HOME > 事業のご案内 > 情報提供事業 > 当地域のイベント情報(2017年度)

当地域のイベント情報(2017年度)

当地域の科学技術関連団体の年度別イベント情報を表示します。
下記のリストから見たい年度をクリックして下さい。

   2018年度    2017年度    2016年度    2015年度    2014年度

4/14 平成29年度 日本セラミックス協会東海支部特別講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年4月14(金) [申込締切]平成29年3月31(金)
時 間: 15:40~17:00
テーマ:
内 容: 「多孔質セラミックスの省エネルギー材料などへの可能性」
講 師: 東京工業大学 理事・副学長
岡田 清 氏
会 場: 一般財団法人ファインセラミックスセンター
参加費: 講演会参加料:無料
懇親会参加費:4,000円
定 員:
詳 細: http://www.ceramic.or.jp/stokai/H29_tgyoji/H29_20170414taikai/announce.html
連絡先: 〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18
一光大須ビル7階 中部科学技術センター内
公益社団法人 日本セラミックス協会東海支部事務局
担当:犬飼
TEL: 052-231-3070

4/20 「ゼロから作る Deep Learning」
読書会(第2回/全8回)

詳細を表示

日 付: 平成29年4月20日(木) [申込締切]平成29年4月14日(金)
時 間: 13:00~17:00
内 容: • 第2 章(パーセプトロン)の内容読み合わせ,サンプル実行確認(ハンズオン),など
• 次回以降のスケジュールについて
• ライトニングトークス(希望者のある場合)
会 場: 名古屋市工業研究所 電子技術総合センター5階 コンピュータ研修室
参加費: 無料(ただし、教材は持参のこと)
定 員: 20名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/197.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 生産システム研究室 斉藤直希
TEL: 052-654-9949

5/9 ものづくり支援講座(産業用ロボット作業者特別教育)

詳細を表示

日 付: 平成29年5月9日 [申込締切]平成29年4月20日
時 間: 9:10~17:00
テーマ: 産業用ロボット作業者特別教育(5月期)
内 容: ◆5月9日 
・9:10~14:10 学科
産業用ロボットに関する知識
・14:15~16:45
教示等の作業に関する知識
◆5月10日
・9:10~10:40
教示等の作業に関する知識
・10:45~15:45
検査等の作業に関する知識
・15:50~16:50 
労働安全衛生法・施行令等の関連法令 
◆5月11日または12日
・9:30~17:00 
産業用ロボットの操作の方法 
産業用ロボットの教示等の作業の方法 
産業用ロボットの検査等の作業の方法
まとめ及び修了式
講 師: 技術士事務所”ロボティ” 所長 稲垣 荘司氏 はじめ3名
会 場: 【学科教育】名古屋市工業研究所 管理棟 会議室           【実技教育】パナソニック㈱中部FAテクニカルセンター
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)34,340円         一般 39,740円
定 員: 25名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_robot_5.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

5/11 産学官連携によるICT イノベーション創出支援セミナー

詳細を表示

日 付: 平成29年5月11日(木)
時 間:
14:00~16:50
テーマ: 産学官連携の取り組みを通じてイノベーション創出に繋げる
内 容: 14:10 ICT イノベーション創出チャレンジプログラム( I-Challenge! ) 公募説明
15:00 国立大学法人 岐阜大学のシーズ紹介
(1) 知的生産システムの研究シーズ紹介
(2) 機械学習(AI)応用の研究シーズ紹介
16:00 ソフトピアジャパンの「IT ものづくり等推進支援事業」について
講 師: 総務省情報通信国際戦略局技術政策課、株式会社野村総合研究所
機械工学科 知能機械コース 山本秀彦 教授
電気電子・情報工学科 情報コース 兼  知能科学研究センター 副センター長 加藤邦人 准教授
公益財団法人ソフトピアジャパン産学官連携イノベーション創出支援室 太田秀昭
会 場: (公財)ソフトピアジャパン 10階 中会議室1
参加費: 無料
定 員: 40名
詳 細: https://www.softopia.or.jp/public/event/sangaku20170511/
連絡先: (公財)ソフトピアジャパン事務局 産学官連携イノベーション創出支援室
TEL: 0584-77-1188 

5/26 情報処理学会東海支部主催2017年度第1回講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年5月26日(金)
時 間: 16:10~17:40
テーマ: 人工知能の最前線とDeepZenGo
講 師: 加藤 英樹氏(チーム DeepZen 代表)
会 場: ルブラ王山
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.ipsj-tokai.jp/jigyou/lecture/
連絡先: 情報処理学会東海支部 事務局 
TEL: 052-231-3564

5/30 ものづくり支援講座(現場管理者の生産管理研修(トヨタ生産方式)

詳細を表示

日 付: 平成29年5月30日 [申込締切]平成29年5月16日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 現場管理者の生産管理研修(トヨタ生産方式)
内 容: ◆5月30日
第1章 トヨタ生産方式の基本思想
第2章 トヨタ生産方式の進め方(講義とシミュレーション演習)
◆6月6日
第2章 トヨタ生産方式の進め方(講義とシミュレーション演習)
◆6月13日
第3章標準作業の進め方(講義とシミュレーション演習)
◆6月20日
工業見学・企業内指導(バスで移動、昼食付き)
◆6月27日
第3章
標準作業の進め方(講義とシミュレーション演習)
第4章
物と情報の流れ図
第5章
まとめ
講 師: 3Cテクノ コンサルタント 太田 昭夫氏、㈱ステージ 林 邦夫氏
会 場: 名古屋工業研究所 管理棟 会議室
【工場見学】
トヨタ自動車㈱
トヨタグループ企業等
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)50,760円         一般 58,320円
定 員: 20名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_toyota.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

6/1 名古屋工業大学研究協力会 特別講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年6月1日(木) [申込締切]平成29年5月26日(金)
時 間: 16:30~17:50
テーマ: ロボットの未来と人づくり
内 容: 16:30~17:50 講演会
講 師: 富士機械製造株式会社 代表取締役社長 曽我信之 氏
会 場: 名古屋工業大学 4号館ホール(1階)
参加費: 無料
定 員: 180名
詳 細: http://partner.ccr.nitech.ac.jp/?p=5850
連絡先: 名古屋工業大学研究協力会事務局
TEL: 052-735-5538

6/2 第40回名古屋駅前イノベーションハブ技術シーズ発表会

詳細を表示

日 付: 平成29年6月2日(金) [申込締切]平成29年5月30日
時 間: 15:00~17:30
テーマ: 省エネルギー関連技術 ~エネルギー利用の高度化に向けて~
内 容: 15:00 開会
15:00-15:40 「エジェクタを用いた燃料ガス再循環型SOFCを例にした省エネ技術についての紹介」
15:40-16:20 「界面活性剤を用いた流れの抵抗低減」
16:20-17:00 「光や熱を制御することで室内環境の快適性を維持しつつ省エネに貢献するスマートウィンドウ」
17:00 閉会
17:00-17:30 名刺交換および個別相談
講 師: 産業技術総合研究所 省エネルギー研究部門 熱利用グループ 研究員 馬場宗明氏
名古屋工業大学大学院 電気・機械工学専攻 機械工学分野 准教授 玉野真司氏
産業技術総合研究所 構造材料研究部門
光熱制御材料グループ グループ長 山田保誠
会 場: 名古屋駅前イノベーションハブ
参加費: 無料
定 員: 30名
詳 細: http://www.ekimae-innova.jp/event/event20170602.pdf
連絡先: 産業技術総合研究所中部センター 産学官連携推進室 都築
TEL: 052-583-6454

6/7 平成29年度第1回明日のビジネスに活かすロボット技術を学ぶ研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年6月7日(水) [申込締切]平成29年7月14日(金)
時 間: 13:30~17:00
内 容: 13:30 ~ 13:35 主催者挨拶等
13:35 ~ 13:50 「 ロボット産業拠点の形成を目指す愛知県の取組 」
          講師:愛知県産業労働部 産業振興課 次世代産業室
              次世代産業第二グループ  主任主査    都筑 秀典  氏
13:50 ~ 14:50 名城大学 理工学部 研究室見学(辰野 研究室/市川 研究室/大原 研究室)
14:50 ~ 15:00 休憩
15:00 ~ 16:00 「 自動搬送システムとメカトロ二クス要素技術 」
          講師:名城大学 理工学部 メカトロニクス工学科  芦澤 怜史  助教
    工場内で利用される自動搬送システムの無軌道化を実現するためのシステムアーキテク
   チャや、高信頼性に走行するためのシステム設計とそれを構成する要素技術について事例を
   交えて紹介します。また、メカトロ二クス要素技術として工場で利用可能な真空吸着の原理
   を利用した汎用性の高い吸着パッドの研究開発について紹介します。
16:00 ~ 17:00 「 ティーチング不要なロボットの展開に向けて 」
          講師:富士機械製造株式会社 開発センター SWプロジェクト
                プロジェクトリーダー             藤田 政利  氏
    ロボットによる自動化を進めるにあたり、ティーチング作業の煩わしさが問題となって
   いる状況を踏まえ、既存事業の実装ロボット開発の技術を活かし、カメラシステムを搭載
   した生産立上げや多品種生産が簡単な新しい多関節ロボットの技術を紹介します。
17:00 ~ 18:00 希望者のみ、併設のラウンジにて交流会

タワー75
地下鉄「鶴舞線」塩釜口駅①出口を出て右(八事方面)へ徒歩
5分で大学正門(郵便局の手前を右)です。
ここを入ってまっすぐ進むと右手にタワー75が見えます。
会 場: 名城大学 天白キャンパスタワー75 15階レセプションホール
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方及び愛知工研会員の方は3,000円)

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k101.html

6/8 名古屋テキスタイル研究会 平成29年度第1回研究会(講演会)

詳細を表示

日 付: 平成29年6月8日(木) [申込締切]平成29年6月1日(木)
時 間: 14:00~16:40
内 容: 1.「日本の近代化と戦後復興における繊維産業の足跡 ~生糸、綿紡績そしてレーヨンから合成繊維へ~」
(一社)日本繊維技術士センター 永安 直人 氏
2.「インクジェットは従来捺染を救うか?」
 アドバンスド コンサルティング パートナーズ 伊藤 高廣 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料(会員外資料代2,000円)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/204.pdf
連絡先: 1.東海染工株式会社 名古屋事業所 豊岡弘行
2.名古屋市工業研究所 材料技術部 有機材料研究室 大岡千洋
TEL: 1.052-501-5251
2.052-654-9885

6/9 「自動車のマルチマテリアル化と接合技術」に関する講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年6月9日(金) [申込締切]平成29年6月2日(金)
時 間: 13:30~15:00
内 容: 自動車ボディのマルチマテリアル化と、同材・異材接合技術の動向
講 師: 株式会社神戸製鋼所 技術開発本部 自動車ソリューションセンター マルチマテリアル接合研究室 室長 鈴木 励一 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟4階 第2会議室
参加費: 無料(中部溶接振興会・(一社)愛知県溶接協会会員外資料代2,000円)
定 員: 80名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/200.pdf
連絡先: 中部溶接振興会 事務局
TEL: 052-654-1633

6/12 ものづくりデザインプラットフォーム講演会 「ものづくり企業向け!カラーユニバーサルデザインがもたらす可能性」

詳細を表示

日 付: 平成29年6月12日(月)
時 間: 13:30~16:25
内 容: 1.「カラーユニバーサルデザインのススメ」
 NPO法人 カラーユニバーサルデザイン機構 CUDコンサルタント 渡辺 俊介 氏
2.「PCナースコールにおけるCUD化の取り組み」
 アイホン(株) 商品企画室デザイン課 安達 勝一 氏
3.「CUD、高齢者視覚への取り組み」
 アロン化成(株) ものづくりセンター グラフィックデザイングループ 村井 直樹 氏
4.「愛知からすすめるカラーユニバーサルデザイン」
 非営利団体 人にやさしい色づかいをすすめる会 代表 富永 さかえ 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/201.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 システム技術部 電子技術研究室 岩間由希
TEL: 052-654-9951

6/13 中小企業技術者研修「電子回路技術」研修

詳細を表示

日 付: 平成29年6月13日~10月10日 [申込締切]平成29年5月30日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 「電子回路技術」研修
内 容: 電子素子の仕組みを理解した後、アナログとデジタルの基礎回路を作製する実習中心の研修
講 師: 名古屋市工業研究所 電子技術研究室 竹内満氏はじめ13名
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 59,400円
定 員: 20名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_denshi.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

6/14 ロボット実用化のための『リスクアセスメント講座』を開催します!

詳細を表示

日 付: 平成29年6月14日(水) [申込締切]平成29年6月7日(水)
会 場: あいち産業科学技術総合センター3階 会議室
詳 細: http://www.astf-kha.jp/project/event/2017/05/2013-2.html

6/14 中小企業技術者研修「メカトロ技術」研修

詳細を表示

日 付: 平成29年6月14日~10月11日 [申込締切]平成29年5月31日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 「メカトロ技術」研修
内 容: 制御技術概論、センサ、アクチュエータ、電子回路等の講義及び実習
講 師: 名古屋市工業研究所 計測技術研究室 奥村陽三氏はじめ16名
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 57,240円
定 員: 20名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_mechatro.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

6/15 電子情報通信学会東海支部一般講演会

詳細を表示

日 付: 2017/6/15 [申込締切]6/15
時 間: 16:50-17:40
テーマ: 理系を志す中学生に伝えたい直流kQ理論
講 師: 大平 孝(豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 電気・電子情報工学専攻 教授)
会 場: キャッスルプラザ 梓の間
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.ieice.org/tokai/general/general-lecture/
連絡先: shibu@tokai.ieice.org
TEL: 052-262-4947

6/17 平成29年度「あいち環境塾」

詳細を表示

日 付: 6月17日(土)~11月18日(土)まで間の12日間 [申込締切]平成29年5月17日(水)
内 容: 愛知県は、(公財)名古屋産業科学研究所と共同で、平成29年6月から11月まで「あいち環境塾」を開催します。
環境に関連する講義の他、講師との意見交換やディスカッションを行い、環境に関する政策やビジネスモデルを提言します。
チーム活動を通して、塾生同士やチューター(大学の研究者を中心とした塾生の相談役)などとの交流も深まり、お互いの視野を広げていくことができます。

■開講期間 平成29年6月17日(土)~11月18日(土)までの間の12日間

■参加資格 愛知県内の企業、団体、大学、行政機関等に所属されている方などで、概ね60歳くらいまでの方(原則、全12日間参加できる方) 
会 場: ウィルあいち
参加費: 5万円(消費税込)
定 員: 20名
詳 細: http://www.nisri.jp/chc/gathering.html
連絡先: (公財)名古屋産業科学研究所 中部ハイテクセンター(CHC)
電話 052-223-6639 FAX 052-211-6224

6/22 中小企業技術者研修「設計技術」研修

詳細を表示

日 付: 平成29年6月22日~10月26日 [申込締切]平成29年6月8日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 「設計技術」研修
内 容: 機械の設計・開発に必須の材料力学、機械要素、構造解析、油・空圧、材料等の講義と実習
講 師: 橋本技術士事務所所長 橋本宗到氏はじめ25名
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 59,400円
定 員: 40名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_design-tech.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

6/22 最新の工作機械の工場見学および研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年6月22日(木) [申込締切]平成29年6月12日(月)
時 間: 13:50~17:00
内 容: 1.会社紹介
2.技術講習会
「最新の工作機械と加工技術について」<営業技術部>
「新工場に盛り込まれた新システム」 <生産技術部>
3.見学会
 実機による加工デモおよび工場見学
会 場: オークマ(株) 本社 グローバルCSセンター
参加費: 無料
定 員: 70名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/205.pdf
連絡先: 中部生産加工技術振興会 事務局
TEL: 052-654-9861

