HOME > 事業のご案内 > 情報提供事業 > 当地域のイベント情報

当地域のイベント情報

当地域の科学技術関連団体の行事スケジュールを下記にまとめて掲載しています。
更新は随時行っています(平成28年6月15日更新)。
行事の日程・内容等は都合により変更される場合がありますので、事前に連絡先機関にお問合せ下さい。

イベント掲載月:2016年6月~2016年11月       左記の期間以降のイベント
公募情報があります

6/3 「超ハイテンの溶接」に関する講演会

詳細を表示

日 付: 平成28年6月3日(金)
時 間: 13:30~15:30
内 容: 「各種溶接法と超ハイテンの溶接における注意点」
新日鐵住金(株) 鉄鋼研究所 接合研究部 上席主幹研究員 宮崎 康信 氏
講 師: 新日鐵住金(株) 鉄鋼研究所 接合研究部 上席主幹研究員 宮崎 康信 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟4階 第2会議室
参加費: 無料(中部溶接振興会・(一社)愛知県溶接協会会員外資料代2,000円)
定 員: 80名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/162.pdf
連絡先: 中部溶接振興会 事務局
TEL: 052-654-1633

6/8 水素エネルギー社会形成研究会 平成28年度第1回セミナー

詳細を表示

日 付: 平成28年6月8日(水) [申込締切]平成28年6月7日(火)
時 間: 13:30~16:20
内 容: 【講演1】 
 「水素・燃料電池戦略ロードマップの改訂と国の取組について」
   経済産業省 資源エネルギー庁
   省エネルギー・新エネルギー部 燃料電池推進室 
   室長補佐 星野昌志(ほしのまさし) 氏
【講演2】 
 「アイシン精機のエネファーム普及に向けた取組」
   アイシン精機株式会社 エネルギー技術部 コジェネグループ
   グループマネージャー 桑葉孝一(くわばこういち) 氏
【講演3】 
 「水素ステーションと水素社会に向けた取組」
   岩谷産業株式会社 水素エネルギー部 
   シニアマネージャー 梶原昌高(かじわらまさたか) 氏
会 場: 愛知芸術文化センター 12階 アートスペースA 
参加費: 無料
定 員: 200名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/suiso280608.html
連絡先: 愛知県産業労働部産業科学技術課 廣澤・川口
TEL: 052-954-6350

6/9 名古屋テキスタイル研究会 平成28年度 第1回研究会(講演会)

詳細を表示

日 付: 平成28年6月9日(木)
時 間: 14:00~16:40
内 容: 1. 「羽毛のあれこれ」
 河田フェザー(株) 代表取締役 河田 敏勝 氏
2.「TPP協定における繊維分野の合意について、及び中小企業の海外展開支援策について」
 経済産業省 繊維課 通商室
 中小企業庁 創業・新事業促進課
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料(名古屋テキスタイル研究会会員外資料代2,000円)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/164.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 有機材料研究室 伊藤清治
TEL: 052-654-9885

6/14 中小企業技術者研修(電子回路技術)

詳細を表示

日 付: 平成28年6月14日 [申込締切]平成28年5月31日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 電子回路技術研修
内 容: ◆平成28年6月14日 「電子回路概論」・「電子素子Ⅰ」 
◆6月21日 「電子素子Ⅱ」 
◆6月28日・7月5日・12日 「アナログ回路の基礎講義及び実習」
◆7月19日・26日 「電子回シミレーション実習」 
◆8月2日 「パルス/デジタル回路の基礎 」「マイコン概論」 
◆8月23日 9月6日 9月13日 「デジタル回路実習Ⅰ」 
◆8月30日 「制御用マイコン実用化の秘訣」
◆9月20日・27日・10月4日・11日 「デジタル回路実習Ⅱ」
講 師: 名古屋市工業研究所電子技術研究室 白川 輝幸はじめ13名
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 59,400円
定 員: 20名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h28_denshi.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

