当地域のイベント情報 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 情報提供事業 > 当地域のイベント情報

当地域のイベント情報

当地域の科学技術関連団体の行事スケジュールを下記にまとめて掲載しています。
更新は随時行っています(平成30年8月18日更新)。
行事の日程・内容等は都合により変更される場合がありますので、事前に連絡先機関にお問合せ下さい。

イベント掲載月:2018年8月~2019年1月
公募情報があります

8/1 第15回「愛知の発明の日」記念講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年8月1日(水)
 [申込締切]平成30年7月25日
時 間: 13:30~16:15
テーマ: 第4次産業革命と知的財産
―激動期を生き抜く「研究と創造」の力―
内 容: 講演1「人工知能(AI)の現状と展望」
講演2「自動運転を支える認識技術」
講 師: 国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域 人口知能研究センター 副研究センター長 麻生英樹
株式会社デンソーアイティーラボラトリ 代表取締役社長 平林裕司  
会 場: トヨタ産業技術記念館
参加費: 無料
定 員: 200名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/aichi-hatsumei2018.html
連絡先: 愛知県産業労働部
産業科学技術課研究開発支援G
TEL: 052-954-6370

8/2 技術講演会「革新的金型開発に向けた金属3Dプリンタ技術の進展」

詳細を表示

日 付: 平成30年8月2日(木) [申込締切]平成30年7月31日(火) 当日参加可
時 間: 13:30~16:40
テーマ:  「革新的金型開発に向けた金属3Dプリンタ技術の進展」
-高品位金型の開発や造形体の設計技術など、最新動向を紹介-
内 容:  あいち産業科学技術総合センターでは、金属3Dプリンタによる高品位金型の開発や、造形体の新たな設計技術、重点研究プロジェクト(2期)の研究テーマの一つである「革新的金型製造技術の開発とその産業応用」において得られた成果等、最新の研究開発動向に関する技術講演会を開催します。
 関係分野の研究・製品開発に取り組む研究者・企業関係者の方を始め、どなたでも参加できます。

(1)講演1(午後1時40分~午後2時55分)
  「金属積層造形でイノベーションを導くための技術開発の考え方」
   講師:九州工業大学大学院情報工学研究院 機械情報工学研究系
       教授 楢原 弘之 (ならはら ひろゆき) 氏
(2)講演2(午後3時10分~午後3時55分)
  「トポロジー最適化を用いた等方的高剛性ラティス構造の開発」
   講師:広島大学大学院工学研究科 輸送・環境システム専攻
       准教授 竹澤 晃弘 (たけざわ あきひろ) 氏
(3)講演3(午後3時55分~午後4時40分)
  「レーザ積層造形法によって作製された金属材料の組織と特性に及ぼす造形条件の影響」
   講師:名古屋大学大学院工学研究科 物質プロセス工学専攻 材料複合工学研究グループ
       助教 鈴木 飛鳥 (すずき あすか) 氏
会 場: あいち産業科学技術総合センター 1階講習会室
参加費: 無料
定 員: 120名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/acist/h300710-kinzoku3d.html
連絡先: あいち産業科学技術総合センター 共同研究支援部 試作評価室
電話 0561-76-8316 FAX 0561-76-8317 
E-mail AIC0000001@chinokyoten.pref.aichi.jp
TEL: 0561-76-8316

8/3 新製品開発のための試作体験セミナー

詳細を表示

日 付: ①平成30年8月3日(金)
②平成30年8月9日(木) [申込締切]平成30年8月1日
時 間: 13:30~16:30
テーマ:
内 容: ①製品デザインのためのグループワーク①
②・製品デザインのためのグループワーク②
・デザインの導入によりモノづくりはどのように変わるのか
講 師: ①愛知県立芸術大学 美術学部 准教授 森真弓
②愛知県立芸術大学 美術学部 准教授 森真弓
株式会社コボ 代表取締役 山村真一
会 場: あいち産業科学技術総合センター
参加費: 無料
定 員: ①20名
②80名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/shisaku2018.html
連絡先: あいち産業科学技術総合センター
TEL: 0561-76-8316

8/6 第45回東海ファジィ研究会

詳細を表示

日 付: 8月6〜7日 [申込締切]7月23日
時 間: 2日間
テーマ: ソフトコンピューティング,ファジィ,知能情報
内 容: 参加者に対して研究会幹事よりメールにて連絡
講 師: 招待講演 田中貴紘 氏 (名古屋大学)
チュートリアル講演 塚本弥八 先生 (名城大学 名誉教授)
会 場: 生命の海科学館
参加費: 4000円
詳 細: http://tokai.j-soft.org/tpl_030/Gamaken2018.html
連絡先: 東海ファジィ研究会幹事
tokai-fuzzy-conf@googlegroups.com)

8/8 ロボット・IoT・サイバーセキュリティ専門人材育成講座開講記念
なごやロボット・IoTセミナー

詳細を表示

日 付: 平成30年8月8日
時 間: 13:30~16:15
テーマ: ロボット・IoT
内 容: 1.主催者あいさつ
2.「協働ロボットがもたらす新しいものづくりの現場」
3.「実践事例にみるIoT 活用の最新動向」
4.専門人材育成講座の開講について
講 師:  川崎重工業株式会社 ロボットビジネスセンター 営業企画部長 真田 知典 氏
  富士通株式会社 デジタルビジネス推進本部ネットワークビジネス統括部 ソリューション推進部長 木村 元幸 氏
  国立大学法人名古屋工業大学 産学官金連携機構 准教授 矢野 卓真 氏
会 場: 名古屋工業大学 4号館1階 ホール
参加費: 無料
定 員: 100名
詳 細: http://www.city.nagoya.jp/shiminkeizai/page/0000107171.html
連絡先: なごやロボット・IoTセミナー事務局(株式会社地域計画建築研究所内)
TEL: 03-3288-0242