6/27 (公財)名古屋産業科学研究所 第32回産業科学フォーラム

詳細を表示

日 付: 平成29年6月27日(火) [申込締切]2017/06/26
時 間: 14:00~15:20
テーマ: 材料の疲労破壊の防止
-疲労損傷の機構と力学法則
内 容: 14:00~14:05 主催者挨拶
14:05~15:20 特別講演:
講 師: (公財)名古屋産業科学研究所 上席研究員 田中 啓介
会 場: 名古屋大学
VBL棟4階セミナー室
参加費: 無料
定 員: 20名
詳 細: http://www.nisri.jp/imgdb/webman_topics_dor/10-1.pdf?1497594703
連絡先: (公財)名古屋産業科学研究所 研究部 林
TEL: 052-781-1883

6/29 第54回東海若手セラミスト懇話会 2017年 夏季セミナー

詳細を表示

日 付: 2017年6月29日(木)~6月30日(金) [申込締切]2017年5月12日(金)
時 間: 初日13:00~最終日12:00
内 容: 6月29日(木)
13:00 受付開始
13:25~13:30 開会挨拶 運営委員代表
13:30~14:30 招待講演 I「ヨウ素処理での高機能性炭素材料の作製(仮)」
14:30~15:00 ショートプレゼン1
15:00~15:20 休憩
15:20~16:00 学位論文紹介
16:00~16:30 ショートプレゼン2
18:00~19:30 夕食・意見交換会
20:30~22:30 テーブルディスカッション
6月30日(金)
7:00~ 8:30 朝食
9:00~10:00 招待講演Ⅱ「希土類および遷移金属イオンの蛍光とホスト物質との関係(仮)」
10:00~10:10 休憩
10:10~11:10 招待講演Ⅲ「セルロースナノファイバーの基本特性」
11:10~11:20 休憩
11:20~11:50 海外報告
11:50~ 表彰/閉会
講 師: 招待講演 I :福島大学 中村 和正 氏
招待講演 II:鈴鹿工業高等専門学校 和田 憲幸 氏
招待講演 III:東京大学 齋藤 継之 氏
学位論文紹介:名古屋工業大学 Hadi Razavi 氏
海外報告:名古屋工業大学 白井 孝 氏
会 場: 浜名湖ロイヤルホテル
参加費: 一般:20,000円 学生:10,000円(当日受付にてお支払いください)
定 員: 120名
詳 細: http://www.atyc.org/2017summer/
連絡先: FDK㈱ 技術開発統括部 三谷明洋
TEL: 053-575-2561

6/30 豊橋技術科学大学
社会人向け実践教育プログラム
「半導体プロセス技術の基礎講習とプロセス実演」

詳細を表示

日 付: 平成29年6月30日(金) [申込締切]平成29年6月30日
時 間: 13:00~17:00
テーマ: 「半導体プロセス技術の基礎講習とプロセス実演」
内 容: 半導体プロセス技術・製造装置の基礎講習を行ったあとに,クリーンルーム内に入り,装置を稼働させた実演を行います。
実演例)フォトリソグラフィ工程実演(露光,現像,パターン確認)
,パッケージ工程実演(ボンディング,電気測定)
講 師: 本学技術支援室 飛沢専門職員 他
会 場: 豊橋技術科学大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL)
参加費: 1万円(税込み)/名
定 員: 10名程度
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/event/detail.php?y=2017&m=6&d=30#820
連絡先: 社会連携推進センター(研究支援課 社会連携支援室)
大場
TEL: 0532-81-5188

7/5 中小企業技術者研修「新・表面機能化技術」研修

詳細を表示

日 付: 平成29年7月5日~10月18日 [申込締切]平成29年6月21日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 「新・表面機能化技術」研修
内 容: めっきを中心とした表面の高機能化及び関連技術の講義と実習。並びに最新の技術動向
講 師: 名古屋市工業研究所 金属・表面技術研究室 加藤雅章氏はじめ23名
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 59,400円
定 員: 20名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_hyomen.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

7/6 陶&くらしのデザイン展

詳細を表示

日 付: 平成29年7月6日( 木) ~ 7月10日( 月)
時 間: 10:00~18:00(最終日は16:00まで)
テーマ: 公設研究機関のデザイン研究における成果の紹介
内 容: 10:00~18:00随時
講 師: 11機関からの出品
会 場: 「瀬戸蔵」 4F 多目的ホール〒489-0813 瀬戸市蔵所町1-1
参加費: 無料
定 員: なし
詳 細: http://www.aist.go.jp/chubu/ja/news/itemid2145-003529.html
連絡先: 産業技術総合研究所陶&くらしのデザインコンソーシアム事務局
TEL: 052-736-7370

7/6 研究交流クラブ第182回定例会

詳細を表示

日 付: 平成29年7月6日(木) [申込締切]平成29年6月15日(木)
時 間: 8:50~16:30
テーマ: 地層科学研究施設と耐火物工場
内 容:  8:50    出発
10:00~11:40 「国立研究開発法人日本原子力研究開発機構
          東濃地科学センター 瑞浪超深地層研究所」
11:40~13:30 移動(途中で昼食)
13:30~15:30 「株式会社TYK」
16:30    名鉄バスセンター着、解散
会 場: 日本原子力研究開発機構 東濃地科学センター、株式会
参加費: 参加費無料
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_182.html

7/7 第13回幸田プレステージレクチャーズ ~ものづくり日本 講演会~

詳細を表示

日 付: 平成29年7月7月(金) [申込締切]平成29年7月6日(木)
時 間: 13:30~15:30
テーマ: AI・機械学習により何が変わろうとしているのか
内 容: 13:00開場
13:30開演
ITを取り巻く様々な環境が変わり、また高度化していく中で製品・サービスの開発手法、活用方法が大きく変わろうとしています。
AI・機械学習を牽引している要素、今の最新状況、そして今後の展望について事例を交えつつ紹介します。
15:00閉演
講 師: 日本マイクロソフト株式会社
技術統括室、業務執行役員、ナショナルテクノロジーオフィサー
田丸 健三郎 氏
会 場: 幸田町民会館
つばきホール
参加費: 無料
定 員: 400名
詳 細: http://2015kmrc.weebly.com/
連絡先: 幸田プレステージレクチャーズ運営事務局(幸田町企画部内)
TEL: 0533-67-6557

7/7 第29回 2017年度 JFCC 研究成果発表会 【東京】

詳細を表示

日 付: 7月7日
時 間: 13:00~17:30
テーマ: 科学技術イノベーションを推進する革新材料開発と先端解析技術
内 容: 13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~14:00 特別講演
         「先端X線回折が拓く手戻りのない機能性材料開発」
京都大学大学院工学研究科 教授 松原 英一郎 氏
14:00~14:40 ショートプレゼンテーションⅠ
 コーティング(14:00~)
 パワーデバイス材料(14:30~)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:40 ショートプレゼンテーションⅡ
 計算科学(14:50~)
 電池材料解析(15:05~)
 環境材料(15:20~)
 プロセス/材料開発(15:30~)
15:40~17:30 ポスターセッション
会 場: 東京大学「武田ホール」
参加費: 無料
(要 事前申込み)
定 員: 250名
詳 細: http://www.jfcc.or.jp/26_event/#17seika
連絡先: 一般財団法人 ファインセラミックスセンター
研究企画部
TEL: 052-871-3500

7/7 名古屋市工業研究所80周年記念講演 第1回講演会「中部地域の産業と技術の展望」

詳細を表示

日 付: 平成29年7月7日(金)
時 間: 13:30~16:45
内 容: 1.「工業研究所の紹介と歩み」
 名古屋市工業研究所 所長 淺尾 文博
2.「中部経済の現状と20年後の展望」
 中京大学 経済学部 客員教授 内田 俊宏 氏
3.「ものづくりの未来の姿とスマート化への取組み」
 中部経済産業局 地域経済部 次世代産業課長 中島 真一郎 氏
4.「市場創造と人材育成」
 エイベックス(株) 代表取締役社長 加藤 丈典 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料
定 員: 300名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/206.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 支援総括室
TEL: 052-654-9900

7/10 情報処理学会東海支部主催2017年度第2回講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年7月10日(月)
時 間: 13:30~17:30
テーマ: 情報処理が加速する自動運転技術開発の最前線
講 師: 菅沼直樹 氏(金沢大学)
室河 徹 氏(エヌビディア合同会社)
櫻田 健 氏(名古屋大学)
会 場: 名古屋大学 ベンチャービジネスラボラトリー
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.ipsj-tokai.jp/jigyou/lecture/
連絡先: 情報処理学会東海支部 事務局 
TEL: 052-231-3564

7/11 社会人キャリアアップ連携協議会人材育成講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年7月11日(火) [申込締切]平成29年7月10日(月)
時 間: 15:00-17:00
テーマ: 「生涯活躍・健康長寿の実現に向けて
~来る超高齢化社会への備えとして~」
内 容: 【講演Ⅰ】「豊橋市の取組み~健康とよはし推進計画(第2次)~」 【講演Ⅱ】「社会人向け実践的体調管理プログラム サクセスフル・エイジングをむかえるために~運動と食事を中心として~」
講 師: 【講演Ⅰ】豊橋市健康政策課 保健師
小川由理 氏
【講演Ⅱ】豊橋創造大学
保健医療学部理学療法科 学科長・教授
清水和彦 氏
会 場: 豊橋市民センター
(カリオンビル6F
多目的ホール)
参加費: 無料
定 員: 99名
詳 細: http://www.careerup.sharen.tut.ac.jp/news/2017/411.html
連絡先: 社会人キャリアアップ連携協議会 事務局
TEL: 0532-44-1111

7/11 音響・振動技術講演会「自動車における遮音・吸音・制振技術」

詳細を表示

日 付: 平成29年7月11日(火) [申込締切]平成29年7月4日(火)
時 間: 13:40~16:50
内 容: 1.「自動車の車内騒音評価技術と遮音・吸音技術の適応方法」
 愛知工業大学 工学部 機械学科 谷本隆一 特任教授
2.「制振性能評価のための損失係数測定技術」
 名古屋市工業研究所 システム技術部 計測技術研究室 山田 博行
3.「設備見学」
 損失係数測定装置、垂直入射吸音率測定装置、簡易無響室、振動試験機
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料
定 員: 60名(見学者は先着順に40名程度)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/203.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 システム技術部 計測技術研究室 山田博行
TEL: 052-654-9970

7/14 第29回 2017年度 JFCC 研究成果発表会 【名古屋】

詳細を表示

日 付: 7月14日
時 間: 13:00~17:30
テーマ: 科学技術イノベーションを推進する革新材料開発と先端解析技術
内 容: 13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~14:00 特別講演
         「イオン導電体の物質設計と蓄電デバイスへの展開」
東京工業大学大学院総合理工学研究科 教授 菅野 了次 氏
14:00~14:40 ショートプレゼンテーションⅠ
 コーティング(14:00~)
 パワーデバイス材料(14:30~)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:40 ショートプレゼンテーションⅡ
 計算科学(14:50~)
 電池材料解析(15:05~)
 環境材料(15:20~)
 プロセス/材料開発(15:30~)
15:40~17:30 ポスターセッション
会 場: 愛知県産業労働センター「ウインクあいち」
参加費: 無料
(要 事前申込み)
定 員: 400名
詳 細: http://www.jfcc.or.jp/26_event/#17seika
連絡先: 一般財団法人 ファインセラミックスセンター
研究企画部
TEL: 052-871-3500

7/18 第134回講習会

詳細を表示

日 付: 平成29年07月18日(火) [申込締切]平成29年07月04日(火)
時 間: 10:00~16:15
テーマ: 「科学英語の書き方とプレゼンテーション」
内 容: 10:00~11:30 科学英語と技術論文(講演英語/質疑英語) 
         ペトロス・アブラハ (名城大学教授)
11:30~12:40 昼休み
12:40~14:10 データから見る技術英語の語彙・語句と文法(講演質疑とも日本語)
         小山由紀江 (名古屋工業大学名誉教授)
14:10~14:30 休憩
14:30~16:15 英語によるプレゼンテーション(講演英語/質疑日本語可)
         エドワード・ヘイグ (名古屋大学教授)
講 師: 名城大学 教授 ペトロス・アブラハ
名古屋工業大学 名誉教授 小山 由紀江
名古屋大学 教授 エドワード・ヘイグ
会 場: 名古屋大学シンポジオンホール(名古屋市千種区不老町)
参加費: 〈教材費込み〉会員7000円(学生員3000円) ,会員外14000円(一般学生6000円)
〈教材費なし〉会員5000円(学生員1000円) ,会員外12000円(一般学生4000円)
参加費は7月7日(火)までに着金するようご送金下さい.当日支払いの場合は上記の各金額に1000円が加算されます.
定 員: 100名
詳 細: http://tokai2.jsme.or.jp/PaperMgr.cgi?Cmd=ActiveMeetingInfo&iTargetMID=0076
連絡先: 日本機械学会東海支部
TEL: 052-789-4494

7/19 平成29年度第2回明日のビジネスに活かすロボット技術を学ぶ研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年7月19日(水) [申込締切]平成29年7月14日(金)
時 間: 13:30~16:50
内 容: 13:30 ~ 13:35 主催者挨拶等

13:35 ~ 14:35 「 知能的な住宅実現を目指して 」
           講師:名城大学 理工学部 メカトロニクス工学科 准教授 大原 賢一 氏

   住環境においてロボットが知的なサービスを実現するためには、ロボット自身の知能の高
  度化だけではなく、ロボットが作業しやすい環境の整備も重要となります。
   ロボットの作業支援を目的に行ってきた作業空間の知能化にはじまり、発展してきた空間
  自体のロボット化に関する研究を概説するとともに、最新の研究事例について紹介します。

14:50 ~ 15:50 「 IoT社会実現に向けた住宅産業の動向 」
           講師:株式会社ミサワホーム総合研究所
               フューチャーセンター市場企画室 主任研究員 西尾 英樹 氏

   住宅をロボット化した「connected home」の世界観について実例を交えて紹介します。ま
  た、IoTを普及させるため、日本の住宅業界、建材業界は、家電業界や他の産業との協業に
  よる「住宅の機能安全」について、日本発の国際標準規格化を目指しています。それを踏ま
  え、IoTを活用した住宅の社会実装に向けてのロードマップについて展望します。

15:50 ~ 16:50 「下肢麻痺者用の歩行補助ロボット‘WPAL‘の開発」
          講師:アスカ株式会社 参与 開発本部  武満 知彦 氏

   WPAL(Wearable Power-Assist Locomotor:ウーパル)は、脊髄損傷などにより両下肢
  が完全に麻痺し、歩行が出来ない人のための装着型歩行補助ロボットで、2005年より藤田保
  健衛生大学と開発を始め、実証試験を重ね、2013年より臨床研究用として病院向けに販売を
  開始しています。今回は、このWPALの研究開発の内容等に関して紹介します。

17:00 ~ 18:00 希望者のみ、併設のラウンジにて交流会
会 場: 名城大学 天白キャンパス
参加費: 全3回 5,000円/人(研究交流クラブ会員の方は3,000円/人)