6/15 宇宙産業講演会

詳細を表示

日 付: 平成28年6月15日(水) [申込締切]平成28年6月10日(金)
時 間: 13:30~16:30
テーマ: JAXAの宇宙航空技術開発と中部地域への期待
内 容: 【講演1】
  「2020年:H3ロケットの目指す姿と中部地域への期待」
    JAXA 第一宇宙技術部門
    H3ロケットプロジェクトマネージャ
    岡田匡史(おかだまさし) 氏
 【講演2】
  「宇宙技術と地上の関わり」
JAXA 新事業促進部 新事業課 主任
    山方健士(やまがたけんじ) 氏
 【情報提供】
  「中部地域での産学連携の取組み」
    JAXA 航空技術部門 事業推進部 航空産業協力
    課 課長
    内冨素子(うちとみもとこ) 氏
講 師: JAXA 第一宇宙技術部門
H3ロケットプロジェクトマネージャ
岡田匡史(おかだまさし) 氏
JAXA 新事業促進部 新事業課 主任
山方健士(やまがたけんじ) 氏
JAXA 航空技術部門 事業推進部 航空産業協力課 課長
内冨素子(うちとみもとこ) 氏
会 場: 栄ガスビル ガスホール
名古屋市中区栄三丁目15番33号
参加費: 無料
定 員: 200名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/jisedai/space.html
連絡先: 産業振興課次世代産業室 次世代産業第一グループ
TEL: 052-954-6349

6/15 中小企業技術者研修(メカトロ技術)

詳細を表示

日 付: 平成28年6月15日 [申込締切]平成28年6月1日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: メカトロ技術研修
内 容: ◆平成28年6月15日~10月12日 
・制御概論 (6時間)
・シーケンス制御の基礎(6時間)
・シーケンス制御の応用(3時間)
・電気回路 (3時間) ・電気要素 (3時間)
・電子回路 (3時間) 
・インターフェイス技術 (3時間) ・メカトロ用センサ (6時間)
・ビジョンセンサ (3時間) 
・電気アクチュエータ (6時間)
・機械要素 (6時間)
・CAEの基礎 (6時間) ・生産設備における自動化事例 (3時間)
・マイコン制御 (21時間)
・【実習】アナログ回路(6時間)・電磁ノイズ(3時間)・シーケンス制御Ⅰ(6時間)・シーケンス制御Ⅱ(3時間) 
講 師: 名古屋市工業研究所計測技術研究室    奥村 陽三氏はじめ16名
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 57,240円
定 員: 20名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h28_mechatro.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

6/15 電子情報通信学会東海支部   第1回一般講演会

詳細を表示

日 付: 平成28年6月15日 [申込締切]6/14
時 間: 16:20-17:10
テーマ: 運転行動の数理的理解
講 師: 名古屋大学 大学院情報科学研究科     メディア科学専攻 教授 武田一哉 氏
会 場: キャッスルプラザ  3F 孔雀の間
参加費: 無料
定 員: 50人
連絡先: shibu@tokai.ieice.org
TEL: 052-262-4947