8/21 研究交流クラブ第190回定例会

詳細を表示

日 付: 平成30年8月21日(火) [申込締切]平成30年8月2日(木)
時 間: 9:00~17:00
テーマ: ソフトピアジャパンと岐阜県のIoT先進工場
内 容:  9:00    出発
10:15~11:30 「公益財団法人ソフトピアジャパン」
11:30~14:00 移動(途中で昼食)
14:00~15:45 「株式会社イマオコーポレーション 美濃第1工場」
17:00    名鉄バスセンター着、解散
会 場: 公益財団法人ソフトピアジャパン、株式会社イマオコー
参加費: 参加費無料
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_190.html

8/23 第2回知的財産経営サロン

詳細を表示

日 付: 平成30年8月23日(木) [申込締切]平成30年8月20日(月)
時 間: 17:00~19:00
テーマ: 中小企業に知財って必要?
内 容: サロン形式の講座
講 師: 日本弁理士会東海支部所属弁理士
会 場: 日本弁理士会東海支部
(名古屋商工会議所8階)
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/salon2018.html
連絡先: 愛知県産業労働部
産業科学技術課研究開発支援G
TEL: 052-954-6370

8/25 休日パテントセミナー2018 in 刈谷

詳細を表示

日 付: ①平成30年8月25日(土)
②平成30年9月1日(土)
③平成30年9月8日(土)
時 間: 13:30~16:00
テーマ:
内 容: ①初心者のための知的財産入門! 
~知的財産権制度の概要~
②特許、商標を出願しよう! 
~出願書類の作り方講座~
③知的財産契約の基礎知識 
~秘密保持、共同研究、共同出願、ライセンス~
講 師: 講師は全て日本弁理士会東海支部の弁理士
①藤居 俊介
②冨田 正
③水野 健司
会 場: 刈谷市産業振興センター
6階 603会議室
参加費: 無料
定 員: 各回60名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/kyujitsu2018.html
連絡先: 愛知県産業労働部
産業科学技術課研究開発支援G
TEL: 052-954-6370

8/31 第114回東海技術サロン(CSTCフォーラム)

詳細を表示

日 付: 平成30年8月31日(金) [申込締切]8月24日(金) (定員になり次第締め切り)
時 間: 14:30-18:45
テーマ: 3Dプリンティング技術の最新動向
内 容: 14:30  開会  挨拶  東海化学工業会
14:35  講演Ⅰ「金属積層造形技術の最近の研究開発動向とその応用」
15:25  講演Ⅱ「未来を拓く金属積層技術開発のご紹介 
     ~ものづくり大国日本の復活~ 」 
16:15  講演Ⅲ「レーザーを用いたセラミックスの短時間焼結技術
     ~セラミックス3Dプリンターの実現にむけて~」 
17:00  講演終了
17:15  交流会  挨拶  公益財団法人中部科学技術センター
     場所 8階 レストラン「ガス燈」
18:45  閉会
講 師: 東北大学金属材料研究所 教授 千葉 晶彦 氏
日本積層造形株式会社 代表取締役 保田 憲孝 氏
(一財)ファインセラミックスセンター 先進構造材料グループ長 主任研究員 木村 禎一 氏
会 場: 今池ガスビル
講演会 7F プラチナホール
交流会 8F レストラン「ガス燈」
参加費: 講演会1000円
交流会6000円
定 員: 50名
詳 細: http://www.cstc.or.jp/business/cstc_forum.php
連絡先: (公財)中部科学技術センター
担当 荒川・犬飼
TEL: 052-231-6723

9/1 休日パテントセミナー2018 in 刈谷

詳細を表示

日 付: ①平成30年9月1日(土)
②平成30年9月8日(土)
時 間: 13:30~16:00
テーマ:
内 容: ①特許、商標を出願しよう! 
~出願書類の作り方講座~
②知的財産契約の基礎知識 
~秘密保持、共同研究、共同出願、ライセンス~
講 師: 講師は全て日本弁理士会東海支部の弁理士
①冨田 正
②水野 健司
会 場: 刈谷市産業振興センター
6階 603会議室
参加費: 無料
定 員: 各回60名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/kyujitsu2018.html
連絡先: 愛知県産業労働部
産業科学技術課研究開発支援G
TEL: 052-954-6370

9/3 第34回 ファジィ システム シンポジウム

詳細を表示

日 付: 9月3〜5日 [申込締切]7月31日
時 間: 3日間
テーマ: ソフトコンピューティング,ファジィ,知能情報
内 容: http://fss2018.j-soft.org/
講 師: 招待講演 田代 卓 氏(株式会社日立システムズ 研究開発本部)
特別講演 松本 浩典 氏(大阪大学大学院理学研究科)
Zadeh教授 追悼特別講演 菅野 道夫 氏(東京工業大学名誉教授)
その他一般講演多数
会 場: 名古屋大学
参加費: 会員・非会員によって参加費が異なります.
詳細については,公式ホームページを参照ください.
詳 細: http://fss2018.j-soft.org/
連絡先: FSS2018実行委員会
fss2018staff@cmplx.cse.nagoya-u.ac.jp