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k101.html

7/20 学振第175委員会 第14回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム

詳細を表示

日 付: 平成29年7月20日(木)~7月21日(金) [申込締切]講演希望:5/31(水), 参加登録・参加費振込:6/30(金)
時 間: 7/20(木)10:00~17:30, 7/21日(金)9:30~16:30(予定)
テーマ: 未来に向けた太陽光発電の新たな価値創出へ
内 容: 【基調講演】
「(仮)愛知県の新エネルギー政策」 愛知県 産業労働部 大野 博
「(仮)トヨタの未来社会ビジョン」 トヨタ自動車(株)未来創生センター 佐藤 彰倫
「(仮)名古屋大学の産学連携に関する多様な取り組みについて」 名古屋大学 財満 鎭明
【招待講演】
「(仮)世界最高効率結晶シリコン太陽電池」 (株)カネカ 山本 憲治
「(仮)ペロブスカイト太陽電池の最新動向」 桐蔭横浜大学 宮坂 力
【基礎講座】
「(仮)変換効率測定技術の基礎 ~新材料・新構造太陽電池を中心に~」 産総研 菱川 善博
【パネルディスカッション】
~テーマ 太陽電池関連企業の若手研究者によるパネルディスカッション~
モデレータ 京都大学 若宮 淳志
【一般講演】
広く一般講演(口頭発表・ポスター発表)を募集しております。
(〆切 平成29年5月31日(水))
【意見交換会】
参加費4000円
会 場: 名古屋大学東山キャンパス 豊田講堂
参加費: シンポジウム参加費
 Early bird registration(平成29年6月30日まで)
  第175委員会登録委員:7,000円
  学生:3,000円
  その他・一般:12,000円
 General & On-site registration(平成29年7月1日以降)
  第175委員会登録委員:10,000円
  学生:5,000円
  その他・一般:15,000円
※意見交換会参加費は別途 4,000円
定 員: 500名
詳 細: http://www.gakushin175.org/registration.html
連絡先: 第14回「次世代の太陽光発電システム」シンポジウム 事務局
TEL: 052-789-4516
TEL: 052-789-4516

7/20 第1回知的財産経営サロン

詳細を表示

日 付: 2017/7/20 [申込締切]2017/7/14
時 間: 17:00~20:00
テーマ: ・開講式・キックオフセミナー
・異業種交流会
内 容: 知的財産に関して幅広く気軽に意見交換頂ける異業種交流会を開催します
講 師: 日本弁理士会東海支部所属弁理士等
会 場: 名古屋商工会議所5階 会議室(異業種交流会は2階 名商グリル)
参加費: 第一回のみ3,000円(飲食代含む)
定 員: 60名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/salon2017.html
連絡先: 愛知県 産業労働部 産業科学技術課 研究開発支援グループ
TEL: 052-954-6370

7/21 第29回 2017年度 JFCC 研究成果発表会 【大阪】

詳細を表示

日 付: 7月21日
時 間: 13:00~17:30
テーマ: 科学技術イノベーションを推進する革新材料開発と先端解析技術
内 容: 13:00~13:05 主催者挨拶
13:05~14:00 特別講演
         「超高精細3Dプリンティングによるセラミックス微小構造体の創製と応用」
横浜国立大学大学院工学研究院 教授 丸尾 昭二 氏
14:00~14:40 ショートプレゼンテーションⅠ
 コーティング(14:00~)
 パワーデバイス材料(14:30~)
14:40~14:50 休憩
14:50~15:40 ショートプレゼンテーションⅡ
 計算科学(14:50~)
 電池材料解析(15:05~)
 環境材料(15:20~)
 プロセス/材料開発(15:30~)
15:40~17:30 ポスターセッション
会 場: 梅田スカイビル「スペース36L及びR」
参加費: 無料
(要 事前申込み)
定 員: 200名
詳 細: http://www.jfcc.or.jp/26_event/#17seika
連絡先: 一般財団法人 ファインセラミックスセンター
研究企画部
TEL: 052-871-3500

7/21 第9回AITテクノサロン

詳細を表示

日 付: 平成29年7月21日(金) [申込締切]平成29年7月10日(月)
時 間: 15時~18時
テーマ: 情報科学とAI
内 容: 「コンピュータ囲碁の最前線」
「自然言語処理と情報検索」
「人工知能とROBOCUP」
講 師: 伊藤  雅 教授、鈴木  晋 教授、伊藤 暢浩 教授
会 場: 愛知工業大学 八草キャンパス 総合技術研究所 視聴覚室
参加費: 無料
定 員: 80名
詳 細: http://www.ait.ac.jp/news/detail/0002611.html
連絡先: 愛知工業大学 総合技術研究所 社会連携室
TEL: 0565-48-8121(内線)1430

7/24 愛知県庁移動式水素ステーション定期見学会平成29年度第1回

詳細を表示

日 付: 平成29年7月24日(月) [申込締切]平成29年7月14日(金)
時 間: 10:30~11:30
内 容: 移動式水素ステーションの見学
会 場: 愛知県庁水素社会普及啓発ゾーン
参加費: 無料
定 員: 20名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/29zonekengaku1
連絡先: 愛知県産業労働部産業科学技術課新エネルギー産業グループ
TEL: 052-954-6350

7/24 豊橋技術科学大学 
社会人向け実践教育プログラム
「集積回路技術講習会」

詳細を表示

日 付: 平成29年7月24日(月)~28日(金) [申込締切]平成29年7月7日(金)
時 間: 9:00-19:00
テーマ: 「n-MOS集積回路の製作と集積回路設計の基礎」-各自のSiウエハでICの作製と計測・評価を行う-
内 容:  
講 師: 本学電気・電子情報工学系:
澤田教授 若原教授
会 場: 豊橋技術科学大学VBL
参加費: 25万円
(税込)
定 員: 10名
詳 細: http://www.int.ee.tut.ac.jp/ic/index.html
連絡先: 研究支援課 
社会連携支援室
TEL: 0532-81-5188

7/26 集まれ中・高校生!
サイエンス実践塾

詳細を表示

日 付: 第1回:平成29年7月26日(水)
第2回:平成29年8月3日(木) [申込締切]平成29年7月18日(火)
時 間: 各回とも
13:30~17:00
テーマ: 第1回:「せんいのひみつ」~繊維と地球環境のかかわり~
第2回:ミクロ・ナノの世界~ミクロをもっと身近に~
内 容: 第1回
 13:30~15:30 「せんいのひみつ」実験 協力:東レ㈱岡崎工場
 15:30~16:30 センターの説明・研究施設の見学
 16:30~17:30 交流会
第2回
 13:30~14:30 センターの説明・研究施設の見学
 14:30~16:30 電子顕微鏡による観察実験 協力:㈱日立ハイテクノロジーズ
 16:30~17:00 交流会
講 師: 第1回:センター職員、東レ㈱岡崎工場の技術スタッフ
第2回:センター職員、㈱日立ハイテクノロジーズの技術スタッフ
会 場: 第1回:あいち産業科学技術総合センター三河繊維技術センター
第2回:あいち産業科学技術総合センター本部
参加費: 無料
定 員: 各回20名ずつ
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/science-practice.html
連絡先: 愛知県産業労働部 
産業科学技術課 
科学技術グループ
西
TEL: 052-954-6351

7/28 <あいち発明の夏2017>
「愛知の発明の日」記念講演会

詳細を表示

日 付: 2017/7/28 [申込締切]2017/7/7(金)午後5時必着
時 間: 12:45~14:30
内 容: ○特別講演「ものづくり、ひとづくり」
○講演「第4次産業革命で製造業が遭遇する大変革-その処方箋としての新たな知的財産戦略とビジネスモデル構築について-」
講 師: トヨタ自動車(株)名誉会長 豊田章一郎氏
 東京大学 政策ビジョン研究センター教授
 (一社)日本知財学会 会長 渡部俊也氏
会 場: ポートメッセなごや交流センター3階会議ホール
参加費: 無料
定 員: 300
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/hatsumei-seminar2017.html
連絡先: 愛知県産業労働部産業科学技術課研究開発支援グループ
TEL: 052-954-6370

8/1 技術講演会「金属3Dプリンタの新展開」の参加者を募集します-高性能金型の開発や造形体の微視組織の観察など、最新動向を紹介-

詳細を表示

日 付: 平成29年8月1日(火) [申込締切]平成29年7月28日(金)
時 間: 13:30~16:45(受付開始13:00)
内 容: 講演1 (13:35~14:50)
「金属3Dプリンタによる金型製作の現状と課題」
金沢大学 理工研究域 機械工学系
教授 古本 達明氏(ふるもと たつあき)

講演2 (15:00~16:15)
「金属粉末積層造形に伴う微視組織形成の理解とその鉄鋼材料への応用」
名古屋大学大学院 工学研究科 物質プロセス工学専攻
准教授 高田 尚記氏(たかた なおき)

 あいち産業科学技術総合センター本部の「産業デザイントライアルコア」では、
この度、金属3Dプリンタの活用に関する技術講演会を開催します。
 現在、金属3Dプリンタを用いた製品開発が進んでおり、当地域の製造業においても、
その活用が重要な課題となっています。
 本講演会では、金属3Dプリンタによる高性能金型の開発や、造形体の細かな組織の観察など、
最新の研究開発動向を紹介します。
 参加費は無料です。金属積層造形技術にご関心のある方を始め、多くの皆様のご来場をお待ちしております。
講 師: 金沢大学 古本 達明氏  名古屋大学大学院 高田 尚記氏
会 場: あいち産業科学技術総合センター1階 講習会室
参加費: 無料
定 員: 120名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/acist/h290710-3dprinter.html

8/3 平成29年度 リソグラフィ・微細加工 実習・講習会

詳細を表示

日 付: 平成29年8月3日(木) 、8月4日(金) [申込締切]平成29年7月14日(金)
時 間: 平成29年8月3日(木) 13:15-17:30、8月4日(金) 9:00-17:30
テーマ:
内 容: 1日目:講義2件、実習、2日目:実習
講 師:
会 場: 豊田工業大学
参加費: 企業 4万円/人
       大学・公的機関 1万円/人(学生の聴講のみ参加は無料)
定 員: 10
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/kenkyu/nanoplatform/index.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 安田
TEL: 052-809-1723

8/5 産業技術総合研究所中部センター一般公開(なごや・サイエンス・ひろば)

詳細を表示

日 付: 2017年8月5日(土)
時 間: 10:00~16:00
テーマ: 科学の不思議が大集合
内 容: 様々な展示や体験コーナー、工作教室や子ども研究室体験など、詳細はHP参照
講 師: 産総研中部センター職員
会 場: 名古屋市守山区下志段味穴ヶ洞2266-98
国立研究開発法人産業技術総合研究所中部センター
参加費: 無料
定 員: なし
詳 細: http://www.aist.go.jp/chubu/ja/news/itemid2145-003576.html
連絡先: 産業技術総合研究所中部センター産学官連携推進室
TEL: 052-736-7063

8/7  技術講演会「3D‐CAD&3Dプリンター活用セミナー」

詳細を表示

日 付: 平成29年8月7日(月)
時 間: 10:30~12:30(午前の部)
13:30~15:50(午後の部)
内 容: (午前の部)
1.「3D-CADデータ作成体験」
 株式会社デザインクリエイション 営業部 東京営業所 小峯かおり 氏
2.質疑応答、自由操作体験
(午後の部)
1.「3Dプリンターの技術解説と新たなものづくりのための活用法」
 株式会社リコー 新規事業開発センターAM事業室 金子高 氏
2.3Dプリンターサンプル展示会、個別相談会、実機デモ展示、質疑応答
会 場: 名古屋市工業研究所 電子技術総合センター4階 CAEルーム(午前の部)
名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室(午後の部)
参加費: 無料
定 員: 18名(午前の部)
50名(午後の部)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/209.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 システム技術部 電子技術研究室 岩間由希
TEL: 052-654-9951

8/7 研究交流クラブ第183回定例会

詳細を表示

日 付: 平成29年8月7日(月) [申込締切]平成29年7月31日(月)
時 間: 13:30~18:00
テーマ: 平成28年度完了 共同研究推進事業成果発表会
内 容: 13:30  ◇開会挨拶

13:35~ ◇基調講演:「昆虫の発育を制御する環境にやさしい農薬の研究開発」
          筑波大学 生命環境系  准教授 丹羽 隆介 氏

14:50~ ◇成果発表1:「航空エンジン用超耐熱合金の超高能率加工を実現する
                                セラミックロータリ切削技術の開発」
          名古屋大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 教授 社本 英二 氏

15:55~ ◇成果発表2: 「高親水性表層を有する多層型薬物用吸着剤の開発と
                                 呼気中薬物モニタリングへの応用」
          中部大学 応用生物学部 食品栄養科学科 教授 山本 敦 氏

17:00~ ◇交流会(ライトパーティー)
会 場: 名古屋銀行協会 2階 1号室
参加費: 参加費無料(会員以外は交流会のみ2,000円)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_183.html

8/17 あいち水素社会体験バスツアー2017

詳細を表示

日 付: 平成29年8月17日(木) [申込締切]平成29年7月21日(金)
時 間: 9:00~17:30
内 容: 知の拠点あいちで研究施設の見学、燃料電池自動車の体験乗車、とよたエコフルタウンの見学
会 場: 知の拠点あいち、とよたエコフルタウン
参加費: 無料
定 員: 135名(県内在住小中学生)
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/suisobus290817.html
連絡先: 名鉄観光サービス株式会社名古屋伏見支店
TEL: 052-211-2315

8/21 「シンクロトロン光計測入門講習会」~XAFS測定原理から解析まで~

詳細を表示

日 付: 平成29年8月21日(月) [申込締切]平成29年8月18日(金)
時 間: 13:00~17:30
内 容: あいちシンクロトロン光センターで行える測定手法の中でも、利用率が高く、要望も多い
X線XAFSについて、原理から解析までをわかりやすく紹介講習会を実施します。
会 場: あいち産業科学技術総合センター講習会室
参加費: 無料
定 員: 80名
詳 細: http://www.astf-kha.jp/synchrotron/userguide/event/2017_2.html
連絡先: あいち産業科学技術総合センター 共同研究支援部 シンクロトロン光活用推進室
中西、野本、柴田、中川 TEL:0561-76-8315

8/29 産業立地・再投資促進セミナー

詳細を表示

日 付: 平成29年8月29日(火) [申込締切]平成29年8月10日(木)
時 間: 15:00~17:00
内 容: 15:00~15:10 知事・市長挨拶
15:10~16:00 講演
          演題: 最近の通商情勢と中部地域の製造業への影響について
          講師:みずほ総合研究所株式会社 主席研究員 菅原 淳一 氏
16:05~17:00 企業講演
          シンフォニアテクノロジー株式会社 取締役常務執行役員 豊橋製作所長 平野 新一 氏
太陽電化工業株式会社 常務取締役 伊藤 卓 氏
            
講 師: みずほ総合研究所株式会社 主席研究員 菅原 淳一 氏
シンフォニアテクノロジー株式会社 取締役常務執行役員 豊橋製作所長 平野 新一 氏
太陽電化工業株式会社 常務取締役 伊藤 卓 氏
会 場: 名古屋国際センターホール
参加費: 無料
定 員: 150名
詳 細: http://saitoushi2017.jp
連絡先:
産業立地・再投資促進セミナー事務局(日刊工業新聞社名古屋支社業務部(担当:鈴木))
TEL: 052-931-6155

9/1 企業様向けオープンラボ

詳細を表示

日 付: 平成29年9月1日(金) [申込締切]平成29年8月25日(金)
時 間: 13:30~17:30
テーマ:
内 容: ・13:30~14:00 学長挨拶、諸説明
・14:00~17:15 学内見学(自由見学)
・17:15~17:30 休憩、アンケート記入
当日は…  
・本学の約30研究室を自由にご見学いただけます。
・研究者自らがポスター、設備・装置等の紹介をしながら研究成果についてご説明します。
・具体的なご相談やご質問にもお答えいたします。
講 師:
会 場: 豊田工業大学
参加費: 無料
定 員:
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/news/2017/openlabo.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 西口
TEL: 052-809-1723

