:
会 場: 豊田工業大学
参加費: 企業 4万円/人
       大学・公的機関 1万円/人(学生の聴講のみ参加は無料)
定 員: 10
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/kenkyu/nanoplatform/index.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 安田
TEL: 052-809-1723

8/7  技術講演会「3D‐CAD&3Dプリンター活用セミナー」

詳細を表示

日 付: 平成29年8月7日(月)
時 間: 10:30~12:30(午前の部)
13:30~15:50(午後の部)
内 容: (午前の部)
1.「3D-CADデータ作成体験」
 株式会社デザインクリエイション 営業部 東京営業所 小峯かおり 氏
2.質疑応答、自由操作体験
(午後の部)
1.「3Dプリンターの技術解説と新たなものづくりのための活用法」
 株式会社リコー 新規事業開発センターAM事業室 金子高 氏
2.3Dプリンターサンプル展示会、個別相談会、実機デモ展示、質疑応答
会 場: 名古屋市工業研究所 電子技術総合センター4階 CAEルーム(午前の部)
名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室(午後の部)
参加費: 無料
定 員: 18名(午前の部)
50名(午後の部)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/209.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 システム技術部 電子技術研究室 岩間由希
TEL: 052-654-9951

8/7 研究交流クラブ第183回定例会

詳細を表示

日 付: 平成29年8月7日(月) [申込締切]平成29年7月31日(月)
時 間: 13:30~18:00
テーマ: 平成28年度完了 共同研究推進事業成果発表会
内 容: 13:30  ◇開会挨拶

13:35~ ◇基調講演:「昆虫の発育を制御する環境にやさしい農薬の研究開発」
          筑波大学 生命環境系  准教授 丹羽 隆介 氏

14:50~ ◇成果発表1:「航空エンジン用超耐熱合金の超高能率加工を実現する
                                セラミックロータリ切削技術の開発」
          名古屋大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 教授 社本 英二 氏

15:55~ ◇成果発表2: 「高親水性表層を有する多層型薬物用吸着剤の開発と
                                 呼気中薬物モニタリングへの応用」
          中部大学 応用生物学部 食品栄養科学科 教授 山本 敦 氏

17:00~ ◇交流会(ライトパーティー)
会 場: 名古屋銀行協会 2階 1号室
参加費: 参加費無料(会員以外は交流会のみ2,000円)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_183.html

8/17 あいち水素社会体験バスツアー2017

詳細を表示

日 付: 平成29年8月17日(木) [申込締切]平成29年7月21日(金)
時 間: 9:00~17:30
内 容: 知の拠点あいちで研究施設の見学、燃料電池自動車の体験乗車、とよたエコフルタウンの見学
会 場: 知の拠点あいち、とよたエコフルタウン
参加費: 無料
定 員: 135名(県内在住小中学生)
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/suisobus290817.html
連絡先: 名鉄観光サービス株式会社名古屋伏見支店
TEL: 052-211-2315

8/21 「シンクロトロン光計測入門講習会」~XAFS測定原理から解析まで~

詳細を表示

日 付: 平成29年8月21日(月) [申込締切]平成29年8月18日(金)
時 間: 13:00~17:30
内 容: あいちシンクロトロン光センターで行える測定手法の中でも、利用率が高く、要望も多い
X線XAFSについて、原理から解析までをわかりやすく紹介講習会を実施します。
会 場: あいち産業科学技術総合センター講習会室
参加費: 無料
定 員: 80名
詳 細: http://www.astf-kha.jp/synchrotron/userguide/event/2017_2.html
連絡先: あいち産業科学技術総合センター 共同研究支援部 シンクロトロン光活用推進室
中西、野本、柴田、中川 TEL:0561-76-8315