9/3 情報処理学会東海支部 2018年度第3回講演会(東海支部連合大会と共催)

詳細を表示

日 付: 平成30年9月3日(月)
時 間: 10:00~11:45
テーマ: 政策決定にAIが活用される30年後の社会
講 師: 日立京大ラボ 福田幸二主任研究員
名工大 NITech AI研究センター長 伊藤孝行教授
会 場: 名城大学天白キャンパス 共通講義棟北4階 N402
定 員: 100名
詳 細: http://www.ieice.org/~tokai/rengo2018/
連絡先: 情報処理学会東海支部 事務局 
TEL: 052-231-3564

9/4 ものづくり支援講座(産業用ロボット作業者特別教育)

詳細を表示

日 付: 平成30年9月4日 [申込締切]平成30年8月21日
時 間: 9:10~17:00
テーマ: 産業用ロボット作業者特別教育(9月期)
内 容: ◆9月4日 
・9:10~14:10 学科
産業用ロボットに関する知識
・14:15~16:45
教示等の作業に関する知識
◆9月5日
・9:10~10:40
教示等の作業に関する知識
・10:45~15:45
検査等の作業に関する知識
・15:50~16:50 
労働安全衛生法・施行令等の関連法令 
◆9月6日または7日
・9:30~17:00
[実技] 
産業用ロボットの操作の方法 
産業用ロボットの教示等の作業の方法 
産業用ロボットの検査等の作業の方法
まとめ及び修了式
講 師: 技術士事務所”ロボティ” 所長 稲垣 荘司氏 はじめ3名
会 場: 【学科教育】名古屋市工業研究所 管理棟 会議室           【実技教育】㈱バイナス
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)34,340円         一般 39,740円
定 員: 20名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/index.html
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/4 鍍金技術講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年9月4日(火)
時 間: 13:40~15:10
テーマ: 「最近のめっき技術研究開発動向 -めっき技術のこれからを考える-
内 容: 13:40 ~ 15:10 講演会 最近のめっき技術研究開発動向 -めっき技術のこれからを考える-
講 師: 鍍金技術研究会 会長 久米 道之 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 視聴覚室
参加費: 無料
定 員: 60名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/243.pdf
連絡先: 鍍金技術研究会
TEL: 052-654-9911

9/4 中小企業技術者研修(高分子材料技術研修)

詳細を表示

日 付: 平成30年9月4日 [申込締切]平成30年8月14日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 高分子材料技術研修
内 容: 平成30年9月4日~10月30日(毎週火曜日)9:30~16:30
・高分子材料概論 講義
・高分子の分析・特性評価 講義
・最新のプラスチック射出成形技術 講義
・高分子材料の利用技術 講義
・プラスチックの成形加工、X線CT 講義と実習
・分光スペクトル 講義と実習
・プラスチックの強度試験 講義と実習
・ガスクロマトグラフィー、分子量分布測定 講義と実習
・熱分析 講義と実習
・核磁気共鳴スペクトル 講義と実習
・金属・無機材料分析概論および分析ケーススタディー
 講義とディスカッション
講 師: 名古屋市工業研究所 有機材料研究室 岡本 和明氏 はじめ12名
会 場: 名古屋市工業研究所 研修室等
参加費: 59,400円
定 員: 10名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/index.html
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/5 産業立地・再投資促進セミナー

詳細を表示

日 付: 平成30年9月5日(水) [申込締切]平成29年8月29日(水)
時 間: 15:00~17:00
内 容: 15:00~15:10 知事・市長挨拶
15:10~16:00 講演
          演題: 自動車産業の変革と中部地域経済のイノベーションの重要性について
          講師:AZAPA株式会社 代表取締役社長&CEO 近藤 康弘 氏
16:05~17:00 企業講演
          中央精機株式会社 代表取締役社長 中川 宏 氏
愛知県よろず支援拠点 コーディネーター 武田 宜久 氏       
講 師: AZAPA株式会社 代表取締役社長&CEO 近藤 康弘 氏
中央精機株式会社 代表取締役社長 中川 宏 氏
愛知県よろず支援拠点 コーディネーター 武田 宜久 氏       
会 場: 名古屋国際センター別棟ホール
参加費: 無料
定 員: 150名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/ricchitsusho/reinvest-2018.html
連絡先: 愛知県産業労働部産業立地通商課(高橋・野田)
TEL: 052-954-6342

9/5 計測分析に関する講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年9月5日(水) [申込締切]平成30年9月3日(月)
時 間: 午後1時30分~午後5時00分
テーマ: 研究開発・品質管理における分析技術の入門
~分析ってなに? 分析に初めて携わる方へ~
内 容: 研究開発や品質管理業務などで分析に初めて携わる方から分析経験が3年程度までの方、また当センターへ分析依頼を検討している方、当センターを利用し始めた方々を対象とした講演会を開催します。
分析とは何か、目的に合った分析を行うためにはどうしたらよいかなどの基本的な考え方から、当センターの高度計測分析機器を用いた分析や活用法の紹介までを、事例を交えて講演します。講演後は分析や評価に関する個別の技術相談会や、当センターの高度計測分析機器及び隣接するあいちシンクロトロン光センターの見学会を行います。