9/1 平成29年度第1回炭素繊維応用技術研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年9月1日(金) [申込締切]平成29年8月30日(水)
時 間: 13:30~16:30
内 容: ◆講演Ⅰ
13:35~14:35 「炭素繊維・複合材料の用途拡大への展望」
          講師 三菱ケミカル株式会社 豊橋研究所 主任研究員 杉浦 直樹 氏

 炭素繊維発明後半世紀が経ち、スポーツや航空用途で不可欠な材料となった。近年低価格化が進み、車両、産業機械、大型構造体の構造材への適用が広まり、使用量が増大しつつある。今後社会や環境のサステナビリティが重要な社会規範となり、秀でた機械的特性を有する炭素繊維複合材料は、人類の社会システムを支える材料となるものと期待される。ここでは用途拡大の展望を材料と成型技術の開発の観点で紹介する。

◆講演Ⅱ
14:45~16:05 「熱可塑性CFRPは本当に普及するのか?~欧州の最新技術から~」
          講師 近畿大学 理工学部 機械工学科 教授 西藪和明氏

 軽くて強いCFRPは注目されているが,本当にCFRPは普及するのか?その用途拡大の課題は何か?我が国の強みと弱みは?熱可塑性CFRPは使えるか?金属とのマルチマテリアル化に必要な接合法やCFRPの産業機器への応用例,熱可塑性CFRPの多様な製造技術について欧州の最新技術を紹介する。

◆名刺交換会
16:05~16:30
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)1002会議室
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方及び愛知工研会員の方は3,000円)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k102.html
連絡先: 科学技術交流財団 業務部 山岸 (電話:0561-76-8325)
TEL: 0561-76-8325

9/2 平成30年度社会人向け実践教育プログラム
東海地域の6次産業化推進人材育成

詳細を表示

日 付: 平成29年9月2日~12月9日 [申込締切]平成29年8月4日
時 間: 9:30~17:00
テーマ: 6次産業ビジネスの"あるべき姿"を設計する
内 容: ・サプライチェーンを統合して、最適システムを設計する
・ニーズ起点の戦略商品を設計する
※国家戦略プロフェッショナル検定「食の6次産業化プロデューサー」キャリア段位申請可能
講 師: 先端農業・バイオリサーチセンター 特任准教授 
山内 高弘 他
会 場: 豊橋技術科学大学
各視察先 他
参加費: 30,000円
定 員: 15名
詳 細: http://www.recab.tut.ac.jp/contents/6sangyo/index.html
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課社会連携支援室
TEL: 0532-81-5188

9/5 平成29年度第3回明日のビジネスに活かすロボット技術を学ぶ研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年9月5日(火) [申込締切]平成29年8月31日(木)
時 間: 13:30~16:50
内 容: 13:30 ~ 13:35 主催者挨拶等

13:35 ~ 14:35 「医療・福祉ロボット、マイクロ・ナノロボットの技術」
      講師:名城大学 理工学部 メカトロニクス工学科 市川 明彦 准教授

  これまでの研究で、医療・福祉ロボット、マイクロ・ナノロボットの技術開発に接してき
  ました。今回は、その中でも、ビジネス化したものに関して、転換点になったものや、
  アイデアが優れていたものについて紹介します。

14:50 ~ 15:50 「次世代知能化ロボットとe-F@ctoryがひらく自動化の未来」
      講師:三菱電機株式会社 名古屋製作所 ロボット製造部
          ロボットテクニカルセンター長   荒井 高志 氏

  ものづくりの世界は大きな変革の時を迎えようとしています。市場における消費ニーズの
  多様化やグローバリゼーションを背景とした、変種変量・カスタマイズへの対応が求められ
  る中、IoTによる次世代ものづくりへの要求が高まっています。今回は、経営のさらなる効
  率化を可能にする、FA統合ソリューションe-F@ctoryと生産性向上を可能にする知能化ロボ
  ットによる自動化ソリューションへの取組みや展望について紹介します。

15:50 ~ 16:50 「ロボットが普及するには何が必要か?」
      講師:名城大学 理工学部 電気電子工学科     辰野 恭市 教授

  ロボットは、1970年頃から自動車の大量組立ラインでの塗装・溶接工程に導入され、
  普及してきました。そして、その後においては、大量生産工場でのピック&プレイスなどの
  単純作業で使われていますが、期待が余りに大きいのか思いのほか普及していません。
  今回はこの現状を分析し、普及する道の模索を紹介します。

16:50 ~ 17:15 名刺交換会
会 場: 名城大学 天白キャンパス
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方は3,000円)
 ※すでにお支払い済みの方を除きます。

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k101.html

9/5 ものづくり支援講座(産業用ロボット作業者特別教育)

詳細を表示

日 付: 平成29年9月5日 [申込締切]平成29年8月22日
時 間: 9:10~17:00
テーマ: 産業用ロボット作業者特別教育(9月期)
内 容: ◆9月5日 
・9:10~14:10 学科
産業用ロボットに関する知識
・14:15~16:45
教示等の作業に関する知識
◆9月6日
・9:10~10:40
教示等の作業に関する知識
・10:45~15:45
検査等の作業に関する知識
・15:50~16:50 
労働安全衛生法・施行令等の関連法令 
◆9月7日または8日
・9:30~17:00
[実技] 
産業用ロボットの操作の方法 
産業用ロボットの教示等の作業の方法 
産業用ロボットの検査等の作業の方法
まとめ及び修了式
講 師: 技術士事務所”ロボティ” 所長 稲垣 荘司氏 はじめ3名
会 場: 【学科教育】名古屋市工業研究所 管理棟 会議室           【実技教育】㈱バイナス
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)34,340円         一般 39,740円
定 員: 25名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_robot_9.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/5 中小企業技術者研修(高分子材料研修)

詳細を表示

日 付: 平成29年9月5日 [申込締切]平成29年8月25日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 高分子材料研修
内 容: 平成29年9月5日~11月21日(毎週火曜日)午前9:30~16:30
・高分子化学概論(6時間)
・プラスチック材料(3時間)
・高分子複合材料概論(3時間)
・高分子分析概論(6時間)
・プラスチックの添加剤(3時間)
・最新の射出成形技術(3時間)
・プラスチックの分光特性実習(6時間)
・プラスチックの成形加工実習(6時間)
・赤外吸収スペクトル実習(6時間)
・熱分解ガスクロマトグラフィー講義と実習(6時間)
・熱分析l講義と実習(6時間)
・X線CTとCAE実習(6時間)
・核磁気共鳴(NMR)スペクトル実習(6時間)
・プラスチックの強度試験実習(6時間)
講 師: 三重大学大学院 工業研究科 川口 正美 はじめ13名
会 場: 名古屋市工業研究所 研修室等
参加費: 59,400円
定 員: 10名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_polymeric_material.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/6 平成29年度社会人向け実践教育プログラム
次世代シークエンサ解析講習会

詳細を表示

日 付: 平成29年9月6日~9月8日 [申込締切]平成29年8月8日
時 間: 9:30~16:00
テーマ: 環境中の微生物の種類と数を解析してみよう
内 容: 微生物群集構造解析・ゲノム解析入門
講 師: 環境・生命工学系 広瀬 侑助教
エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS) 中鉢 淳准教授
会 場: 豊橋技術科学大学
参加費: 50,000円
定 員: 10名
詳 細: http://www.eiiris.tut.ac.jp/japanese/
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課社会連携支援室
TEL: 0532-81-5188

9/7 平成29年度電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会 特別講演

詳細を表示

日 付: 平成29年9月7日(木)
時 間: 16:40~17:30
テーマ: 「人工知能は共生社会の良きパートナーになりうるか?」
内 容: ※特別講演は一般公開致します。
講 師: 浅田 稔氏(大阪大学大学院工学研究科 教授)
会 場: 名古屋大学 野依記念学術交流館2F カンファレンスホール
参加費: 無料
詳 細: http://www.ipsj-tokai.jp/rengo2017/
連絡先: 電気・電子・情報関係学会東海支部連合大会事務局
TEL: 052-265-5949

9/7 中小企業技術者研修(CAE技術研修)

詳細を表示

日 付: 平成29年9月7日 [申込締切]平成29年8月25日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: CAE技術研修
内 容: 平成29年9月7日~10月5日(毎週木曜日)午前9:30~16:30
◆9月7日 材料力学の基礎
◆9月14日 CAE設計実習(1)
◆9月21日 CAE設計実習(2)
◆9月28日 金属材料特性の基礎・プラスチック材料特性の基礎
◆10月5日 材料試験実習 ・CAEの効果検証
講 師: AN技術士事務所 中本 昭 はじめ10名
会 場: 名古屋市工業研究所 会議室
参加費: 35,640円
定 員: 15名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_cae-tech.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/8 中小企業技術者研修(化学分析技術研修)

詳細を表示

日 付: 平成29年9月8日 [申込締切]平成29年8月25日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 化学分析技術研修
内 容: 平成29年9月8日~12月1日(毎週金曜日)9:30~16:30
・化学の基礎(3時間)
・吸光光度分析講義と実習(6時間)
・ICP発光分光分析講義と実習(6時間)
・有機定性分析講義と実習(6時間)
・走査電子顕微鏡講義と実習(6時間)
・イオンクロマトグラフィー講義と実習(6時間)
・蛍光X線分析講義と実習(6時間)
・ESCA講義と実習(6時間)
・EPMAによる局所分析講義と実習(6時間)
・熱分析講義と実習(6時間)
・X線回折講義と実習(6時間)
・有機分析概説(3時間)
・無機分析概説(3時間)
講 師: 名古屋市工業研究所 環境技術研究室 小野 さとみ はじめ 13名
会 場: 名古屋市工業研究所 研修室等
参加費: 59,400円
定 員: 10名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_chemical-tech.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/13 愛知県自動車安全技術プロジェクトチーム 県民公開セミナー

詳細を表示

日 付: 平成29年9月13日(水) [申込締切]9月8日(金)
時 間: 15:00~16:45
内 容: 県は、交通事故の抑止及び交通事故死者数全国ワースト1位の返上に向け、企業、大学及び行政で構成する「自動車安全技術プロジェクトチーム」(以下、「PT」と言う。)を平成25年6月に設置し、自動車安全技術に関わる調査、研究開発、実証実験及びその支援に取り組んでいます。この度、このPTの活動について、県民の皆様に広く情報発信するため、PTメンバーの取組内容や安全研究に関するセミナーを、 開催します。

1.基調講演
  「JARIが取り組む安全研究」について
   講師:一般財団法人日本自動車研究所(JARI)安全研究部 副部長 鷹取収 氏
2.プロジェクトチームメンバーの取組
  ・「プローブ情報活用ワーキンググループの取組」について
   講師:豊橋技術科学大学 建築・都市システム学系 助教 松尾 幸二郎 氏 
  ・「事故分析ワーキンググループの取組」について
   講師: 名古屋大学大学院 工学研究科 機械システム工学専攻 教授 水野 幸治氏
講 師: 一般財団法人日本自動車研究所(JARI)安全研究部 副部長 鷹取収 氏
豊橋技術科学大学 建築・都市システム学系 助教 松尾 幸二郎 氏
名古屋大学大学院 工学研究科 機械システム工学専攻 教授 水野 幸治氏
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)902会議室
参加費: 無料
定 員: 100名(先着順)※定員になり次第締め切ります。
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/sangyoshinko/h29kenminsmnr.html
連絡先: 愛知県産業労働部 産業振興課 自動車産業グループ
電話:052-954-6376 FAX:052-954-6976
Eメール:sangyoshinko@pref.aichi.lg.jp
TEL: 052-954-6376

9/13 平成29年度名古屋工業技術協会第1回研究会

詳細を表示

日 付: 2017年9月13日(水) [申込締切]2017年9月6日(水)
時 間: 14:00~17:45
テーマ: 接着・接合の最前線
内 容: 14:00-15:00 「有機ケイ素系ポリマーの活用によるセラミック-アルミニウム接合技術」
北 憲一郎(産総研 構造材料研究部門セラミック機構部材グループ 主任研究員)
15:15-16:15「樹脂-金属、CFRP-金属接合の特性評価と接合メカニズム」
堀内 伸(産総研 ナノ材料研究部門 接着・界面現象研究ラボ 上級主任研究員)
16:15-17:15「分子勾配膜・メークリンゲル活用両面テープの開発」  
濱野 尚吉(共同技研化学株式会社 代表取締役)
17:15-17:45 総合討論、名刺交換
講 師: 北 憲一郎(産総研 構造材料研究部門セラミック機構部材グループ 主任研究員)
堀内 伸(産総研 ナノ材料研究部門 接着・界面現象研究ラボ 上級主任研究員)
濱野 尚吉(共同技研化学株式会社 代表取締役)
会 場: 名古屋駅前イノベーションハブ(ウインクあいち15階)
参加費: 無料
定 員: 35名
詳 細: https://unit.aist.go.jp/chubu/conso_2/nkg/event/kenkyukai290913.pdf
連絡先: 産総研コンソーシアム名古屋工業技術協会 事務局
TEL: 052-583-6454

9/14 第31回 半導体プロセス実習・講習会

詳細を表示

日 付: 平成29年9月14日(木)、15日(金) [申込締切]平成29年8月1日(火)
時 間: 9:30~17:30(コースにより時間設定が異なる)
テーマ:
内 容: 講義1:MEMSセンサと製作プロセス
-車載・人検出センサ-
講義2:省エネルギー社会を支える化合物半導体デバイス
実習:クリーンルームにて半導体プロセスの実習
講 師:
会 場: 豊田工業大学
参加費: コース1 or コース2 (2日間)     ;40,000円
  コース3 (1日のみ[9/14 or 9/15]) ;30,000円
  コース4 (講義のみ)   ;10,000円
(学校関係は別料金設定あり)
定 員: 実習各日24名
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/kenkyu/nanoplatform/index.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 安田
TEL: 052-809-1723

9/15 ものづくり支援講座(機械設計図面の見方・読み方)

詳細を表示

日 付: 2017年9月15日 [申込締切]2017年9月1日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 機械設計図面の見方・読み方研修
内 容: 平成29年9月15日~10月6日(毎週金曜日の4日間、9時30分~16時30分)
◆9月15日
・機械設計図面の基礎
◆9月22日
・寸法と寸法公差
◆9月29日
・加工方法
・表面性状
・幾何公差
◆10月6日
・機械要素の表示
・まとめ
講 師: 愛知工業大学 工学部 機械学科 准教授 博士(工学) 内田 敬久 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 会議室
参加費: 賛助員企業36,280円
一般企業42,330円
複数人数申込割引有
定 員: 25名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_cad-read.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

9/25 平成29年度社会人向け実践教育プログラム
コンピュータ支援3Dものづくり技術講座「2D/3D CADの基礎と活用」

詳細を表示

日 付: 平成29年9月25日~9月27日 [申込締切]平成29年9月8日
時 間: 10:00~17:00
テーマ:
興味があるけど今さら聞けない,ちょっと試してみたい「ものづくり技術」について。
内 容: 初歩的な2D CADから3Dプリンタや三次元加工機で必要となる3D CADまでの基礎について実習。
講 師:
株式会社システムクリエイト
技術部 西日本技術課 本社技術グループ
技術 Bチーム チームリーダー
遠藤 健史 氏

株式会社システムクリエイト
技術部 東・中日本技術課 中部技術グループ
藤江 雄樹 氏
会 場: 豊橋技術科学大学
参加費: 10,000円
定 員: 20名
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-s6.html
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課センター支援係
TEL: 0532-44-6574

9/26 電子情報通信学会 創立100周年記念事業 東海支部講演会

詳細を表示

日 付: 9/26 [申込締切]9/26
時 間: 1500-17:30
講 師: 葛西敬之様(東海旅客鉄道株式会社)、天野浩先生(名古屋大学)
会 場: 名古屋大学 経済学部カンファレンスホール
参加費: 無料
定 員: 470
詳 細: http://www.ieice.org/tokai/100kouen/
連絡先: shibu@tokai.ieice.org
TEL: 052-262-4947