8/29 産業立地・再投資促進セミナー

詳細を表示

日 付: 平成29年8月29日(火) [申込締切]平成29年8月10日(木)
時 間: 15:00~17:00
内 容: 15:00~15:10 知事・市長挨拶
15:10~16:00 講演
          演題: 最近の通商情勢と中部地域の製造業への影響について
          講師:みずほ総合研究所株式会社 主席研究員 菅原 淳一 氏
16:05~17:00 企業講演
          シンフォニアテクノロジー株式会社 取締役常務執行役員 豊橋製作所長 平野 新一 氏
太陽電化工業株式会社 常務取締役 伊藤 卓 氏
            
講 師: みずほ総合研究所株式会社 主席研究員 菅原 淳一 氏
シンフォニアテクノロジー株式会社 取締役常務執行役員 豊橋製作所長 平野 新一 氏
太陽電化工業株式会社 常務取締役 伊藤 卓 氏
会 場: 名古屋国際センターホール
参加費: 無料
定 員: 150名
詳 細: http://saitoushi2017.jp
連絡先:
産業立地・再投資促進セミナー事務局(日刊工業新聞社名古屋支社業務部(担当:鈴木))
TEL: 052-931-6155

9/1 企業様向けオープンラボ

詳細を表示

日 付: 平成29年9月1日(金) [申込締切]平成29年8月25日(金)
時 間: 13:30~17:30
テーマ:
内 容: ・13:30~14:00 学長挨拶、諸説明
・14:00~17:15 学内見学(自由見学)
・17:15~17:30 休憩、アンケート記入
当日は…  
・本学の約30研究室を自由にご見学いただけます。
・研究者自らがポスター、設備・装置等の紹介をしながら研究成果についてご説明します。
・具体的なご相談やご質問にもお答えいたします。
講 師:
会 場: 豊田工業大学
参加費: 無料
定 員:
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/news/2017/openlabo.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 西口
TEL: 052-809-1723

9/1 平成29年度第1回炭素繊維応用技術研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年9月1日(金) [申込締切]平成29年8月25日(金)
時 間: 13:30~16:30
内 容: ◆講演Ⅰ
13:35~14:35 「炭素繊維・複合材料の用途拡大への展望」
          講師 三菱ケミカル株式会社 豊橋研究所 主任研究員 杉浦 直樹 氏

 炭素繊維発明後半世紀が経ち、スポーツや航空用途で不可欠な材料となった。近年低価格化が進み、車両、産業機械、大型構造体の構造材への適用が広まり、使用量が増大しつつある。今後社会や環境のサステナビリティが重要な社会規範となり、秀でた機械的特性を有する炭素繊維複合材料は、人類の社会システムを支える材料となるものと期待される。ここでは用途拡大の展望を材料と成型技術の開発の観点で紹介する。

◆講演Ⅱ
14:45~16:05 「熱可塑性CFRPは本当に普及するのか?~欧州の最新技術から~」
          講師 近畿大学 理工学部 機械工学科 教授 西藪和明氏

 軽くて強いCFRPは注目されているが,本当にCFRPは普及するのか?その用途拡大の課題は何か?我が国の強みと弱みは?熱可塑性CFRPは使えるか?金属とのマルチマテリアル化に必要な接合法やCFRPの産業機器への応用例,熱可塑性CFRPの多様な製造技術について欧州の最新技術を紹介する。

◆名刺交換会
16:05~16:30
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)1002会議室
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方及び愛知工研会員の方は3,000円)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k102.html
連絡先: 科学技術交流財団 業務部 山岸 (電話:0561-76-8325)
TEL: 0561-76-8325

9/2 平成30年度社会人向け実践教育プログラム
東海地域の6次産業化推進人材育成

詳細を表示

日 付: 平成29年9月2日~12月9日 [申込締切]平成29年8月4日
時 間: 9:30~17:00
テーマ: 6次産業ビジネスの"あるべき姿"を設計する
内 容: ・サプライチェーンを統合して、最適システムを設計する
・ニーズ起点の戦略商品を設計する
※国家戦略プロフェッショナル検定「食の6次産業化プロデューサー」キャリア段位申請可能
講 師: 先端農業・バイオリサーチセンター 特任准教授 
山内 高弘 他
会 場: 豊橋技術科学大学
各視察先 他
参加費: 30,000円
定 員: 15名
詳 細: http://www.recab.tut.ac.jp/contents/6sangyo/index.html
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課社会連携支援室
TEL: 0532-81-5188