6/17 愛知工業大学
第10回(平成27年度プロジェクト共同研究)シンポジウム

詳細を表示

日 付: 2016年6月17日(金)
時 間: 10:00~16:45
テーマ: H27年度プロジェクト共同研究の研究成果報告の発表
内 容: ① 10:10~10:30(A研究・継続)
「多視点画像を活用した治山ダム設置検討システムの開発」
② 10:30~10:50(A研究・新規)
 「ヒューマンプローブを活用した自律型データベースに関する研究」
③ 10:50~11:10(A研究・新規)
 「ライフログを活用したデジタルサイネージシステムに関する研究」
④ 11:10~11:30(A研究・継続)
 「リアルタイム制御用ディペンダブルなソフトウエアの実現及びネットワーク応用システムへの展開」
⑤ 11:30~11:45(B研究)
 「交流信号と直流信号が重畳している電流の検出技術に関する研究」
⑥ 11:45~12:00(B研究)
 「建築のコンクリート工事における情報化施工技術に関する研究」
⑦ 13:00~13:15(B研究)
 「有機ペロブスカイト太陽電池の低温作製技術開発」
⑧ 13:15~13:30(B研究)
「電力系統におけるエネルギーストレージとしてのEV/PHVに関する研究」
⑨ 13:30~13:45(B研究)
 「指向性スピーカーの音場制御」
⑩ 13:45~14:00(B研究)
「PBL接合部を対象とした繰返し載荷試験による残存耐荷性能評価に関する実験的研究」
⑪ 14:00~14:15(B研究)
「小型水槽における魚の位置と動きに対応した映像提示システムの構築」
⑫ 14:15~14:35(A研究・新規)
「社会インフラ維持管理及び災害調査を目的としたクローラロボットの開発」
⑬ 14:35~14:55(A研究・継続)
 「iTPチップ超臨界装置で合成する量子触媒TX5pに関する2,3の考察」
⑭ 15:10~15:25(B研究)
 「溶液プロセスによるデバイス化を目指した可溶性トリオキソトリアンギュレンの合成」
⑮ 15:25~15:40(B研究)
 「フィルム型感圧塗料の開発による適用範囲の拡大」
⑯ 15:40~15:55(B研究)
 「地震時における給水タンクのスロッシングおよびバルジング対策に関する研究」
⑰ 15:55~16:10(B研究)
 「半導体精密加工のためのレーザー照射シリコンの結晶欠陥評価」
⑱ 16:10~16:25(B研究)
 「イヤホンからの音漏れの音響特性の解明とその応用に関する研究」
⑲ 16:25~16:45(A研究・継続)
「探査用飛行体の空中安定性の高度化に関する研究」
講 師: ① 土木工学科・准教授 山本義幸,三陸土建(株)
② 情報科学科・客員教授 水野忠則(教授 菱田隆彰),(株)NTTドコモ
③ 情報科学科・教授 菱田隆彰,(株)リオ
④ 情報科学科・教授 中條直也,三菱電機エンジニアリング(株)
⑤ 電気学科・教授 鳥井昭宏,河村電器産業(株)
⑥ 建築学科・教授 瀬古繁喜,(株)竹中工務店
⑦ 電気学科・教授 森竜雄,(株)槌屋
⑧ 電気学科・教授 雪田和人,(株) 椿本チェイン
⑨ 電気学科・教授 古橋秀夫,関西電力(株)
⑩ 土木工学科・講師 宗本理,清水建設(株)
⑪ 情報科学科・准教授 澤野弘明,(株)ファンステージ
⑫ 機械学科・准教授 奥川雅之,エヌ・ティー・シー(株)
⑬ 総合技術研究所・教授 岸政七, (株)ソニックテクノロジー
⑭ 応用化学科・教授 森田靖,(株)カネカ
⑮ 機械学科・教授 江上泰広,(株) 槌屋
⑯ 土木工学科・教授 鈴木森晶,森松総合研究所
⑰ 電気学科・准教授 岩田博之,浜松ホトニクス(株)
⑱ 情報科学科・准教授 梶克彦,メタプロトコル(株)
⑲ 機械学科・教授 北川一敬,キャリオ技研(株)
会 場: 愛知工業大学 八草キャンパス
総合技術研究所 
視聴覚室(2階205室)
参加費: 無料
定 員: 100名
詳 細: http://www.ait.ac.jp/news/detail/0002138.html
連絡先: 愛知工業大学
総合技術研究所
TEL: 0565-48-8121
(代表)

6/17 ものづくりに関する講演会「IoT時代のものづくりについて」

詳細を表示

日 付: 平成28年6月17日(金)
時 間: 13:45~15:20
内 容: 1.「あいさつ」
2.「NECの考えるIoT時代のものづくりについて」
   NEC Industrial IoT ~お客さまと共に創る~
 日本電気(株) 第一製造業ソリューション事業部・バリュークリエイション部 部長 関 行秀 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料(中部生産加工技術振興会会員外資料代1,000円)
定 員: 80名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/166.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 製品技術研究室 児島澄人
TEL: 052-654-9861