◇分析技術の基本とデータの特徴
  「機器分析で得られる数値は何か」
◇事例紹介
  「放熱・電気絶縁シート『サーコン』の品質向上のための分析活用事例」
   講師:富士高分子工業株式会社 品質保証部 主席部員 渡辺 紳二氏
◇分析のすすめかた1
  「気になるところをズームイン!顕微鏡観察」
◇分析のすすめかた2
  「何から始める?成分分析」
◇分析のすすめかた3
  「0.000・・・ナノ表面の世界へようこそ!」
◇見学会
  当センター高度計測分析機器、あいちシンクロトロン光センター
◇技術相談会 *希望者のみとなります。
講 師: 富士高分子工業株式会社 品質保証部 主席部員 渡辺 紳二氏
会 場: あいち産業科学技術総合センター 1階 講習会室
参加費: 無料
詳 細: http://www.aichi-inst.jp/acist/news/up_docs/h300807seminar.pdf
連絡先: あいち産業科学技術総合センター 共同研究支援部 村瀬、中尾、中川
〒470-0356 豊田市八草町秋合1267-1
電話:0561-76-8315
FAX:0561-76-8317
電子メール:AIC0000001@chinokyoten.pref.aichi.jp
TEL: 0561-76-8315

9/6 水素エネルギー社会形成研究会 平成30年度第2回セミナー

詳細を表示

日 付: 平成30年
9月6日(木) [申込締切]平成30年
8月30日(木)
時 間: 13:45~16:40
テーマ: ~水素モビリティ社会の形成~
内 容: 13:45~13:50 開会挨拶
13:55~14:55 講演1:
『水素モビリティ社会形成に向けた世界の取組』
株式会社テクノバ エネルギー・水素グループ
グループマネージャー 丸田 昭輝 氏
15:00~15:50 講演2:
『太陽光メーカーが作った再エネ利用水素ステーション「SHiPS」の紹介』
長州産業株式会社 新エネルギー事業部 
部長 山﨑 敏晴 氏
16:05~16:40 講演3:
『FC小型トラック技術開発の進捗状況と今後の展望』
株式会社 東京アールアンドデー
営業部 担当部長 大川 信彦 氏
講 師: 講演1:株式会社テクノバ エネルギー・水素グループ グループマネージャー 
丸田 昭輝 氏
講演2:長州産業株式会社 新エネルギー事業部 部長 山﨑 敏晴 氏
講演3:株式会社 東京アールアンドデー
営業部 担当部長 大川 信彦 氏
会 場: 名古屋銀行協会 5階 大ホール
参加費: 無料
定 員: 250名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/suiso300906.html
連絡先: 愛知県産業科学技術課 新エネルギー産業グループ
松本
TEL: 052-954-6350

9/6 中小企業技術者研修(CAE技術研修)

詳細を表示

日 付: 平成30年9月6日 [申込締切]平成30年8月16日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: CAE技術研修
内 容: 平成30年9月6日~10月4日(毎週木曜日)9:30~16:30
・材料力学の基礎
・CAE設計実習(1)
・CAE設計実習(2)
・金属材料特性の基礎・プラスチック材料特性の基礎
・材料試験実習 ・CAEの効果検証
講 師: AN技術士事務所 中本 昭氏 はじめ9名
会 場: 名古屋市工業研究所 研修室等
参加費: 35,640円
定 員: 15名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/index.html
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/12 MOT(技術経営)セミナー 2018実践コース

詳細を表示

日 付: 9月12日(水)、9月13日(木) [申込締切]平成30年9月11日(火)
テーマ: MOTを使う!MOTマーケティングの実践道場
内 容: 【9月12日】
10:00~17:00
①マーケティングのためのMOT基礎知識
新規事業の準備段階ともいえる技術コアと市場可能性からの将来の製品・事業化テーマ抽出から始まり、時系列的な実践マネジメントの方法論について、MOTマーケティングと関連する概要を学ぶ。

②実践MOTマーケティング(1)
<マーケットの区分けとしてのライフサイクルとキャズム超え>
 一般的にマーケットにおける新商品のライフサイクルは確率論的な分布によって示され、ライフサイクルの各段階では、ターゲットとすべき顧客のセグメント化が行われる。このマーケットの区分けを想定した考え方や対応を学ぶ。
 ○ミニ演習とグループ議論、キャズム理論

③実践MOTマーケティング(2)
<顧客と対話して隠れたニーズを探りベネフィット展開へ>
 市場と技術を繋げ、開発に入る前段階で「製品仕様の明確化」「商品化対象マーケットの確認」「マーケットのクリエーション」を可能にするため、顧客が求める価値やベネフィットの潜在的なニーズ抽出を学ぶ。
 ○ミニ演習とグループ議論、ベネフィット理論

講師:株式会社テクノ・インテグレーション 出川通 氏

【9月13日】
10:00~17:00
④実践MOTマーケティング(3)
<見えないマーケットの推定と定量化でのフェルミ推定の活用>
 新規事業においては、未来の想定顧客からの反応や見通しを得ても、存在しないマーケットを具体的、定量的に推定するかが経営判断上の最大の課題となることから、フェルミ推定法による市場の定量化方法を学ぶ。
 ○ミニ演習とグループ議論、フェルミ推定