9/5 中小企業技術者研修(高分子材料研修)

詳細を表示

日 付: 平成29年9月5日 [申込締切]平成29年8月15日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 高分子材料研修
内 容: 平成29年9月5日~11月21日(毎週火曜日)午前9:30~16:30
・高分子化学概論(6時間)
・プラスチック材料(3時間)
・高分子複合材料概論(3時間)
・高分子分析概論(6時間)
・プラスチックの添加剤(3時間)
・最新の射出成形技術(3時間)
・プラスチックの分光特性実習(6時間)
・プラスチックの成形加工実習(6時間)
・赤外吸収スペクトル実習(6時間)
・熱分解ガスクロマトグラフィー講義と実習(6時間)
・熱分析l講義と実習(6時間)
・X線CTとCAE実習(6時間)
・核磁気共鳴(NMR)スペクトル実習(6時間)
・プラスチックの強度試験実習(6時間)
講 師: 三重大学大学院 工業研究科 川口 正美 はじめ13名
会 場: 名古屋市工業研究所 研修室等
参加費: 59,400円
定 員: 10名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_polymeric_material.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/5 ものづくり支援講座(産業用ロボット作業者特別教育)

詳細を表示

日 付: 平成29年9月5日 [申込締切]平成29年8月22日
時 間: 9:10~17:00
テーマ: 産業用ロボット作業者特別教育(9月期)
内 容: ◆9月5日 
・9:10~14:10 学科
産業用ロボットに関する知識
・14:15~16:45
教示等の作業に関する知識
◆9月6日
・9:10~10:40
教示等の作業に関する知識
・10:45~15:45
検査等の作業に関する知識
・15:50~16:50 
労働安全衛生法・施行令等の関連法令 
◆9月7日または8日
・9:30~17:00
[実技] 
産業用ロボットの操作の方法 
産業用ロボットの教示等の作業の方法 
産業用ロボットの検査等の作業の方法
まとめ及び修了式
講 師: 技術士事務所”ロボティ” 所長 稲垣 荘司氏 はじめ3名
会 場: 【学科教育】名古屋市工業研究所 管理棟 会議室           【実技教育】㈱バイナス
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)34,340円         一般 39,740円
定 員: 25名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_robot_9.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/5 平成29年度第3回明日のビジネスに活かすロボット技術を学ぶ研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年9月5日(火) [申込締切]平成29年8月31日(木)
時 間: 13:30~16:50
内 容: 13:30 ~ 13:35 主催者挨拶等

13:35 ~ 14:35 「医療・福祉ロボット、マイクロ・ナノロボットの技術」
      講師:名城大学 理工学部 メカトロニクス工学科 市川 明彦 准教授

  これまでの研究で、医療・福祉ロボット、マイクロ・ナノロボットの技術開発に接してき
  ました。今回は、その中でも、ビジネス化したものに関して、転換点になったものや、
  アイデアが優れていたものについて紹介します。

14:50 ~ 15:50 「次世代知能化ロボットとe-F@ctoryがひらく自動化の未来」
      講師:三菱電機株式会社 名古屋製作所 ロボット製造部
          ロボットテクニカルセンター長   荒井 高志 氏

  ものづくりの世界は大きな変革の時を迎えようとしています。市場における消費ニーズの
  多様化やグローバリゼーションを背景とした、変種変量・カスタマイズへの対応が求められ
  る中、IoTによる次世代ものづくりへの要求が高まっています。今回は、経営のさらなる効
  率化を可能にする、FA統合ソリューションe-F@ctoryと生産性向上を可能にする知能化ロボ
  ットによる自動化ソリューションへの取組みや展望について紹介します。