6/18 平成28年度「あいち環境塾」

詳細を表示

日 付: 平成28年6月18日(土)~11月12日(土)
参加費: 5万円
定 員: 20名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/junkan/kankyojuku.html
連絡先: 公益財団法人 名古屋産業科学研究所
TEL: 052-223-6639

6/22 オープンCAE構造解析Salome-Mecaを用いた弾塑性解析と接触解析

詳細を表示

日 付: 平成28年6月22日(水)
時 間: 13:00~17:00
内 容: オープンCAE構造解析 Salome-Meca の概要と解析環境構築の解説
Salome-Meca による弾塑性解析の概要説明と解析体験
Salome-Meca による接触解析の概要説明と解析体験
講 師: 岐阜工業高等専門学校 教授 柴田 良一 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 電子技術総合センター4階 E406室(CAEルーム)
参加費: 無料(テキスト代別途必要)
定 員: 18名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/165.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 生産システム研究室 村田真伸
TEL: 052-654-9891

6/23 中小企業技術者研修(設計技術)

詳細を表示

日 付: 平成28年6月23日 [申込締切]平成28年6月9日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 設計技術研修
内 容: ◆平成28年6月23日~11月10日 
・機械設計概論(3時間)
・材料力学(12時間)
・鉄鋼材料(炭素銅)(3時間)
・鉄鋼材料(合金鋼・鋳鉄)非鉄材料(マグネ、マグネ合金)(3時間)
・非鉄金属材料(銅および銅合金)(3時間)
・非鉄金属材料(アルミニウムおよびアルミニウム合金)(3時間)
・材料の不健全部の超音波非破壊検査(3時間)
・ばね設計(6時間)
・ころがり軸受の選定と取扱い(6時間)
・油圧機器とその応用(6時間)
・空気圧機器の基礎・応用(6時間)
・プラスチック材料(3時間)
・モータの選び方(3時間)
・組み立て式治具(3時間)
・シーケンス制御(6時間)
・NC工作機械について(6時間)
・溶接設計(3時間)
・電気設備と配電盤(3時間)
・機械の低騒音化技術(6時間)
・機械要素(6時間)
・金属の破壊と破面(3時間)
・コンピュータシミュレーション等実習(6時間)
講 師: 橋本技術士事務所 所長 橋本 宗到氏はじめ  25名
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 59,400円
定 員: 40名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h28_design-tech.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

6/23 東海若手セラミスト懇話会 2016年 夏季セミナー

詳細を表示

日 付: 2016年6月23日(木)~6月24日(金) [申込締切]2016年5月13日
時 間: 初日13:00~最終日12:00
内 容: 6月23日(木)
13:00 受付開始
13:25~13:30 開会挨拶 運営委員代表
13:30~14:30 招待講演 I「薄膜における材料探索 ~圧電体を例に~」
14:30~14:40 休憩
14:40~15:40 招待講演 II「自己組織化による機能材料の開発 有機からハイブリッドへ」
15:40~15:50 休憩
14:40~15:40 学位論文紹介「固体酸化物型燃料電池電極用混合導電性ペロブスカイト型酸化物の研究」
18:00~19:30 夕食・意見交換会
20:30~22:30 テーブルディスカッション
6月24日(金)
7:00~ 8:30 朝食
9:00~10:00 招待講演 III「新規配向技術を用いた一次元イオン伝導性多結晶体の高性能化」
10:00~10:10 休憩
10:10~11:10 招待講演Ⅳ「Shape control and formation of tin oxide particles」
11:10~11:20 休憩
11:20~11:50 海外報告
11:50~ 表彰/閉会
講 師: 招待講演 I :東京工業大学 安井 伸太郎 氏
招待講演 II:熊本大学 伊原 博隆 氏
学位論文紹介:ノリタケカンパニーリミテド 犬飼 浩之 氏
招待講演 III:名古屋工業大学 福田 功一郎 氏
招待講演Ⅳ:北海道大学 Nguyen Thanh Mai 氏
海外報告:名古屋工業大学 籠宮 功 氏
会 場: 十八楼
参加費: 一般:20,000円 学生:10,000円(当日受付にてお支払いください)
定 員: 120名
詳 細: http://www.atyc.org/2016summer/
連絡先: 岐阜大学工学部 化学・生命工学科 物質化学コース 吉田道之
TEL: 058-293-2566