10/2 (公財)名古屋産業科学研究所 産業科学フォーラム2017

詳細を表示

日 付: 平成29年10月2日(月)
時 間: 13:00~17:00
テーマ: 情報通信をめぐる動向
内 容: 13:00~13:10 主催者挨拶
13:10~14:20 特別講演①
14:30~15:40 特別講演②
15:50~17:00 特別講演③
講 師: ①(公財)名古屋産業科学研究所 所員 田坂 修二
②(公財)名古屋産業科学研究所 上席研究員 西堀 賢司
③名古屋大学 
教授 片山 正昭
会 場: 名古屋大学 VBL棟3階ベンチャーホール
参加費: 無料
定 員: 40名
詳 細: http://www.nisri.jp/dor/topics/topics-detail.html?id=13
連絡先: (公財)名古屋産業科学研究所 研究部 林
TEL: 052-781-1883

10/5 平成29年度社会人向け実践教育プログラム 機械加工技術講座「初級機械加工」

詳細を表示

日 付: 平成29年10月5日 [申込締切]平成29年9月25日
時 間: 10:00~16:30
テーマ: 知っておきたい,興味があるけど今さら聞けない「機械加工技術」について。
内 容: 旋盤・フライス盤・ボール盤・MAG溶接機・アーク溶接機で,初級の工作作業を体験。MC・CNC旋盤・レーザー・ワイヤー加工機・3Dプリンタ等の機器見学も行う。
講 師: 機械工学系 小林 正和准教授 他
会 場: 豊橋技術科学大学
参加費: 4,000円
定 員: 9名
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-s4.html
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課センター支援係
TEL: 0532-44-6574

10/5 平成29年度社会人向け実践教育プログラム 先端データサイエンス実践コース

詳細を表示

日 付: 平成29年10月5日~平成30年1月24日
(7日間:全42時間) [申込締切]平成29年9月15日
テーマ: データサイエンスの基礎から実践的応用までを学べる人材養成講座
内 容: ①データサイエンス基礎講座(統計学,機械学習など)
②データサイエンス・アプリケーション講座(Scikit-Learn 入門 Chainer入門 4 ) Chainer実習 1,2,3,4)
③先端データサイエンス講演会(ビッグデータ,ディープラーニング,人工知能,画像解析,医薬設計などの応用事例)
講 師: 情報・知能工学系 金澤 靖准教授 他
会 場: 豊橋技術科学大学
参加費: 50,000円
定 員: 10名
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-s8.html
連絡先: 豊橋技術科学大学
研究支援課社会連携支援室
TEL: 0532-81-5188

10/5 金属材料技術研修

詳細を表示

日 付: 平成29年10月5日 [申込締切]平成29年10月5日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 金属材料技術研修
内 容: 平成29年10月26日~12月14日
(毎週木曜日 9時30分~16時30分)
・金属材料入門(3時間)
・炭素鋼(3時間)
・鋼の熱処理ー表面改質を中心にー(3時間)
・非鉄金属材料(3時間)
・合金鋼(3時間)
・金属材料分析(3時間)
・組織試験1実習(3時間)
・材料試験(3時間)
・組織試験2実習(3時間)
・硬さ試験実習(3時間)
・衝撃試験実習(1.5時間)
・引張試験実習(1.5時間)
・金属の破壊と破面(3時間)
・金属加工法1粉末冶金(3時間)
・金属加工法2塑性加工(3時間)
講 師: 名古屋工業研究所 金属・表面技術研究室長 松井 則男氏はじめ11名
会 場: 名古屋市工業研究所
参加費: 受講料 53,460円
定 員: 10名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_metal.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

10/6 日本セラミックス協会東海支部見学会

詳細を表示

日 付: 2017年10月6(金) [申込締切]2017年9月8日(金)
時 間: 13:00~16:30
内 容: ノリタケカンパニーリミテド 三好事業所 研削・研磨工具製造工程見学
講 師:
会 場: ノリタケカンパニーリミテド 三好事業所
参加費: 2,500円(学生は無料)
定 員: 35名(先着順、同業他社の方はご遠慮願います)
詳 細: http://www.ceramic.or.jp/stokai/H29_tgyoji/H29_20171006kengaku/announce.html
連絡先: 中部科学技術センター内
公益社団法人 日本セラミックス協会東海支部 事務局
TEL: 052-231-3070

10/6 平成29年度第2回炭素繊維応用技術研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年10月6日(金) [申込締切]平成29年9月29日(金)
時 間: 13:30~16:30
内 容: ◆講演Ⅰ
13:35~14:35 「熱可塑性CFRPと金属のレーザ溶接技術」
          講師 株式会社タマリ工業 レーザシステム事業部 理事 三瓶和久 氏

 自動車の軽量化を担うマルチマテリアル化に最適な材料として熱可塑性CFRPの開発が進められ、トヨタ自動車のLEXUS LFT、MIRAI等の特殊な車ではあるが採用が始まりつつある。適用拡大のための課題の一つである、金属材料との接合技術の開発状況について、レーザによる接合技術を中心に紹介する。

◆講演Ⅱ
14:45~16:05 「熱可塑性CFRPのプレス成形技術」
          講師 金沢大学 理工学研究域機械工学系 教授 米山猛 氏

 連続繊維熱可塑性CFRPのスタンパブルシートを加熱してプレス成形する際の繊維の変形,温度・圧力条件、成形後の強度について解説する。さらに不連続繊維を用いたリブ成形などの応用についても紹介する。

◆名刺交換会
16:05~16:30
会 場: 名古屋市工業研究所 ホール
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方は3,000円)
 ※すでにお支払い済みの方を除きます。

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k102.html

10/7 IEEE Metro Area Workshop in Nagoya 2017

詳細を表示

日 付: 2017年10月7日(土)~10月8日(日)
内 容: 特別講演I 10月7日(土) 13:20-14:10
「イノヘ゛ーション創出の要諦 (仮題)」
講師:榊裕之学長(豊田工業大学)

基調講演 10月7日(土) 14:15?15:15
「我か゛国の自動車技術イノヘ゛ーション政策(仮題)」
講師:久間和生氏(内閣府総合科学技術・イノヘ゛ーション会議議員)

パネルセッション1 10月7日(土) 15:30?18:00
「自動運転(仮題)」
オーガナイザ: 脇田敏裕(豊田中央研究所)
パネリスト:
経済産業省製造産業局電池・次世代技術・ITS推進室長 奥田修司氏
東京大学大学院情報理工学研究科 准教授 加藤真平氏
インテル 事業開発・政策推進本部 チーフ・アドバンストサービス・アーキテクト&ダイレクター 野辺継男氏
デンソー 研究開発1部 部長 澤田学氏

特別講演II 10月8日(日) 10:00-11:00
「トランスフォーマティブエレクトロニクスが支える新しいモビリティシステム」
講師:天野浩先生(名古屋大学)

特別講演III 10月8日(日) 11:00-12:00
「水素社会の実現に向けて ~トヨタの環境技術戦略~」
講師:伊勢清貴氏(トヨタ自動車株式会社専務役員先進技術開発カンハ゜ニーフ゜レシ゛テ゛ント)

パネルセッション2 10月8日(日) 14:20?16:50
「Wide Band Gapパワー半導体が拓く移動体の未来(仮題)」
オーガナイザ: 道木慎二(名古屋大学)
パネリスト:
名古屋大学大学院電子工学専攻 教授 須田淳氏
調整中(パワーモジュール・インバータ)
トヨタ自動車 パワーエレクトロニクス開発部 プロジェクトジェネラルマネージャ 濱田公守氏
調整中(鉄道事業者)
会 場: 中京大学 名古屋キャンパス
参加費: IEEE会員 無料
自動車技術会会員 500円
IEEE非会員 1,000円
学生 無料
定 員: 350名
詳 細: https://ieee-jp.org/section/nagoya/maw2017/
連絡先: maw2017@ieee-jp.org

10/10 名工大研究協力会 第38回技術懇話会

詳細を表示

日 付: 平成29年10月10日(火) [申込締切]平成29年10月3日
時 間: 15:30~19:30
テーマ: 今のままでは変わらない、中小企業経営のための知的財産活用法
内 容: 15:30~17:30 《話題提供の部》 
挨拶  副学長・産学官連携センター長 教授 江龍 修
話題提供1.「今のままでは変わらない、中小企業経営者のための知的財産活用法」
コスモス特許事務所 弁理士、名古屋工業大学 非常勤講師 富澤 正
話題提供2.「今更ながら、イノベーションってなんだ」
名古屋工業大学 産学官連携センター コーディネータ 福田雄一
話題提供3.「大学教授と中小企業経営者との共通性」 
名古屋工業大学 電気・機械工学専攻  教授  佐野明人
17:50~19:30《技術懇談の部》
講 師: ・コスモス特許事務所 弁理士、名古屋工業大学 非常勤講師 富澤 正
・名古屋工業大学 産学官連携センター コーディネータ 福田雄一
・名古屋工業大学 電気・機械工学専攻  教授  佐野明人
会 場: 名古屋工業大学 4号館ホール/大学会館
参加費: 名工大研究協力会会員:無料/ 非会員:3,000円(消費税込み)
定 員: 100名
詳 細: http://partner.web.nitech.ac.jp/?p=6001
連絡先: 名古屋工業大学研究協力会事務局
TEL: 052-735-5538

10/11 情報処理学会東海支部主催2017年度第3回講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年10月11日(水)
時 間: 16:20~17:50
テーマ: 伽藍とバザールとオープンガバメント
講 師: 関 治之氏(一般社団法人Code for Japan代表理事)
会 場: 名古屋工業大学 52号館5211講義室
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.ipsj-tokai.jp/jigyou/lecture/
連絡先: 情報処理学会東海支部 事務局 
TEL: 052-231-3564

10/12 平成29年度技術経営(MOT)研修

詳細を表示

日 付: 平成29年10月12日(木)、25日(水)、11月9日(木)、22日(水) [申込締切]平成29年10月5日(木)
内 容: 【10月12日】
10:00~12:00 「技術者・経営者のための最新MOT(技術経営)の考え方」
         ~新規事業を成功させる基礎と実践の方法論と事例紹介~
13:00~16:30 講師:株式会社テクノ・インテグレーション 代表取締役  出川 通 氏

(終了後、1時間程度、名刺交換会を予定しています)

【10月25日】
10:00~12:00 「ファイナンス戦略・ワークスタディ」
         講師:セレンディップ・コンサルティング株式会社 代表取締役 髙村 徳康 氏

13:00~15:00 「イノベーション・マネジメント」~柔軟な修正が実現性を高める~
         講師:日本ガイシ株式会社 取締役 元 名古屋工業大学大学院 教授 浜田 恵美子 氏

15:10~17:10 「R&Dにおける技術開発とビジネスモデルについて」
         講師:名古屋大学 経済学部 客員教授  西村 眞 氏

【11月9日】
10:00~12:00 「地域イノベーション」~産学官金連携の最適活用~
         講師:摂南大学 経済学部 教授  野長瀬 裕二 氏

13:00~14:50 「イノベーションを実現する知財戦略」
         講師:東京理科大学 イノベーション研究科 教授 生越 由美 氏

15:00~16:50 「新規事業の創出」 〜富士フイルム 第二の創業と化粧品事業の立ち上げ」~
         講師:富士フイルム株式会社イノベーション アーキテクト R&D統括本部
             先端コア技術研究所  中村 善貞 氏

【11月22日】
10:00~12:00 「経営戦略と技術イノベーション」
         講師:名古屋大学大学院 経済学研究科 教授  山田 基成 氏

13:00~17:00 「技術開発と事業戦略 ケーススタディ」 グループワーキング
         講師:株式会社東レ経営研究所 
             シニアリサーチフェロー/MOTチーフディレクター  宮木 宏尚 氏
会 場: 会場①名古屋市工業研究所(名古屋市熱田区六番三丁目
参加費: 10,000円(税込)(全4回分、書籍代含む)
定 員: 48名(原則全日程参加できる方)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/training/mot/bsymot.html

10/13 ものづくり支援講座(機械設計図面の描き方)

詳細を表示

日 付: 2017年10月13日 [申込締切]2017年9月29日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 機械設計図面の描き方研修
内 容: 平成29年10月13日~10月27日
(毎週金曜日の3日間、9時30分~16時30分)
◆10月13日
・寸法記入原則
・機械要素の設計製図1
◆10月20日
・機械要素の設計製図2
◆10月27日
・組み合わせ図面の設計製図
・まとめ
講 師: 愛知工業大学 工学部 機械学科 准教授 博士(工学) 内田 敬久 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 会議室
参加費: 賛助員企業36,280円
一般企業42,330円
複数人数申込割引有
定 員: 15名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_cad-write.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

10/13 ファインセラミックスシンポジウム2017

詳細を表示

日 付: 10月13日(金) [申込締切]10月11日(水)
時 間: 13:00~17:00
テーマ: 環境とエネルギー ~課題と将来展望~
内 容: 13:00-13:05 開会挨拶
13:05-13:15 JFCC近況報告
13:15-14:15 基調講演
14:15-15:00 講演1
15:00-15:10 休憩
15:10-15:55 講演2
15:55-16:25 講演3
16:25-16:55 講演4
16:55-17:00 閉会挨拶
会 場: 愛知県産業労働センター「ウインクあいち」
参加費: JFCC賛助会員、(公社)日本セラミックス協会会員、学生、報道関係者 :無 料
会員以外(資料集代):1,000円(消費税込み)
定 員: 200名
詳 細: http://www.jfcc.or.jp/26_event/#17simpo
連絡先: 一般財団法人 ファインセラミックスセンター
研究企画部
TEL: 052-871-3500

10/13 グリーン電子素子・材料研究センター第3回シンポジウム
 スマートエネルギー技術研究センター第10回シンポジウム 合同シンポジウム

詳細を表示

日 付: 平成29年10月13日(金) [申込締切]平成29年10月11日(水)
時 間: 13:00~18:45
テーマ:
内 容: 【第1セッション】グリーン電子素子・材料研究センター 報告
・センターの概況
センター長 神谷 格
・学内研究報告1
「新規熱電材料探索の現状」
本学准教授 松波雅治
・学内研究報告2
「水電解用新規触媒の開発」
本学准教授 原 正則
・学内研究報告3
「化学溶液法によるReactive substrate上への結晶配向性酸化物薄膜の作製」
本学助教 荒川修一
<招待講演1>
「GaNの表面構造と結晶成長」
三重大学 教授 伊藤 智徳 氏

【第2セッション】スマートエネルギー技術研究センター 報告
・センターの概況
センター長 大下祥雄
・学内研究報告4
「マルチエージェント協調制御理論による電力ネットワークの分散制御」
本学准教授 川西通裕
・学内研究報告5
「超高活性Ga2O3系水分解光触媒の反応機構」
本学准教授 山方 啓
・学内研究報告6
「高効率・低コストIII-V/Si太陽電池の研究開発」
本学助教 小島信晃
<招待講演2>
「パワーエレクトロニクス技術の動向:電気エネルギーの更なる有効利用を目指して」
東京工業大学 特任教授/名誉教授 赤木 泰文 氏
【ポスターセッション】
講 師:
会 場: 豊田工業大学
参加費: 無料
定 員:
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/event/stydy/000564.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 長谷川、安田
TEL: 052-809-1723