15:50 ~ 16:50 「ロボットが普及するには何が必要か?」
      講師:名城大学 理工学部 電気電子工学科     辰野 恭市 教授

  ロボットは、1970年頃から自動車の大量組立ラインでの塗装・溶接工程に導入され、
  普及してきました。そして、その後においては、大量生産工場でのピック&プレイスなどの
  単純作業で使われていますが、期待が余りに大きいのか思いのほか普及していません。
  今回はこの現状を分析し、普及する道の模索を紹介します。

16:50 ~ 17:15 名刺交換会
会 場: 名城大学 天白キャンパス
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方は3,000円)
 ※すでにお支払い済みの方を除きます。

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k101.html

9/6 平成29年度社会人向け実践教育プログラム
次世代シークエンサ解析講習会

詳細を表示

日 付: 平成29年9月6日~9月8日 [申込締切]平成29年8月8日
時 間: 9:30~16:00
テーマ: 環境中の微生物の種類と数を解析してみよう
内 容: 微生物群集構造解析・ゲノム解析入門
講 師: 環境・生命工学系 広瀬 侑助教
エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS) 中鉢 淳准教授
会 場: 豊橋技術科学大学
参加費: 50,000円
定 員: 10名
詳 細: http://www.eiiris.tut.ac.jp/japanese/
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課社会連携支援室
TEL: 0532-81-5188

9/7 中小企業技術者研修(CAE技術研修)

詳細を表示

日 付: 平成29年9月7日 [申込締切]平成29年8月17日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: CAE技術研修
内 容: 平成29年9月7日~10月5日(毎週木曜日)午前9:30~16:30
◆9月7日 材料力学の基礎
◆9月14日 CAE設計実習(1)
◆9月21日 CAE設計実習(2)
◆9月28日 金属材料特性の基礎・プラスチック材料特性の基礎
◆10月5日 材料試験実習 ・CAEの効果検証
講 師: AN技術士事務所 中本 昭 はじめ10名
会 場: 名古屋市工業研究所 会議室
参加費: 35,640円
定 員: 15名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_cae-tech.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/8 中小企業技術者研修(化学分析技術研修)

詳細を表示

日 付: 平成29年9月8日 [申込締切]平成29年8月18日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 化学分析技術研修
内 容: 平成29年9月8日~12月1日(毎週金曜日)9:30~16:30
・化学の基礎(3時間)
・吸光光度分析講義と実習(6時間)
・ICP発光分光分析講義と実習(6時間)
・有機定性分析講義と実習(6時間)
・走査電子顕微鏡講義と実習(6時間)
・イオンクロマトグラフィー講義と実習(6時間)
・蛍光X線分析講義と実習(6時間)
・ESCA講義と実習(6時間)
・EPMAによる局所分析講義と実習(6時間)
・熱分析講義と実習(6時間)
・X線回折講義と実習(6時間)
・有機分析概説(3時間)
・無機分析概説(3時間)
講 師: 名古屋市工業研究所 環境技術研究室 小野 さとみ はじめ 13名
会 場: 名古屋市工業研究所 研修室等
参加費: 59,400円
定 員: 10名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_chemical-tech.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/14 第31回 半導体プロセス実習・講習会

詳細を表示

日 付: 平成29年9月14日(木)、15日(金) [申込締切]平成29年8月1日(火)
時 間: 9:30~17:30(コースにより時間設定が異なる)
テーマ:
内 容: 講義1:MEMSセンサと製作プロセス
-車載・人検出センサ-
講義2:省エネルギー社会を支える化合物半導体デバイス
実習:クリーンルームにて半導体プロセスの実習
講 師:
会 場: 豊田工業大学
参加費: コース1 or コース2 (2日間)     ;40,000円
  コース3 (1日のみ[9/14 or 9/15]) ;30,000円
  コース4 (講義のみ)   ;10,000円
(学校関係は別料金設定あり)
定 員: 実習各日24名
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/kenkyu/nanoplatform/index.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 安田
TEL: 052-809-1723