6/24 平成28年度第1回自動車運転支援システム技術研究会

詳細を表示

日 付: 平成28年6月24日(金) [申込締切]2016/6/21
時 間: 14:00~16:50
内 容: ◆講演Ⅰ
14:10 ~ 15:25 「ITS運転支援システムとそのヒューマンファクタ」
講師:名城大学理工学部 交通機械工学科 教授 相馬 仁 氏
障害物に対して自動または半自動で衝突を回避するITS運転支援システムや、ITS運転支援システムとドライバとが交信するためのヒューマンマシンインタフェース(HMI)の開発は、自動車の安全性を各段に向上させるために重要であるが、さらにこれらが将来の自動運転システムにおいても必要になることを述べ、自動運転直前の自動化技術の特徴や課題などを解説します。

◆講演Ⅱ 
15:35 ~ 16:50 「電動化・知能化とコネクティビティによるクルマの進化」
講師:日産自動車株式会社 総合研究所 モビリティ・サービス研究所
主任研究員(Manager) 白𡈽 良太 氏
20世紀にクルマが生み出した4大課題(エネルギー,温暖化,事故,渋滞)を解決するカギはクルマの“電動化”と“知能化”にある。クルマの知能化は、電動化を基盤にITの進化を取り込むことで発展し、自動運転を可能にしようとしており、本講演では自動運転に必要な技術を、センサ、人工知能、制御などの側面から解説します。

◆17:00 ~ 18:00 希望者のみ、研究交流センター(ウインクあいち15階)にて交流会  
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 903会議室
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方は3,000円)

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h28k101.html

7/1 第28回2016年度JFCC研究成果発表会(東京会場)

詳細を表示

日 付: 2016年7月1日(金) [申込締切]2016年6月24日(金)
時 間: 【ポスター展示】12:00~17:30
【講演会】13:00~15:40
テーマ: 新たな価値を創出する
革新材料開発と先端解析技術
内 容: 【ポスター展示】
12:00~17:30 ポスターセッション 38件
【講演会】
13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~14:00 特別講演『CVDシリカ膜のガス分離特性と膜反応器への応用』
14:00~14:50 ショートプレゼンテーション 8件
14:50~15:00 休憩
15:00~15:35 ショートプレゼンテーション 6件
講 師: 【特別講演講師】
公益財団法人 地球環境産業技術研究機構 無機膜センター
センター長 中尾 真一 氏
会 場: 東京大学 弥生講堂 「一条ホール」
東京都文京区弥生1-1-1 東京大学農学部内
参加費: 無料(ただし、事前登録が必要となります)
定 員: 250名
詳 細: kenpatsu16@jfcc.or.jp
連絡先: 一般財団法人ファインセラミックスセンター 研究企画部
TEL: 052-871-3500

7/5 ものづくり支援講座(産業用ロボット作業者特別教育)

詳細を表示

日 付: 平成28年7月5日 [申込締切]平成28年6月21日
時 間: 9:10~17:00
テーマ: 産業用ロボット作業者特別教育(7月期)
内 容: ◆7月5日 
・9:10~14:10 学科
産業用ロボットに関する知識
・14:15~16:45
教示等の作業に関する知識
◆7月6日
・9:10~10:40
教示等の作業に関する知識
・10:45~15:45
検査等の作業に関する知識
・15:50~16:50 
労働安全衛生法・施行令等の関連法令 
◆7月7日または8日
・9:30~17:00 
産業用ロボットの操作の方法 
産業用ロボットの教示等の作業の方法 
産業用ロボットの検査等の作業の方法
まとめ及び修了式
講 師: 技術士事務所”ロボティ” 所長 稲垣 荘司氏 はじめ3名
会 場: 【学科教育】名古屋市工業研究所 管理棟 会議室           【実技教育】三菱電機㈱名古屋製作所 FAコミュニケーションセンター
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)34,340円         一般 39,740円
定 員: 25名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h28_robot_7.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