⑤研究開発・新事業テーマのためのMOTマーケティング
 新規事業や新商品を目指した研究開発テーマや事業開発テーマを考える時に必要な市場ベースの検証、ならびに事業進捗レベルと市場進捗レベルを評価軸とした分析・評価方法を学ぶ。
 ○各グループや個人からの発表と総合討議

講師:株式会社テクノ・インテグレーション 出川通 氏

会 場: ウィンクあいち15階 科学技術交流財団 研究交流セ
参加費: 30,000円(税込)(全2回分、書籍代含む)
定 員: 20名(最少催行人数10名、2日間参加できる方)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/training/mot/entmot.html

9/13 第32回 半導体プロセス実習・講習会

詳細を表示

日 付: 平成30年9月13日(木)、14日(金)  [申込締切]平成30年7月31日(火)
時 間: 9:30~17:10(コースにより時間設定が異なる)
テーマ:
内 容: 講義1:MEMSセンサと製作プロセス
-車載・人検出センサ-
講義2:省エネルギー社会を支える化合物半導体デバイス
実習:クリーンルームにて半導体プロセスの実習
講 師:
会 場: 豊田工業大学
参加費: コース1 or コース2 (2日間)     ;40,000円
  コース3 (1日のみ[9/14 or 9/15]) ;30,000円
  コース4 (講義のみ)   ;10,000円
(学校関係は別料金設定あり)
定 員: 実習各日24名
詳 細: https://www.toyota-ti.ac.jp/kenkyu/nanoplatform/index.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 安田
TEL: 052-809-1723

9/14 平成30年度第1回炭素繊維応用技術研究会

詳細を表示

日 付: 平成30年9月14日(金) [申込締切]平成30年9月7日(金)
時 間: 13:30~16:30
内 容: ◆講演Ⅰ(13:35~14:45)
 「航空機CFRP工程端材より回収した高性能回収炭素繊維の現状と今後の展望」
  講師 ELGカーボンファイバー 社長 Frazer Barnes 氏(予定)

既に航空産業において中大型航空機では導入が定着している炭素繊維複合材料については、近年自動車業界でも軽量化素材として導入され拡大期を迎えている。自動車に導入されていけばCFRP廃材が大量に発生することが予測されており、工程端材や廃棄物処理についての関連企業の道義的責任が問われている。特に欧州においては廃棄、焼却することが認められず既に航空機端材の量産処理、循環利用が進んでいる。本講演では当社が取り組む回収炭素繊維事業、導入商業事例を中心に回収炭素繊維の現状と今後の展望を概説する。

 休憩(14:45~14:55)

◆講演Ⅱ(14:55~16:05)
 「航空機におけるCFRP部材の修理実例紹介と技術的課題」
  講師 株式会社JALエンジニアリング 技術部システム技術室 機体技術グループ 井出 諭 氏
       
炭素繊維強化プラスチック(CFRP)の研究、開発ならびにその使用範囲の拡大により、今や航空機産業においてCFRPは機体の軽量化・高性能化に欠かすことができない重要な材料となっている。本講演では、航空会社におけるCFRP部材に対する修理実例等を金属部材などの例と比較しながら具体的に紹介するとともに、作業における技術的課題を述べる。

◆名刺交換会(16:05~16:30) 
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 902会
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方及び愛知工研会員の方は3,000円)

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h30k101.html

9/18 技術講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年9月18日(火)
時 間: 13:00~17:00
テーマ: 熱設計パラダイムシフトセミナー
内 容: 1.13:00~13:30 『熱伝導率測定における測定時間短縮の検討』
 講師:名古屋市工業研究所 システム技術部 生産システム研究室 梶田 欣
2.13:30~14:30 『初期熱対策実現のための熱設計手法とその事例』
 講師:株式会社サーマルデザインラボ 代表取締役  国峯 尚樹 氏
3.14:40~15:00 『新しい熱設計コンセプトのための部品業界の取組み』
 講師:KOA株式会社 技術イニシアティブ技創りセンター 職人 平沢 浩一 氏
4.15:00~15:40 『基板放熱型熱設計の勘所 ~簡易温度シミュレータによる検討~』
 講師:KOA株式会社 技術イニシアティブ技創りセンター 職人 有賀 善紀 氏
5.15:50~16:50 『パナソニックCNS社におけるCAEの活用状況と今後の展開』
 講師:パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社
  イノベーションセンター設計ソリューション開発部 部長 岩田 進裕 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 第1会議室
参加費: 無料
定 員: 100名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/244.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所
TEL: 052-654-9952

9/18 名工大夏期レクチャーコース1

詳細を表示

日 付: 平成30年9月18日、19日 [申込締切]平成30年9月11日
時 間: 9/18
10:00~17:00
9/19
9:00~17:00
テーマ: パワエレと電気機械制御の実践
内 容: 9/18
10:00~11:00 パワエレ・メカトロ概要
11:00~14:30 電力変換器の基礎と実践
14:30~17:00 永久磁石形同期モータの動作原理と制御
9/19
9:00~12:00 機械システムの振動解析と制御技術
13:00~17:00 モーションコントロールの基礎と応用技術
講 師: 岩崎 誠,小坂 卓:名古屋工業大学大学院 教授,
関 健太,前田佳弘:同 准教授,
松盛裕明:同 助教
会 場: 名古屋工業大学 4号館1階 産学官交流プラザ
参加費: ・研究協力会会員会社 19,000円(消費税込み)[資料代を含む]
・非会員会社     24,000円(消費税込み)[資料代を含む]
定 員: 100
詳 細: http://partner.web.nitech.ac.jp/?p=6414
連絡先: 名古屋工業大学研究協力会
TEL: 052-735-5538