10/16 平成29年度第1回IoT/AIを活用したスマートモノづくり研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年10月16日(月) [申込締切]平成29年11月20日(金)
時 間: 13:30~17:00
内 容: 13:30 ~ 13:40 主催者挨拶等
◆講演Ⅰ
13:40 ~ 15:30 「IoT/インダストリー4.0の現状と中小製造業の取り組み」
         (1)新しいIoTモノづくりビジネスモデル
         (2)IoTによるモノづくり中堅・中小企業の競争力強化
            講師:独立行政法人経済産業研究所 上席研究員 岩本晃一 氏
 製造業のネット化の波は世界中に同時に押し寄せ、各国はそれぞれの戦略のもとIoT化を進めている。日本には日本のモノづくりの強みを活かしたスタイルがあるはず。中小企業の生産性を高め、高付加価値な製品・サービス提供のためのIoT活用のポイントを紹介する。

◆講演Ⅱ
15:45 ~ 16:30 「スマート工場の基盤技術「ORiN IoTデータサーバ」の概要と活用事例」
            講師:株式会社デンソーウェーブ IoT推進部 部長 犬飼利宏 氏 
 ORiNは、異なる仕様の産業機器を相互に接続するための共通基盤技術である。産業ロボット、PLC、自動認識機器など様々なIoT機器を組み合わせてスマート工場を構築する際に、システム開発の工数削減やソフトウェアの再利用性・保守性を高める共通インタフェイス技術である「ORiN」及びORiN を活用した「IoTデータサーバ」を紹介する。
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 1201
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方は3,000円)
 ※すでにお支払い済みの方を除きます。

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k103.html

10/19 名工大レクチャーコース1

詳細を表示

日 付: 平成29年10月19日(木)、20日(金) [申込締切]平成29年10月10日
時 間: 9:00~17:00
テーマ: パワエレと電気機械制御の実践
内 容: 10月19日(木)
10:00~12:00【岩崎担当:パワエレ・メカトロ概要】
13:00~17:00【小坂担当:永久磁石形同期モータの動作原理と制御】
10月20日(金)
9:00~12:00 【関担当:機械システムの振動解析と制御技術】
13:00~17:00【前田担当:モーションコントロールの基礎と応用技術】
講 師: 岩崎 誠,小坂 卓 名古屋工業大学大学院 教授
関 健太,前田佳弘 名古屋工業大学大学院 准教授
会 場: 名古屋工業大学4号館1階 産学官交流プラザ他
参加費: ・研究協力会会員会社 19,000円
・非会員会社     24,000円
定 員: 100名
詳 細: http://partner.web.nitech.ac.jp/?p=6017
連絡先: 名古屋工業大学研究協力会事務局
TEL: 052-735-5538

10/19 名古屋テキスタイル研究会 平成29年度第2回研究会(講演会)

詳細を表示

日 付: 平成29年10月19日(木)  [申込締切]平成29年10月12日(木)
時 間: 14:00~16:40
内 容: 1.「金属錯体と金属媒染の可能性について」
  山田化学工業株式会社 古賀 達也 氏
2.「微生物試験(繊維製品の抗菌、抗カビ、抗ウイルス性試験)について」
 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 射本 康夫 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 電子技術総合センター1階 視聴覚室
参加費: 無料(会員外資料代2,000円)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/216.pdf
連絡先: 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 中部事業所 小野忠広
名古屋市工業研究所 有機材料研究室 大岡千洋
TEL: 052-916-8500
052-654-9885

10/19 第14回幸田プレステージレクチャーズ~ものづくり日本 講演会~

詳細を表示

日 付: 平成29年10月19月(木) [申込締切]平成29年10月18日(水)
時 間: 13:30~15:30
テーマ: QRコードの開発・進化と普及について
内 容: 13:00開場
13:30開演
今では、QRコードは世界中のあらゆる場所で使われ、最近ではアート・ファッション感覚で使われるまでに普及しました。
そこで、QRコードの開発当時を振返り、QRコードの開発・進化、及びここまで一般社会に受け入れられるようになった事の分析を中心に、最新のQRコードの魅力について紹介します。
15:00閉演
講 師: 株式会社デンソーウェーブ
AUTO-ID事業部技術2部技術2室
室長  原 昌宏 氏
会 場: 幸田町民会館つばきホール
参加費: 無料
定 員: 400名
詳 細: http://2015kmrc.weebly.com/
連絡先: 幸田プレステージレクチャーズ運営事務局(幸田町企画部内)
TEL: 0533-67-6557

10/20 名古屋市工業研究所80周年記念講演 第2回講演会「未来を拓く新素材の世界」

詳細を表示

日 付: 平成29年10月20日(金)
時 間: 13:30~16:40
内 容: 1.「チタン系材料の新展開」
 国立大学法人東北大学 名誉教授 新家 光雄 氏
2.「素材ベンチャーとして今後の展望」
 株式会社名城ナノカーボン 代表取締役 橋本 剛 氏
3.「自動車におけるCFRP技術の現状と展望」
 トヨタ自動車株式会社 有機材料技術部 有機材料室長 稲浪 宏志 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟1階 ホール
参加費: 無料
定 員: 300名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/210.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 支援総括室
TEL: 052-654-9900

10/23 ものづくり支援講座(知的財産担当者養成講座 後期)

詳細を表示

日 付: 平成29年10月23日 [申込締切]平成29年10月6日
時 間: 13:30~16:50
テーマ: 知的財産担当者養成講座 後期
内 容: 平成29年10月23日~12月4日(7日間)午後13:30~16:50
◆10月23日
特許権侵害と無効審判について(裁判外解決含む)
◆10月30日
外国特許出願・国際特許出願(技術を国際的に活用)
◆11月6日
企業イメージを保持・高める対策1(製品・部品の形態)
◆11月13日
企業イメージを保持・高める対策2(偽ブランドから守る)
◆11月20日
企業イメージを保持・高める対策3(外国で貴社製品を守る)外国商標制度・商標の国際登録・意匠の国際登録制度
◆11月27日
知的財産の活用について(実施契約・産学官連携等)
◆12月4日
著作権について
講 師: 弁理士 飯田 昭夫 (現在:いいだ特許事務所所長)
会 場: 名古屋市工業研究所 会議室
参加費: 賛助員企業54,000円
一般企業64,800円
定 員: 15名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_titeki.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

10/25 豊橋技術科学大学 平成29年度社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 平成29年10月25日~11月30日 [申込締切]10月18日
時 間: 13:00~17:30
テーマ: 分子工学技術者育成コース
内 容: 【講義内容】      
1)分子工学概説     
2)分子生物学概説
3)分子工学で必須の測定技術の概説及び実測演習
①NMR(核磁気共鳴) 
②X線構造解析 
③粉末X線構造解析 
④質量分析
⑤原子間力顕微鏡 
⑥分光測法(赤外、紫外)
⑦分離精製技術
【個別研修内容】  
上記①~⑦の分析機器の基礎研修と応用研修(各研修、13:00~17:00の4時間)から6コマを選択頂きます。 
講 師: 岩佐精二(環境・生命工学系教授) 他
会 場: 豊橋技術科学大学 情報メディア基盤センター第2端末室
参加費: 50,000円
定 員: 10名程度(定員になり次第締め切らせていただきます)
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-s9.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 
社会連携推進センター
TEL: 0533-81-5188

10/26 名古屋商工会議所次世代産業フォーラム2017

詳細を表示

日 付: 平成29年10月26日(木) [申込締切]平成29年10月24日(火)
時 間: 15:30~17:00
テーマ: テクノロジーの進展でモノづくりが変わる産業構造の変革の今後
内 容: 10月26日(木)15:30~17:00
テクノロジーの進展でモノづくりが変わる産業構造の変革の今後
講 師: 株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 井上 雅史 氏
会 場: 名古屋商工会議所5階BC会議室
参加費: 無料(名古屋商工会議所会員企業)
定 員: 90名
詳 細: http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.php?event_id=1709150012
連絡先: 名古屋商工会議所 産業振興部 モノづくり・新産業グループ 島田
TEL: 052-223-8602 

10/27 第55回東海若手セラミスト懇話会秋期講演会

詳細を表示

日 付: 2017年10月27日(金)
時 間: 13:30~19:00
内 容: 13:00~ 受付開始
13:25 開会
13:30~15:00 会社紹介・榎戸工場見学 (衛生陶器生産工程を予定)
休憩 20分間
15:20~16:20 招待講演1
休憩 10分間
16:30~17:30 招待講演2
17:30~19:00 意見交換会
講 師: ・招待講演1
嶋津 季朗 氏(株式会社LIXIL)
「Al2O3-TiO2-MgO系での微構造制御による可撓性セラミックスの開発と
高分子複合化による制振材料への応用研究(仮)」
・招待講演2
蒲地 伸明 氏(佐賀県窯業技術センター)
「強化磁器の精度、強度向上に関する取組み(仮)」
会 場: 株式会社LIXIL 榎戸工場(愛知県常滑市)
参加費: 一般:5000円、学生:3000円
定 員:
連絡先: 株式会社LIXIL 澤田健行

10/30 研究交流クラブ第184回定例会

詳細を表示

日 付: 平成29年10月30日(月) [申込締切]平成29年10月23日(月)
時 間: 14:00~18:00
テーマ: 宇宙とつながる科学技術
内 容: 14:00~ 開会挨拶 

14:05~ 講演1:「超小型人工衛星で近づく宇宙」 
        愛知工科大学 工学部 電子制御・ロボット工学科 教授 西尾 正則 氏

15:30~ 講演2:「火山内部の活動を透視するミュオグラフィ」 
        東京大学 地震研究所 高エネルギー素粒子地球物理学研究センター
                                        教授 田中 宏幸 氏

17:00~ 交流会(ライトパーティ)
会 場: 名古屋銀行協会 2階 1号室
参加費: 参加費無料(会員以外は交流会のみ2,000円)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_184.html

10/31 明日を拓くモノづくり新技術2017 製品評価技術の新しい試み

詳細を表示

日 付: 平成29年10月31日(火)  [申込締切]平成29年10月24日(火)
時 間: 13:10~17:20
内 容: 1.基調講演「研究開発・故障解析をサポートする最新のX線CT技術」
 株式会社島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 大河内 宏和 氏
2.浸透探傷検査法のCFRPへの適用可能性について
 名古屋市工業研究所 システム技術部 製品技術研究室 研究員 深谷 聡
3.シンクロトロン光を利用したイメージング技術による材料評価
あいち産業科学技術総合センター共同研究支援部
シンクロトロン光活用推進室 主任 野本 豊和
4.セラミックス研究で培った熱特性評価技術
 一般財団法人ファインセラミックスセンター 材料技術研究所
材料評価・試作グループG長主任技師 小川 光恵
5.シンクロトロン光によるめっき皮膜の高度構造解析
名古屋市工業研究所 材料技術部 金属・表面技術研究室 主任研究員 加藤 雅章
6.MALDI-TOFMSを用いた酵母の迅速同定
 あいち産業科学技術総合センター 食品工業技術センター
保蔵包装技術室 主任研究員 半谷 朗
7.マイクロ波~ミリ波における誘電特性と電波吸収特性の評価技術
 一般財団法人ファインセラミックスセンター 材料技術研究所
 エネルギー材料グループ上級技師補 伊岐見 大輔
8.見学会
 光学特性評価システム、衝撃圧縮試験機、高速引張試験機
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料
定 員: 100名(見学会:50名、先着順)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/214.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 支援総括室
TEL: 052-661-3161

11/1 水素エネルギー社会形成研究会 平成29年度第3回セミナー

詳細を表示

日 付: 平成29年11月1日 [申込締切]平成29年10月31日(延長しました)
時 間: 13:45-16:35(受付13:15から)
内 容: 13:45 開会
13:55~14:40 講演1『水素活用の意義と課題』
         東京理科大学イノベーション研究科教授・研究科長 橘川 武郎 氏
14:45~15:30 講演2『ミルクだけじゃない!北海道鹿追町・帯広市「家畜ふん尿由来水素を活用した水素サプライチェーン実証事業」』
         日鉄住金パイプライン&エンジニアリング株式会社 資源・エネルギー事業部 営業部 マネジャー 新妻 大明 氏
15:45~16:30 講演3『岐阜県八百津町における再エネ水素による水素社会の実証』
         株式会社清流パワーエナジー 代表取締役 酒井 康弘 氏
会 場: 愛知芸術文化センター 12階 アートスペースA
参加費: 無料
定 員: 200名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/suiso291101.html
連絡先: 産業科学技術課 水田
TEL: 052-957-6350

11/1 名工大テクノフェア2017

詳細を表示

日 付: 平成29年11月1日(水)
時 間: 10:00~17:00
テーマ: 「超スマート社会」を支える名古屋工業大学
内 容: ■10:00~17:00
名工大学選りすぐりの研究シーズポスター紹介等
■13:20~
特別講演 「航空機部品製造を支える加工技術と次世代のものづくりに向けて」
講 師: 守屋 誠 氏
三菱重工業株式会社 民間機セグメント 民間機事業部
部品工作部 生産技術課 課長
会 場: 名古屋工業大学 御器所キャンパス内 NITech Hall
参加費: 無料
詳 細: http://technofair.web.nitech.ac.jp/
連絡先: nitfair@adm.nitech.ac.jp
TEL: 052-735-5627

11/1 【名古屋工業大学×名古屋商工会議所】モノづくり技術オープンイノベーションセミナー

詳細を表示

日 付: 平成29年11月1日 [申込締切]平成29年10月31日
時 間: 10:30
テーマ: 大学との共同研究・開発に取り組もう!
内 容: 10:30 ~ 11:20 技術シーズ発表(3件、各15分)
11:20 ~ 11:30 産学連携の取組、今後の進め方について
講 師: 「種々の基板上へ成膜可能なフレキシブル有機系熱電変換材料の開発」 岸 直希先生
「せん断型繰返し変態を利用した鉄鋼材料の強靭化」 知場三周先生
「精密サーボシステムに対する高精度周波数応答解析法」 前田佳弘先生
会 場: 名古屋工業大学 4号館1階 交流プラザ
参加費: 無料
定 員: 40
詳 細: http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.php?event_id=1709210002
連絡先: 名古屋商工会議所 産業振興部モノづくり・新産業グループ
TEL: 052-223-8608

11/2 ものづくり応援インターネット利活用セミナー

詳細を表示

日 付: 平成29年11月2日(木) [申込締切]平成29年11月1日(水)
時 間: 13:30~16:40
テーマ: IoTを活用したものづくりと海外販路開拓について
内 容: 13:30~13:45 「布デバイスとIoT による見守りシステムの開発」
講師:あいち産業科学技術総合センター 尾張繊維技術センター 主任研究員 堀場 隆広
13:45~14:45「安い!早い!簡単!常識外れのIoT モニタリングサービスご紹介」
講師:i Smart Technologies 株式会社 執行役員 COO 黒川 龍二 氏
15:00~16:00「ネットを利活用による海外販路開拓~越境EC の可能性~」
講師:NHN テコラス株式会社 新規事業企画室 室長/
(一社)ネッパン協議会越境EC 委員会 委員長 齋藤 直 氏
16:00~16:10「愛知県の技術支援機関の活用について」
講師:尾張繊維技術センター センター長 室田 修男
16:10~16:40「尾張繊維技術センター見学会」(希望者のみ)
講 師: あいち産業科学技術総合センター 尾張繊維技術センター 主任研究員 堀場 隆広
i Smart Technologies 株式会社 執行役員 COO 黒川 龍二 氏
NHN テコラス株式会社 新規事業企画室 室長/
(一社)ネッパン協議会越境EC 委員会 委員長 齋藤 直 氏
尾張繊維技術センター センター長 室田 修男
会 場: あいち産業科学技術総合センター 尾張繊維技術センター 4階技術研究室
参加費: 無料
定 員: 60名
詳 細: http://www.aichi-inst.jp/owari/other/seminar/
連絡先: あいち産業科学技術総合センター 尾張繊維技術センター 機能加工室
TEL: 0586-45-7871