7/8 第10回幸田プレステージレクチャーズ
~ものづくり日本 講演会~

詳細を表示

日 付: 平成28年7月8月(金) [申込締切]平成28年7月7日(木)
時 間: 13:30~15:30
テーマ: カーボンナノチューブの発見
内 容: 13:00開場
13:30開演
今、ナノカーボン材料が基礎科学と産業応用の両分野で注目されている。その中心にあるのがカーボンナノチューブである。その発見には電子顕微鏡が威力を発揮した。その発見の経緯、ナノ材料科学としての面白さ、エレクトロニクスからバイオテクノロジーなど多岐にわたる応用研究の現状について紹介する。
15:00名刺交換会(希望者)
15:30閉演
講 師: 名城大学 大学院理工学研究科 終身教授、日本学士院会員 飯島 澄男氏(いいじま すみお)
会 場: 幸田町民会館
つばきホール
参加費: 無料
定 員: 400名
詳 細: http://2015kmrc.weebly.com/
連絡先: 幸田プレステージレクチャーズ運営事務局(幸田町企画部内)
TEL: 0533-67-6557

7/8 第28回2016年度JFCC研究成果発表会(大阪会場)

詳細を表示

日 付: 2016年7月8日(金) [申込締切]2016年7月1日(金)
時 間: 【ポスター展示】12:00~17:30
【講演会】13:00~15:40
テーマ: 新たな価値を創出する
革新材料開発と先端解析技術
内 容: 【ポスター展示】
12:00~17:30 ポスターセッション 38件
【講演会】
13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~14:00 特別講演『情報統合型物質・材料研究の課題』
14:00~14:50 ショートプレゼンテーション 8件
14:50~15:00 休憩
15:00~15:35 ショートプレゼンテーション 6件
講 師: 【特別講演講師】
国立研究開発法人 物質・材料研究機構
フェロー 寺倉 清之 氏
会 場: 梅田スカイビルタワーウエスト 36F 「スペース36L、36R」
大阪市北区大淀中1丁目1番88号
参加費: 無料(ただし、事前登録が必要となります)
定 員: 200名
詳 細: kenpatsu16@jfcc.or.jp
連絡先: 一般財団法人ファインセラミックスセンター 研究企画部
TEL: 052-871-3500

7/11 情報処理学会東海支部主催2016年度第2回講演会

詳細を表示

日 付: 平成28年7月11日(月)
時 間: 13:00~14:30
テーマ: 「子供たちの未来とIT教育のこれから」
講 師: 原 正幸氏(株式会社プロキッズ 代表取締役)
会 場: 名古屋工業大学 2号館0231講義室
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.ipsj-tokai.jp/jigyou/lecture/
連絡先: 情報処理学会東海支部 事務局 
TEL: TEL:052-231-3564

7/14 第28回2016年度JFCC研究成果発表会(名古屋会場)

詳細を表示

日 付: 2016年7月14日(木) [申込締切]2016年7月7日(木)
時 間: 【ポスター展示】12:00~17:30
【講演会】13:00~15:40
テーマ: 新たな価値を創出する
革新材料開発と先端解析技術
内 容: 【ポスター展示】
12:00~17:30 ポスターセッション 38件
【講演会】
13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~14:00 特別講演『技術革新は材料から』
14:00~14:50 ショートプレゼンテーション 8件
14:50~15:00 休憩
15:00~15:35 ショートプレゼンテーション 6件
講 師: 【特別講演講師】
東京工業大学 大学院理工学研究科
特任教授 坂部 行雄 氏
会 場: 愛知県産業労働センター ウインクあいち 「2F:大ホール」「5F:小ホール」
名古屋市中村区名駅4-4-38
参加費: 無料(ただし、事前登録が必要となります)
定 員: 400名
詳 細: kenpatsu16@jfcc.or.jp
連絡先: 一般財団法人ファインセラミックスセンター 研究企画部
TEL: 052-871-3500