9/19 PMDAレギュラトリーサイエンス総合相談(医療機器) 出張面談 in 名古屋

詳細を表示

日 付: 平成30年9月19日(水)~20日(木) [申込締切]平成30年8月24日(金曜)正午必着
時 間: 9:00-17:00
テーマ: 大学・研究機関、ベンチャー企業を主な対象に、日本発の革新的医薬品・医療機器の創出に向けた、試験・治験計画策定等に関する相談について、薬事承認審査当局(PMDA)が指導・助言を行う、レギュラトリーサイエンス戦略相談の入り口にあたる相談事業
内 容: 各者20分程度の面談
講 師: 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
会 場: 愛知県産業労働センター〔ウインクあいち〕
参加費: 無料
定 員: 完全予約制
詳 細: http://www.smrj.go.jp/incubation/nalic/event/2018/frr94k000002zy4l.html
連絡先: 中小機構 中部 名古屋医工連携インキュベータ IM室 (担当:石黒)
TEL: 052-744-5110

9/20 第3回知的財産経営サロン

詳細を表示

日 付: 平成30年9月20日(木) [申込締切]平成30年9月14日(金)
時 間: 17:30~19:00
テーマ: 新商品の落とし穴
~発売前のチェックポイント~
内 容: サロン形式の講座
講 師: 日本弁理士会東海支部所属弁理士
会 場: 日本弁理士会東海支部
(名古屋商工会議所8階)
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/salon2018.html
連絡先: 愛知県産業労働部
産業科学技術課研究開発支援G
TEL: 052-954-6370

9/26 社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 9月26日~9月28日 [申込締切]9月10日
テーマ: コンピュータ支援 3Dものづくり技術講座「2D/3D CADの基礎と活用」
内 容: 1日目(9/26)
9:45 ~ 10:00 受 付
10:00 ~ 10:15 開講式 教育研究基盤センター長挨拶、講師紹介、講師挨拶
10:15 ~ 12:00 講義・演習 2D/3D CAD概要、データ形式、SolidWorks概要、相関関係
12:00 ~ 13:00 昼休憩
13:00 ~ 16:30 講義・演習 スケッチ(2D作図)、練習問題
16:30 ~ 17:00 質疑応答 質疑応答
2日目(9/27)
10:00 ~ 12:00 講義・演習 フィーチャー1(3D作図)、練習問題/押出等 基本概念の説明
12:00 ~ 13:00 昼休憩
13:00 ~ 16:30 講義・演習 フィーチャー2(3D作図)、練習問題/スイープ等/図面作成
16:30 ~ 17:00 質疑応答 質疑応答
3日目(9/28)
10:00 ~ 12:00 講義・演習 フィーチャー3(3D作図)、練習問題/分割等 編集方法の説明
12:00 ~ 13:00 昼休憩
13:00 ~ 15:00 講義・演習 アセンブリ機能、干渉・クリアランスチェック等
15:00 ~ 16:30 講義・演習 アセンブリモデリング
16:30 ~ 16:45 質疑応答 質疑応答
16:45 ~ 17:00 閉講式 講師挨拶、修了証書授与、写真撮影、教育研究基盤センター長挨拶
講 師: 株式会社システムクリエイト
技術部 西日本技術課 本社技術グループ
技術Bチーム リーダー
遠藤 健史 氏
株式会社システムクリエイト
技術部 東・中日本技術課 中部技術グループ
藤江 雄樹 氏
会 場: 豊橋技術科学大学
参加費: 10,500円※保険料500円含
定 員: 20名
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2018/index.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 社会連携推進センター
TEL: 0532-44-6574

9/28 (公財)名古屋産業科学研究所 「産業科学フォーラム2018」

詳細を表示

日 付: 平成30年9月28日(金) [申込締切]平成30年9月26日(水)
時 間: 13:00~17:00
テーマ: テーマ : 工学のエッセンス 
講演(1)「実用に近い雰囲気や液体中でも観察できる透過電子顕微鏡」  
講演(2)「パワーエレクトロニクスとモータ制御に携わっての半世紀」
講演(3)「流れの制御と活用」
 以上、幅広く工学の最前線研究を展望します
内 容: 13:00~13:10 主催者挨拶
13:10~14:20 特別講演①
14:30~15:40 特別講演②
15:50~17:00 特別講演③
講 師:
①田中信夫上席研究員(名古屋大学名誉教授)
②松井信行上席研究員(名古屋工業大学名誉教授)
③内山知実 教授(名古屋大学 未来材料・システム研究所)
会 場: 名古屋大学VBL棟3階ベンチャーホール
参加費: 無料
定 員: 40名
詳 細: http://www.nisri.jp/dor/topics/topics-detail.html?id=23
連絡先: (公財)名古屋産業科学研究所 研究部 林
TEL: 052-781-1883