11/7 名古屋商工会議所次世代産業フォーラム2017

詳細を表示

日 付: 平成29年11月7日(火) [申込締切]平成29年11月2日(木)
時 間: 15:30~17:00
テーマ: 自動運転を実現する要素技術と今後の課題
内 容: 11月7日(火)15:30~17:00
自動運転を実現する要素技術と今後の課題
講 師: 名古屋大学 未来社会創造機構 特任教授 二宮 芳樹 氏
会 場: 名古屋商工会議所5階BC会議室
参加費: 無料(名古屋商工会議所会員企業)
定 員: 90名
詳 細: http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.php?event_id=1709150012
連絡先: 名古屋商工会議所 産業振興部 モノづくり・新産業グループ 島田
TEL: 052-223-8602 

11/7 中小企業技術者研修(中級電子回路技術研修)

詳細を表示

日 付: 平成29年11月7日 [申込締切]平成29年10月17日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 中級電子回路技術研修
内 容: 平成29年11月7日~3月6日(毎週火曜日)午前9:30~16:30
・デジタル回路の基礎・実習(12時間)
・FPGAの基礎・実習(12時間)
・電源回路の設計と製作(12時間)設計編
・発熱を考慮した電子回路設計(6時間)
・電源回路の設計と製作(12時間)製作編
・PWM回路の基礎と応用(21時間)
・電子機器の電磁ノイズ対策(3時間)
・高周波回路技術の基礎(6時間)
・高周波回路測定の基礎(3時間)
・光技術と画像計測・検査の基礎(3時間)
・高周波回路技術・光技術の実習(6時間)
講 師: 愛知工業大学 電気学科 成田 憲一氏はじめ15名
会 場: 名古屋市工業研究所 研修室等
参加費: 59,400円
定 員: 15名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_tyu_e-cir_tech.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

11/7 第2回せとしん知財活用ビジネスマッチング交流会

詳細を表示

日 付: 平成29年11月7日(火) [申込締切]平成29年10月31日(火)
時 間: 14:00~16:10
テーマ: 大企業等の保有する開放特許を活用した新製品開発について
内 容: <第1部 講演会>
14:00~14:10「愛知県における中小企業支援施策」~知財戦略の可能性~
講師:愛知県 産業労働部 産業科学技術課 課長補佐 加藤 久也
14:10~14:30 開放特許の活用について「中小企業のニーズと知財マッチング~企業訪問の観点から」
講師:公益財団法人あいち産業振興機構 特許活用コーディネーター 三宅 立郎
<第2部 開放特許技術の紹介・個別相談>
14:40~16:10
①中部電力株式会社
②株式会社イトーキ
③富士通株式会社
講 師: 愛知県 産業労働部 産業科学技術課 課長補佐 加藤 久也
公益財団法人あいち産業振興機構 特許活用コーディネーター 三宅 立郎
会 場: 瀬戸信用金庫 熱田支店4階 名古屋研修センター
参加費: 無料
定 員: 100名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/1107setoshin.html
連絡先: 瀬戸信用金庫 営業支援部 営業企画グループ[担当:市川]
TEL: 0561-86-0215

11/8 文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム事業」高分子およびソフトマテリアル材料のための機器分析講座「X線構造解析技術の習熟」

詳細を表示

日 付: 平成29年11月8-9日(水,木) [申込締切]平成29年11月6日(月)
時 間: 10:00~18:00
内 容: 11月8日(水)
X線回折データを得るための技術(株式会社リガク)
高分子およびソフトマテリアルの構造解析法(田代孝二)
試料作成の実際(高分子試料および低分子モデル化合物単結晶作成)
各X線測定装置の基本的説明
単結晶X線回折データ収集開始
11月9日(木)
X線回折測定(無配向試料、一軸配向試料)
測定データの解析、解釈
単結晶構造解析 
会 場: 豊田工業大学
参加費: 10000
定 員: 20名
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/event/stydy/000589.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 安田
TEL: 052-809-1723

11/9 明日の工業塗装を考える懇談会「UV硬化型無機-有機ハイブリッド樹脂の開発とハードコートへの展開」

詳細を表示

日 付: 平成29年11月9日(木)  [申込締切]平成29年11月1日(水)
時 間: 14:00~15:30
内 容: 1.「UV硬化型無機-有機ハイブリッド樹脂の開発とハードコートへの展開」
 (地独)東京都立産業技術研究センター 研究員 佐熊 範和 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟4階 第2会議室
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/218.pdf
連絡先: 一般財団法人 日本繊維製品品質技術センター 中部事業所 小野忠広
名古屋市工業研究所 有機材料研究室 大岡千洋
TEL: 052-916-8500
052-654-9885

11/10 平成29年度第3回炭素繊維応用技術研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年11月10日(金) [申込締切]平成29年11月3日(金)
時 間: 13:30~16:30
内 容: ◆講演Ⅰ
13:35~14:45 「複合材料は自動車に何をもたらすのか?」
     講師 SGLカーボンジャパン株式会社 コンポジット・繊維材料事業部   
        フィールドアプリケーションエンジニア マネジャー 齋藤拓也 氏

 自動車業界で注目を浴びている複合材料。CFRPに於いては1981年のF1を皮切りに、スーパーカー、限定生産車に拡がり、2013年登場のBMW社i3が量産車両で初めて広範囲に採用した。それ以降、特に欧州では様々な採用例が見られる。改めて日本車での複合材料採用の拡大に向け、そもそも複合材料とは何か、どのような利点・欠点があるのか、採用に必要な視点は何か、複合材料の可能性についてお伝えしたい。

◆講演Ⅱ
14:55~16:05 「熱成形の基礎と熱可塑性CFRPへのアプローチ(仮)」
          講師 株式会社浅野研究所 企画開発部 課長 宇佐美秀樹 氏

 熱可塑性樹脂の成型方法の一つとして加熱軟化した熱可塑性樹脂シートを真空圧あるいは圧縮空気圧を利用した真空(圧空)成形がある。この真空(圧空)成形方法の基礎と、熱可塑性樹脂を使ったCFRTPの成形の応用について紹介したい。

◆名刺交換会
16:05~16:30 名刺交換会
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 1002
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方は3,000円)
 ※すでにお支払い済みの方を除きます。

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k102.html

11/15 フロンティア21エレクトロニクスショー2017

詳細を表示

日 付: 平成29年11月15日~17日
時 間: 10:00~17:00(17日は16:00まで)
テーマ: ものづくりを支える最新のエレクトロニクス技術
内 容: 15日10:30~12:00インダストリー4.0最前線:Industrial Io Tの導入とビジネスモデル 13:00~14:30進化するものづくりのデジタル技術活用とIo T~三菱電機が考えるスマートなものづくり~ 15:00~16:30Io T時代の組み込みシステムセキュリティ 16日10:30~12:00トヨタ自動車の安全技術・自動運転への取組み 13:00~14:30ルネサスが描く次世代自動車に向けた最先端半導体ソリューションへの取組み 14:30~15:30対流伝熱促進の可視化・計測および空冷ファンのモデル化 15:40~16:40信頼性加速試験の役割と国際標準IEC62506の概要 17日10:30~12:00トヨタのコネクティッド戦略 プレゼンテーション 12:50~13:20グラフ製作・データ分析ソフトウェアOriginのご紹介 13:30~14:10EMC設計を効率化する考え方~ノイズ放射原理の直感的理解~ 14:20~14:50ADAS・自動運転シミュレーションに最適なドライビングシミュレータSCANeRTMstudioーその特徴と最新機能について 15:00~15:30産業・自動車分野向け高信頼性プリント基板の最新ソリューション 15:40~16:10IT検証産業協会(IVIA)事業のご紹介
講 師: ベッコフオートメーション(株) 川野俊充氏 三菱電機(株) 溝上悟史氏 立命館大学情報理工学部 上原哲太郎氏 トヨタ自動車(株) 池田幸洋氏 ルネサスエレクトロニクス(株) 大村隆司氏 防衛大学校システム工学群 中村元氏 富士ゼロックスアドバンストテクノロジー 原田文明氏 トヨタ自動車(株) 浜田岳生氏 
会 場: 吹上ホール
参加費: 無料
定 員: 未定
詳 細: http://www.eleshow.jp
連絡先: 中部エレクトロニクス振興会
TEL: 052-661-6476

11/17 スマートビークル研究センター第7回シンポジウム

詳細を表示

日 付: 平成29年11月17日(金) [申込締切]平成29年11月15日(水)
時 間: 13:30~18:00
内 容: 【招待講演】
<招待講演①>
「自動運転をどのように考えるべきか」
東京大学大学院新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授 鎌田 実 氏
<招待講演②>
「愛知県自動運転実証実験の概要と自動運転用高精度3次元地図について」
アイサンテクノロジー㈱ MMS事業本部 3Dソリューション事業部
部長代理 福山 尚久 氏
【活動状況報告】
・学内活動状況報告1
「自動走行車は運転免許学科試験に合格できるか」
本学教授 佐々木 裕(センター長)
・学内活動状況報告2
「車載カメラ映像の超解像度化による運転支援」
本学教授 浮田 宗伯
・学内活動状況報告3
「自動運転レベル4以上を実現するための課題とその解決へ向けての取り組み」
本学シニア研究スカラ 三田 誠一
・学内活動状況報告4
「電気自動車用モータ駆動システムのインバータ励磁の損失と低鉄損モータ」
本学教授 藤﨑 敬介
【見学会】
会 場: 豊田工業大学
参加費: 無料
定 員:
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/event/stydy/000596.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 長谷川、安田
TEL: 052-809-1723

11/20 平成29年度第2回自動車安全技術セミナー

詳細を表示

日 付: 平成29年11月20日(月) [申込締切]平成29年11月15日(水)
時 間: 14:00~17:00
テーマ: 自動車安全技術の紹介
内 容: 14:00~15:00 講演1:「路面状況把握による安全性の確保」
15:00~16:00 講演2:「世界一賢い“知的道路”による自動車安全技術開発」
16:00~16:15 質疑応答・講師との意見交換会
16:20~17:00 知の拠点あいち重点研究プロジェクトR9研究室の見学会
講 師: 講演1:英弘精機 株式会社 専任マネジャー 内堀 崇 氏
講演2:愛知県立大学 情報科学部 教授 小栗 宏次 氏
会 場: 「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター 1階 講習会室
参加費: 無料
定 員: 40名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/autosafety-seminar291120.html
連絡先: 愛知県産業労働部
産業科学技術課
鴨下
TEL: 052-954-6351

11/22 豊橋技術科学大学 平成29年度社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 11月22日 [申込締切]11月8日
時 間: 10:30 ~16:00
テーマ: 組織・構造解析技術講座
ナノテクノロジーのための構造・組織解析Ⅵ
内 容: 【講義】 
固体NMRの基礎と先端材料の測定
【講義・演習】
固体NMRを用いた先端材料測定の構造解析
【実習】装置を使った実習
無機材料、炭素材料の測定のノウハウ
講 師: ブルカー・バイオスピン株式会社
アプリケーション部 木村 英昭
会 場: 豊橋技術科学大学 教育研究基盤センター
参加費: 5,000円
定 員: 12名程度(定員になり次第締め切らせていただきます)
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-s5.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 
社会連携推進センター
TEL: 0533-81-5188

11/24 情報処理学会東海支部主催2017年度第4回講演会

詳細を表示

日 付: 平成29年11月24日(水)
時 間: 17:00~18:00
テーマ: ニューラル・ネットワークにおける情報量の表現とFPGA実装
講 師: ルーウィ ヴァレニャ氏(ザイリンクス株式会社)
会 場: 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 3F ベンチャーホール
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.ipsj-tokai.jp/jigyou/lecture/
連絡先: 情報処理学会東海支部 事務局 
TEL: 052-231-3564

11/27 切研削講演会「自動車と切削加工における振動抑制技術」

詳細を表示

日 付: 平成29年11月27日(月) [申込締切]平成29年11月20日(月)
時 間: 13:30~16:40
内 容: 1.「自動車における制振・防音問題の対策手法」
 群馬大学 大学院理工学府 知能機械創製部門 教授 山口 誉夫 氏
2.「切削加工におけるびびり振動の発生機構と抑制法」
 名古屋大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 教授 社本 英二 氏
3.「制振性能評価のための損失係数測定技術」
名古屋市工業研究所 システム技術部 計測技術研究室 山田 博行
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料(テキスト代 2,000円)
定 員: 80名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/217.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 計測技術研究室 山田
TEL: 052-654-9870

11/27 名工大 レクチャーコース2

詳細を表示

日 付: 平成29年11月27日(月)、28日(火) [申込締切]平成29年11月13日(月)
時 間: 10:00~16:00
テーマ: 学び直し「機械材料学」
内 容: 11月27日(月)10:00~16:00
11月28日(火)10:00~16:00
講 師: 渡辺 義見  名古屋工業大学 教授
渡邊 千尋  金沢大学    教授
三浦 永理  兵庫県立大学 准教授 
会 場: 名古屋工業大学4号館1階 産学官交流プラザ
参加費: ・研究協力会会員会社   19,000円(消費税込)
・非会員会社       24,000円(消費税込)
定 員: 50
詳 細:  http://partner.web.nitech.ac.jp/?p=6031
連絡先: kyoryoku-pal@adm.nitech.ac.jp
TEL: 052-735-5538

11/27 名古屋商工会議所次世代産業フォーラム2017

詳細を表示

日 付: 平成29年11月27日(月) [申込締切]平成29年11月22日(水)
時 間: 15:30~17:00
テーマ: ITモノづくりで進化する深センの最新動向
内 容: 11月27日(月)15:30~17:00
ITモノづくりで進化する深センの最新動向
講 師: 株式会社日本総合研究所 副主任研究員 北野 健太 氏
会 場: 名古屋商工会議所5階BC会議室
参加費: 無料(名古屋商工会議所会員企業)
定 員: 90名
詳 細: http://www.nagoya-cci.or.jp/event/eventdisp.php?event_id=1709150012
連絡先: 名古屋商工会議所 産業振興部 モノづくり・新産業グループ 島田
TEL: 052-223-8602 

11/27 平成29年度第2回IoT/AIを活用したスマートモノづくり研究会

詳細を表示

日 付: 平成29年11月27日(月) [申込締切]平成29年11月20日(月)
時 間: 13:30~16:50
内 容: ◆講演Ⅰ
13:35 ~ 15:05 「中小企業のIoT導入方法 -活用できる中小企業向けIoTツールの紹介と実践-」
            講師:一般社団法人インダストリアル・バリューチェーン・イニシアティブ 理事長、
                                             法政大学 教授 西岡靖之 氏
生産ラインの見える化や業務処理の効率化、共同受発注など、中小企業のIoT活用の取組は千差万別である。本講演では、中小企業のIoTの進め方について解説するとともに、IT カイゼンのための情報連携ツールとして、Excel のような操作感覚で表と表を関係づけ、一つの業務アプリを簡単に自作できる「コンテキサー」を紹介する。

◆講演Ⅱ
15:20 ~ 16:20 「地域企業のスマート工場実践事例」
           -安い!速い ! 簡単!中小企業でも使える常識外れのIoTモニタリング-
            講師:i Smart Technologies 株式会社 代表取締役社長 木村 哲也 氏 
講師は見える化によるITカイゼンで生産効率を6割向上させた。この実績を基に、「初期費用10万円・月額使用料1ライン8千円程度、古い設備にも2時間程度で導入可能、いつでもどこでもスマホでデータが見えるという常識外れのIoTモニタリングサービス」を立ち上げた。その経緯と効果、マネジメントの工夫等について紹介する。

◆名刺交換会
16:20 ~ 16:50
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 1203
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方は3,000円)
 ※すでにお支払い済みの方を除きます。