7/21 第8回AITテクノサロン

詳細を表示

日 付: 2016年7月21日(木) [申込締切]2016年7月11日
時 間: 15:00-17:10
テーマ: 建築を取り巻く環境問題と構造安全性
~環境負荷低減への取組み~
内 容: 【総論】
「建築分野が目指す環境負荷低減への取組み」
【環境問題への取組み】
「建築物の騒音・振動に関わるクレーム問題への取組み」
「水質浄化および微量な空気質の環境改善への取組み」
【構造安全性への取組み】
「建築構造用部材の断面開発に関する取組み」
「免震構造を中心とした構造安全性への取組み」
話題提供終了後、同会場にて懇談会(ライトパーティ)を開催いたします。(無料)
講 師: 愛知工業大学工学部建築学科
山田 和夫 教授
佐野 泰之 准教授
瀬古 繁喜 教授
薩川 恵一 教授
鈴木 敏志 講師
会 場: 愛知工業大学 八草キャンパス
総合技術研究所 視聴覚室
参加費: 無料
定 員: 40名
詳 細: http://www.ait.ac.jp/news/detail/0002089.html
連絡先: 愛知工業大学
総合技術研究所
社会連携室
TEL: 0565-48-8121
(内線)1430

7/21 第8回AITテクノサロン

詳細を表示

日 付: 2016年7月21日(木) [申込締切]2016年7月11日
時 間: 15:00-17:10
テーマ: 建築を取り巻く環境問題と構造安全性
~環境負荷低減への取組み~
内 容: 【総論】
「建築分野が目指す環境負荷低減への取組み」
【環境問題への取組み】
「建築物の騒音・振動に関わるクレーム問題への取組み」
「水質浄化および微量な空気質の環境改善への取組み」
【構造安全性への取組み】
「建築構造用部材の断面開発に関する取組み」
「免震構造を中心とした構造安全性への取組み」
話題提供終了後、同会場にて懇談会(ライトパーティ)を開催いたします。(無料)
講 師: 愛知工業大学工学部建築学科
山田 和夫 教授
佐野 泰之 准教授
瀬古 繁喜 教授
薩川 恵一 教授
鈴木 敏志 講師
会 場: 愛知工業大学 八草キャンパス
総合技術研究所 視聴覚室
参加費: 無料
定 員: 40名
詳 細: http://www.ait.ac.jp/news/detail/0002089.html
連絡先: 愛知工業大学
総合技術研究所
社会連携室
TEL: 0565-48-8121
(内線)1430

7/26 研究交流クラブ第177回定例会

詳細を表示

日 付: 平成28年7月26日(火) [申込締切]平成28年7月19日(火)
時 間: 13:30~18:00
テーマ: 平成27年度完了共同研究推進事業成果発表会
内 容: 13:30   開会

13:35~ 基調講演「AlphaGoの衝撃~人工知能の現状と将来の展望~」
      チーム DeepZen 代表 加藤 英樹氏  
                        
14:50~ 成果発表1「カフレス血圧計を用いた常時健康モニタリングシステムの開発」
      愛知県立大学 情報科学部 教授 小栗 宏次氏

15:55~ 成果発表2「製造コストの大幅削減を可能にするエイズ治療薬中間体の革新的合成」
      名古屋工業大学大学院工学研究科 教授 柴田 哲男氏

17:00~ 交流会(ライトパーティー)

18:00   閉会
会 場: 名古屋銀行協会2階1号室
参加費: 参加費無料(会員以外は交流会のみ2,000円)
定 員: 100
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_177.html
連絡先: 業務部 倉田(くらた)
電話:0561976-8325 メール:research@astf.or.jp
TEL: 0561-76-8325