10/7 IEEE Metro Area Workshop in Nagoya 2017

詳細を表示

日 付: 2017年10月7日(土)~10月8日(日)
内 容: 特別講演I 10月7日(土) 13:20-14:10
「イノヘ゛ーション創出の要諦 (仮題)」
講師:榊裕之学長(豊田工業大学)

基調講演 10月7日(土) 14:15?15:15
「我か゛国の自動車技術イノヘ゛ーション政策(仮題)」
講師:久間和生氏(内閣府総合科学技術・イノヘ゛ーション会議議員)

パネルセッション1 10月7日(土) 15:30?18:00
「自動運転(仮題)」
オーガナイザ: 脇田敏裕(豊田中央研究所)
パネリスト:
経済産業省製造産業局電池・次世代技術・ITS推進室長 奥田修司氏
東京大学大学院情報理工学研究科 准教授 加藤真平氏
インテル 事業開発・政策推進本部 チーフ・アドバンストサービス・アーキテクト&ダイレクター 野辺継男氏
デンソー 研究開発1部 部長 澤田学氏

特別講演II 10月8日(日) 10:00-11:00
「トランスフォーマティブエレクトロニクスが支える新しいモビリティシステム」
講師:天野浩先生(名古屋大学)

特別講演III 10月8日(日) 11:00-12:00
「水素社会の実現に向けて ~トヨタの環境技術戦略~」
講師:伊勢清貴氏(トヨタ自動車株式会社専務役員先進技術開発カンハ゜ニーフ゜レシ゛テ゛ント)

パネルセッション2 10月8日(日) 14:20?16:50
「Wide Band Gapパワー半導体が拓く移動体の未来(仮題)」
オーガナイザ: 道木慎二(名古屋大学)
パネリスト:
名古屋大学大学院電子工学専攻 教授 須田淳氏
調整中(パワーモジュール・インバータ)
トヨタ自動車 パワーエレクトロニクス開発部 プロジェクトジェネラルマネージャ 濱田公守氏
調整中(鉄道事業者)
会 場: 中京大学 名古屋キャンパス
参加費: IEEE会員 無料
自動車技術会会員 500円
IEEE非会員 1,000円
学生 無料
定 員: 350名
詳 細: https://ieee-jp.org/section/nagoya/maw2017/
連絡先: maw2017@ieee-jp.org

10/19 第14回幸田プレステージレクチャーズ~ものづくり日本 講演会~

詳細を表示

日 付: 平成29年10月19月(木) [申込締切]平成29年10月18日(水)
時 間: 13:30~15:30
テーマ: QRコードの開発・進化と普及について
内 容: 13:00開場
13:30開演
今では、QRコードは世界中のあらゆる場所で使われ、最近ではアート・ファッション感覚で使われるまでに普及しました。
そこで、QRコードの開発当時を振返り、QRコードの開発・進化、及びここまで一般社会に受け入れられるようになった事の分析を中心に、最新のQRコードの魅力について紹介します。
15:00閉演
講 師: 株式会社デンソーウェーブ
AUTO-ID事業部技術2部技術2室
室長  原 昌宏 氏
会 場: 幸田町民会館つばきホール
参加費: 無料
定 員: 400名
詳 細: http://2015kmrc.weebly.com/
連絡先: 幸田プレステージレクチャーズ運営事務局(幸田町企画部内)
TEL: 0533-67-6557

12/9 日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会

詳細を表示

日 付: 2017年12月9(土) [申込締切]2017年8月17日(木)
時 間: 調整中
内 容: 調整中
講 師: 調整中
会 場: 名古屋工業大学
参加費: 詳細は日本セラミックス協会誌11月号でお知らせします
定 員:
詳 細: http://www.ceramic.or.jp/stokai/H29_tgyoji/H29_20171209gaku/announce.html
連絡先: 国立大学法人 名古屋工業大学 先進セラミックス研究センター 教授 井田隆
TEL: 0572-27-6811