10/3 社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 10月3日~11月28日 [申込締切]8月24日
テーマ: 先端データサイエンス実践コース
内 容: 1)統計学・機械学習基礎1,2,3,4 
2) Python入門 1,2(選択)   
3)機械学習実践入門  
4)深層学習環境準備・入門 深層学習実習 1,2,3  
5)先端データサイエンス講演会
6)計算技術科学特論(e-Learning)(選択)
講 師: 金澤 靖(情報・知能工学系)、渡辺 一帆(情報・知能工学系)、濱田 信次(情報・知能工学系)、外部講師
会 場: 豊橋技術科学大学
参加費: 2,000円~
定 員: 10名
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2018/2018-s8.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 社会連携推進センター
TEL: 0532-81-5188

10/5 社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 10月5日~2019年2月予定 [申込締切]9月12日
テーマ: 東三河防災カレッジ2018
内 容: ・防災基礎講座
・経営(事業)をまもる人材の育成講座
・建物(施設)をまもる人材の育成講座
・生命(生活)をまもる人材の育成講座
講 師: 齋藤教授、穂苅助教、辛島助教、中澤教授、松井准教授、杉木准教授、外部講師ほか
会 場: 穂の国とよはし芸術劇場PLAT研修室ほか
参加費: 1,000円~
定 員: 各回30名
詳 細: http://www.carm.tut.ac.jp/recruitment
連絡先: 豊橋技術科学⼤学安全安⼼地域共創リサーチセンター(担当:穂苅・尾崎)
TEL: 0532-81-5157

10/9 第138回講習会

詳細を表示

日 付: 2018年 10月 9日(火)  [申込締切] 2018年9月18日(金)(定員に満たない場合は延長します)
時 間: 10:30 ~ 17:00
テーマ: 「科学英語によるプレゼンテーションの実践」
内 容: 10:30~12:00 (90分) 「E-mailによる効果的なコミュニケーション
                       (講演質疑とも英語)」
          椙山女学園大学 准教授 スティーブン・E・クアシャ
    理系の学生,技術者がEmail作成において最低限知っておくべきこと
    を紹介します.論文を投稿,あるいは学会など行事に参加しようと
    する際のやりとりを事例として,Emailにより連絡するときの注意点
    を解説します.また,Emailを毎日,何百通と受け取るような忙しい
    人にもすぐに内容を理解してもらうには,簡潔かつ単純な英文を書く
    ことが必須ですが,そのためのテクニック,ルール・エチケットにつ
    いても説明します.
12:00~13:30 昼休み
13:30~15:00 (90分) 「講演スライドの作り方 (講演質疑とも日本語)」
            名古屋大学 特任教授 石田 幸男
    学会で講演発表をするとき,ほとんどの場合Power Point を使います.
    このスライドの目的は,講演者が聴衆に語り掛け,研究内容の最も重
    要なポイントをその場で理解させるための補助に使うものです.
    あなたがスライドを一生懸命に作ればつくるほど,スライドは読みづ
    らくなり,聴衆の耳は講演者の声から離れ,目はスライドの上を泳ぐ
    状態に陥ります.Simple is best ! この講演では,効果的なスライドを
    作るための基本的なルールについて解説します. 
15:00~15:30 休憩
15:30~17:30 (120分) 「科学講演における効果的な英文表現
                    (講演英語/質疑日本語可)」
            名古屋大学 教授 エドワード・T・ヘイグ 
    英語で効果的な科学技術の講演を行う時の実際の表現をストーリ的に
    紹介します.(今年7月に行われた)第137回講習会では,講演に臨
    むときの「心構え」を中心にして解説しましたが,ここではより実践
    的なテクニックに焦点をあてて講演します.Title / Outline/Modeling /
    Theory / Theoretical results / Experimental Setup / Experimental
    results / Conclusions / Acknowledgement と進むスライドを用いて,
    適切で役に立つ,様々な表現を紹介します.これらのスライドは,聴
    講者が初めて国際会議で講演するとき,中身を自分用に置き換えてい
    けば,最低限の英語表現が完成できるようになっています.
講 師: 椙山女学園大学 准教授 スティーブン・E・クアシャ
名古屋大学 特任教授 石田 幸男
名古屋大学 教授 エドワード・T・ヘイグ 
会 場: 名城大学ナゴヤドーム前キャンパス (西館2F)レセプションホール
参加費: 〈教材費込み〉正員7000円,会員外14000円,学生員3000円,一般学生6000円
       正員(学生員から正員への継続特典対象者)3000円
〈教材費なし〉正員5000円,会員外12000円,学生員1000円,一般学生4000円
       正員(学生員から正員への継続特典対象者)1000円
定 員: 90名
詳 細: http://tokai2.jsme.or.jp/PaperMgr.cgi?Cmd=ActiveMeetingInfo&iTargetMID=0097
連絡先: 日本機械学会東海支部
TEL: 052-789-4494

10/11 社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 10月11日~10月12日 [申込締切]9月25日
テーマ: 機械加工技術講座「初級機械加工」
内 容: 10月11日(木)
日 程 内 容 場 所
9:45 ~ 10:00 受 付
10:00 ~ 10:15 開講式 教育研究基盤センター長挨拶、講師紹介、講師挨拶
10:15 ~ 11:00 講義 工作機械の種類と概要
11:00 ~ 11:30 説明 実習の説明と安全講習
11:30 ~ 12:30 昼休憩 福利施設等
12:30 ~ 16:00 実習 1) ボール盤 :ドリル・タップ加工
2) フライス盤 :エンドミル加工
3) 普通旋盤   :円筒削り (外丸削り)
4) レーザ加工機 :レーザマーキング
16:00 ~ 16:15 質疑応答
10月12日(金)
9:45 ~ 10:00 受 付
検討中
11:30 ~ 12:30 昼休憩
検討中
16:00 ~ 16:15 質疑応答
16:15 ~ 16:30 閉講式 講師挨拶、修了証書授与、写真撮影、教育研究基盤センター長挨拶
講 師: 小林 正和(機械工学系 准教授)
神谷 昌宏(技術専門職員)
間瀬 基司(技術専門職員)
早川 茂男(技術専門職員)
椿  正己(技術専門職員)
金田 隆文(技術専門職員)
会 場: 豊橋技術科学大学
参加費: 4,500円※保険料500円含
定 員: 9名
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2018/index.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 社会連携推進センター
TEL: 0532-44-6574

10/11 ものづくり支援講座(知的財産担当者養成講座 後期)

詳細を表示

日 付: 平成30年10月11日 [申込締切]平成30年9月21日
時 間: 13:30~16:50
テーマ: 知的財産担当者養成講座 後期
内 容: 平成30年10月11日~11月19日(7日間)13:30~16:50
・特許権侵害と無効審判について(裁判外解決含む)
・外国特許出願・国際特許出願(技術を国際的に活用)
・企業イメージを保持・高める対策1(製品・部品の形態)
・企業イメージを保持・高める対策2(偽ブランドから守る)
・企業イメージを保持・高める対策3(外国で貴社製品を守る)外国商標制度・商標の国際登録・意匠の国際登録制度
・知的財産の活用について(実施契約・産学官連携等)
・著作権について
講 師: 弁理士 飯田 昭夫氏 (現在:いいだ特許事務所所長)
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟会議室
参加費: 賛助員企業54,000円
一般企業64,800円
複数人数申込割引有
定 員: 15名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/index.html
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

10/11 第17回幸田プレステージレクチャーズ~ものづくり日本 講演会~

詳細を表示

日 付: 平成30年10月11月(木) [申込締切]平成30年10月10月(水)
時 間: 13:30~15:30
テーマ: 科学を楽しく
-身のまわりの現象や光触媒を中心に-
内 容: 13:00開場
13:30開演
アサガオはいつ花を開くのか、なぜ氷は水の上に浮くのか、など身のまわりのことには不思議なことが多い。
光触媒によって太陽光のもと、雨が降ると家が常にきれいになってしまうし空気もきれいになる。これらのことを楽しくお話しする。
15:00閉演
講 師: 東京大学名誉教授 東京理科大学栄誉教授
藤嶋 昭 氏
会 場: 幸田町民会館つばきホール
参加費: 無料
定 員: 400名
詳 細: http://2015kmrc.weebly.com/
連絡先: 幸田プレステージレクチャーズ運営事務局(幸田町企画部内)
TEL: 0533-67-6557

10/24 社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 10月24日~11月30日 [申込締切]9月25日
テーマ: 分子工学技術者育成コース
内 容: 【講義】1)分子工学概説 2)分子生物学概説 3)分子工学で必須の測定技術の概説及び実測演習 ①NMR(核磁気共鳴) ②X線構造解析 ③粉末X線構造解析 ④質量分析⑤原子間力顕微鏡 ⑥分光測法(赤外、紫外) ⑦分離精製技術
【個別研修内容】上記①~⑦の分析機器の基礎研修と応用研修(各研修、13:00~17:00の4時間)から6コマを選択頂きます。 
講 師: 岩佐教授、藤澤助手、水嶋教授、伊津野教授、原口准教授、浴教授、手老准教授
会 場: 豊橋技術科学大学
参加費: 50,000円
定 員: 5名
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2018/2018-s7.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 社会連携推進センター
TEL: 0532-81-5188

11/7 第162回見学会

詳細を表示

日 付: 2018年 11月 7日(水)  [申込締切]2018年10月05日(金)
時 間: 13:00 ~ 18:00
テーマ: -株式会社デンソー 西尾製作所見学-
内 容: 13:00 集合: JR東海道線 岡崎駅西口にて集合
        (最下段の添付図をご参照お願い致します)
13:00~13:25 ㈱デンソー 西尾製作所へバスで移動
13:25~13:30 挨拶
13:30~14:30 技術講演会
          講演題目:デンソーのモノづくりの進化
               ~ダントツ工場づくりへの挑戦~
          技術講演者:㈱デンソー 生産革新センター
                常務役員 山崎康彦氏
14:30~14:50 西尾製作所、見学先概要説明
14:50~15:00 工場見学注意事項説明
15:00~16:55 工場見学 ダイカスト部品の一貫生産ライン、
              エアコンの組付けライン
16:55~17:20 質疑応答
17:20~18:00 バスで岡崎駅まで移動
18:00      JR東海道線 岡崎駅西口にて解散
講 師: ㈱デンソー 生産革新センター 常務役員 山崎康彦氏
会 場: 株式会社デンソー 西尾製作所
参加費: 正員:1,000円,会員外:2,000円,学生員:500円,一般学生:1,000円,
正員(学生員から正員への継続特典対象者)500円
定 員: 40名 
詳 細: http://tokai2.jsme.or.jp/PaperMgr.cgi?Cmd=ActiveMeetingInfo&iTargetMID=0099
連絡先: 日本機械学会東海支部
TEL: 052-789-4494