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k103.html

11/29 第136回講習会 「四力+制御」にもう一度チャレンジし基礎力を高める講習会 B<熱力学(伝熱工学)>

詳細を表示

日 付: 平成29年 11月 29日(水)  [申込締切]平成29年11月28日(火)
時 間: 13:30 ~ 18:45
内 容:   13:30-15:00 熱とエネルギー,熱力学第一法則
  15:15-16:15 熱力学第二法則,エントロピー,エネルギー有効利用
  16:30-17:30 伝熱工学の基礎
  17:45-18:45 情報交換会(受講者側から講師への質問の機会を提供)
講 師: 長野 方星  (名古屋大学 教授)
会 場: 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー ベンチャーホール(3F)
参加費: (教材費込み)会員 10,000円, 会員外 20,000円
       学生員 5,000円, 一般学生 10,000円
参加費は11月24日(金)までに銀行振込をお願いします.
当日現金払いは+1000円となります.
領収書を当日受付でお渡しいたします.
定 員: 30名
詳 細: http://tokai2.jsme.or.jp/PaperMgr.cgi?Cmd=ActiveMeetingInfo&iTargetMID=0084
連絡先: 日本機械学会東海支部事務局
TEL: (052)789-4494

11/29 第136回講習会 「四力+制御」にもう一度チャレンジし基礎力を高める講習会 A<振動工学>

詳細を表示

日 付: 平成29年 11月 29日(水)  [申込締切]平成29年11月28日(火)
時 間: 13:30 ~ 18:45
内 容:   13:30-15:00 1自由度系の振動を理解しよう:
           固有振動数とは?減衰比とは?共振曲線の特徴とその予測
           や低減のポイント
  15:15-16:15 多自由度系の振動を理解しよう:
           モードとは?計測や制振のポイント,動吸振器の設定と
           応用
  16:30-17:30 自励振動と回転軸系の振動を理解しよう
  17:45-18:45 情報交換会(受講者側から講師への質問の機会を提供)
講 師: 井上 剛志 (名古屋大学 教授)
会 場: 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー ベンチャーホール(3F)
参加費: (教材費込み)会員 10,000円, 会員外 20,000円
       学生員 5,000円, 一般学生 10,000円
参加費は11月24日(金)までに銀行振込をお願いします.
当日現金払いは+1000円となります.
領収書を当日受付でお渡しいたします.
定 員: 30名
詳 細: http://tokai2.jsme.or.jp/PaperMgr.cgi?Cmd=ActiveMeetingInfo&iTargetMID=0083
連絡先: 日本機械学会東海支部事務局
TEL: (052)789-4494

12/1 第43回名古屋駅前イノベーションハブ技術シーズ発表会

詳細を表示

日 付: 平成29年12月1日(金) [申込締切]平成29年11月27日
時 間: 15:00~17:30
テーマ: 「インフラ関連技術~
インフラの施工・維持管理の高度化~」
内 容: 15:00-15:40 「コンクリートの型枠内リアルタイム流動解析手法の開発」      
       
15:40-16:20 「ひずみ分布センサシートの開発と道路橋モニタリングへの応用」
     
16:20-17:00 「鋼構造のCFRPを使った補修補強と接着補修部のFBG(ファイバブラッググレーティング)センサによる損傷モニタリング」
講 師: 三重学大学 大学院工学研究科
 建築学専攻
准教授  三島直生
産業技術総合研究所 大集積マイクロシステム研究センター
 社会実装化センサシステム研究チーム
研究チーム長 小林 健
豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 
  建築・都市システム学系
准教授  松本幸大
会 場: 名古屋駅前イノベーションハブ
参加費: 無料
定 員: 30
詳 細: http://www.ekimae-innova.jp/event/event20171201.pdf
連絡先: 産業技術総合研究所中部センター
 産学官連携推進室 都築
TEL: 052-583-6454

12/1 豊橋技術科学大学 平成29年度社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 平成29年12月1日~平成30年1月10日 [申込締切]平成29年11月27日
時 間: 第1講:12/1 16:00~18:00
第2講:12/8 16:00~18:00
第3講:12/15 18:30~20:30
第4講:12/22 16:00~18:00
第5講:1/10 16:00~18:00
テーマ: 東三河防災カレッジ:建物(施設)をまもる人材の育成講座
内 容: 第1講:建物の地震対策は必要か~地震リスクの考え方~
第2講:建物はどうやって耐震化するのか
第3講:建物の設備を守るにはどうしたらよいか
第4講:地域地盤特性と関連する地盤災害
第5講:臨海施設対策において留意すべきこと
講 師: 第1講:中澤祥二(豊橋技術科学大学建築・都市システム学系 教授)
第2講:松井智哉(豊橋技術科学大学建築・都市システム学系 准教授
第3講:斉藤大樹(豊橋技術科学大学安心安全地域共創RCセンター長)
第4講:松田達也(豊橋技術科学大学建築・都市システム学系 講師)
第5講:濱田政則(アジア防災センター・センター長/早稲田大学名誉教授)
会 場: 第1,2,3,4講:穂の国とよはし芸術劇場
第5講:蒲郡市民会館
参加費: 5,000円
定 員: 30名程度(定員になり次第締め切らせていただきます)
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-t4.html
連絡先: 安全安心地域共創リサーチセンター
TEL: 0532-44-7108

12/2 豊橋技術科学大学 平成29年度社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 平成29年12月2日~平成30年2月1日 [申込締切]平成29年11月27日
時 間: 第1講:12/2 13:00~17:00
第2講:1/11 16:00~19:00
第3講:1/20 9:30~12:30
第4講:1/25 16:00~18:00
第5講:2/1 16:00~18:00
テーマ: 東三河防災カレッジ:生命(生活)をまもる人材の育成講座
内 容: 第1講:歩いて学ぶ:防災マップのつくりかた
第2講:生活のなかの防災、地震ITUMO
第3講:避難所のつくりかた:避難所の運営体験(HUG)
第4講:災害時における避難の課題と対策
第5講:自主避難の課題:近年の災害の状況をふまえて
講 師: 第1講:中澤祥二(豊橋技術科学大学建築・都市システム学系 教授)
第2講:松井智哉(豊橋技術科学大学建築・都市システム学系 准教授
第3講:斉藤大樹(豊橋技術科学大学安心安全地域共創RCセンター長)
第4講:松田達也(豊橋技術科学大学建築・都市システム学系 講師)
第5講:濱田政則(アジア防災センター・センター長/早稲田大学名誉教授)
会 場: 第1講:豊橋市民センター中会議場
第2,4,5講:穂の国とよはし芸術劇場
第3講:あいトピア多目的ホール
参加費: 3,000円
定 員: 30名程度(定員になり次第締め切らせていただきます)
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-t4.html
連絡先: 安全安心地域共創リサーチセンター
TEL: 0532-44-7108

12/5 基盤産業支援セミナー 「結晶の分析・評価」~シンクロトロン光によって見えるもの~

詳細を表示

日 付: 平成29年12月5日 (火) [申込締切]平成29年12月1日(金)
時 間: 13:30 ~ 16:30
内 容: 講演1(13時35分~14時55分)
  内容:放射光、中性子等の量子ビームを用いた材料の構造解析について
  講師:株式会社日産アーク デバイス解析部デバイス解析室 室長 伊藤 孝憲 氏
  概要:放射光、中性子等の量子ビームを用いた材料の構造解析について紹介します。近年、
      量子ビームの利用は以前より身近になってきました。しかし、量子ビームで得られた
      データの解析についてはまだまだ課題があります。データを解析し、定量的な議論の
      重要性について説明します。

講演2(15時10分~16時30分)
  「放射光X線トポグラフィーによる半導体結晶の欠陥評価」
  講師:名古屋大学 講師 原田 俊太 氏
  概要:トポグラフィーとは、結晶内の欠陥や歪み等の分布や形などを2 次元画像として観察
      する手法で、透過型電子顕微鏡と共に結晶欠陥観察手法として長年使用されてい
      ます。シンクロトロン光を活用したX 線トポグラフィーで何がわかるか、どう役立つか
      について紹介します。
講 師: 株式会社日産アーク デバイス解析部デバイス解析室 室長 伊藤 孝憲 氏
名古屋大学 講師 原田 俊太 氏
会 場: ウインクあいち(愛知県産業労働センター) 9階 906会議室
参加費: 無料
定 員: 30名(先着順)
詳 細: http://www.aichi-inst.jp/acist/news/up_docs/seminar_synchro20171205.pdf
連絡先: あいち産業科学技術総合センター
共同研究支援部 シンクロトロン光活用推進室 柴田、中川
〒470-0356 豊田市八草町秋合1267-1
TEL:0561-76-8315
FAX:0561-76-8317
メール:BL-riyou@chinokyoten.pref.aichi.jp
TEL: 0561-76-8315

12/6 豊橋技術科学大学 平成29年度社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 平成29年12月6日~平成30年1月30日 [申込締切]11月20日
時 間: 10:30 ~16:00
テーマ: 計算技術科学実践教育プログラム ショートコース
内 容: 内容:本プログラムは以下の3つのショートコースを設定しております。
※詳細はチラシをご覧下さい
①並列プログラミング基礎・実践
:48時間(募集締切)
②物質科学シミュレーション
:24時間 
③第一原理シミュレーション
:24時間
講 師: 後藤仁志(情報・知能工学系准教授) 他
会 場: 豊橋技術科学大学 B-209
参加費: 30,000円
定 員: 10名程度(定員になり次第締め切らせていただきます)
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-s7s.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 
社会連携推進センター
TEL: 0533-81-5188

12/9 日本セラミックス協会東海支部学術研究発表会

詳細を表示

日 付: 2017年12月9(土)
時 間: 9:00~16:00
(受付開始8:30)
内 容: ●一般講演(79件)
   発表時間 講演12分/件,質疑応答・交替3分/件
   発表会場 A会場~D会場(詳細は東海支部webページをご参照ください)
   セッション時間 午前 9:00~12:00
             午後 13:00~16:00
●特別講演(3件)
   講演時間    30分/件
   発表会場    東海支部webページをご参照ください
   講演時間    午後 13:00~15:00 (予定)
●招待講演(3件)
   講演時間    30分/件
   発表会場    東海支部webページをご参照ください
   講演時間    午後 15:00~17:00(予定)
講 師: ●特別講演
 ・「ナノ電極構造制御による電気化学セラミックス技術の研究」
  産業技術総合研究所 藤代 芳伸 氏
 ・「セラミックスのナノ構造と特性に関する理論解析」
  名古屋大学 松永 克志 氏
 ・「固体酸化物形燃料電池用セラミックスおよびガラス部材の開発と実用化」
  株式会社ノリタケカンパニーリミテド 高橋 洋祐 氏
●招待講演
 ・「エアロゾル・デポジションによる低発塵コーティング」(仮題)
  株式会社TOTO 清原 正勝 氏
 ・「LaScO3 系固体電解質による固体酸化物燃料電池」(仮題)
  東北大学 准教授 井口 史匡 氏
 ・「電気自動車への走行中給電」
  豊橋技術科学大学 教授 大平 孝 氏
会 場: 名古屋工業大学 御器所キャンパス2号館
参加費: 【参加登録料】
一般:3,500円、学生:2,000円
【懇親会・優秀講演賞授賞式】
一般:5,000円、学生:2,000円
定 員:
詳 細: http://www.ceramic.or.jp/stokai/H29_tgyoji/H29_20171209gaku/announce.html
連絡先: 国立大学法人 名古屋工業大学 先進セラミックス研究センター 教授 井田隆
TEL: 0572-27-6811

12/14 難環境作業スマート機械技術研究センター第4回シンポジウム

詳細を表示

日 付: 平成29年12月14日(木) [申込締切]平成29年12月12日(火)
時 間: 13:00~19:00
内 容: 「難環境作業スマート機械技術研究センター研究概要」
センター長  成清 辰生
【招待講演】
<招待講演1>
巽 好幸 氏 神戸大学 海洋底探査センター センター長
「世界一の地震大国・火山大国に暮らすということ」
【成果報告】 
<成果報告1>半田 太郎(本学教授)「超音速マイクロ流れの特性と応用」
<成果報告2>吉村 雅満(本学教授)「ナノカーボンの構造制御とその応用」
【招待講演】
<招待講演2>
森本 淳 氏 ATR脳情報研究所 ブレインロボットインタフェース研究室 室長
「ヒト型ロボットの運動学習とヒトの運動支援戦略」
【成果報告】
<成果報告3>椎原 良典(本学准教授)「金属ガラス変形機構解明のための第一原理局所応力シミュレーションの開発」
<成果報告4>岩田 直高(本学教授)「電力制御用GaNパワートランジスタの実現に向けて」
<成果報告5>成清 辰生(本学教授)「人間機械系の制御系設計 -AAN(Assist-as-Needed)制御-」
【交流会・ポスターセッション】
会 場: 豊田工業大学
参加費: 無料
定 員:
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/event/stydy/000602.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 長谷川、安田
TEL: 052-809-1723

12/14 第34回イーブニングセミナー「最近の空と地上移動体開発の話題」

詳細を表示

日 付: 平成29年 12月 14日(木)  [申込締切]平成29年12月4日(月)
時 間: 18:00 ~ 20:00
内 容: 18:00~18:30
講演1: 「無人飛行ロボット(通称ドローン)の開発最前線
        ~技術は無事故を願い,法は無事件を願う~」
      キャリオ技研株式会社代表取締役 富田 茂 氏
             (博士,工学部機械学科平成3年卒)
(概要) ドローンの最新利活用例を世界中から拾い,紹介します.
     そして,技術進化の在り方を考え,事件と事故の違いを述べます.
18:40~19:30
講演2:「昨今の自動車電動化と今後の課題」
      三菱自動車工業㈱ EV・パワートレイン技術開発本部
                本部長補佐 久米 建夫 氏
(概要) 2009年三菱自動車は電気自動車『i-MiEV』を,2013年にはプラグインハイブリッド電気自動車『アウトランダーPHEV』を発売し,電動車を積極的に展開しています.2015年にはCOP21で2050年の気温の目標値が設定され,自動車業界ではCO2排出量の削減に向け,自動車の電動化が喫緊の課題になっています.ここでは,自動車電動化の現状と今後の課題について述べたいと思います.
19:30~20:00 交流会
講 師: キャリオ技研株式会社代表取締役 富田 茂 氏
三菱自動車工業㈱ EV・パワートレイン技術開発本部  本部長補佐 久米 建夫 氏
会 場: 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 3階ベンチャーホール(3F)
参加費: 一般:1,600円,学生:600円(軽食・アルコール飲料付)
定 員: 60名
詳 細: http://tokai2.jsme.or.jp/PaperMgr.cgi?Cmd=ActiveMeetingInfo&iTargetMID=0085
連絡先: 日本機械学会東海支部事務局
TEL: (052)789-4494

12/15 第15回幸田プレステージレクチャーズ~ものづくり日本 講演会~

詳細を表示

日 付: 平成29年12月15月(金) [申込締切]平成29年12月14日(木)
時 間: 13:30~15:30
テーマ: レーザによる生産技術の高度化
-可視化による加工現象解明-
内 容: 13:00開場
13:30開演
ものづくりの基盤技術である溶接・接合・接着の分野においては、レーザ加工が最も注目されている。そこで、レーザ加工現象を高速度ビデオや熱放射温度計、X線透視法などで観察して得られた動画を紹介し、各種の挙動や現象の理解を通じて今後のものづくりプロセス・生産技術の改善・高度化に繋がる本質的知見を紹介します。
15:00閉演
講 師: 大阪大学 名誉教授・工学博士、ナ・デックスレーザR&Dセンター長 片山 聖二 氏
会 場: 幸田町民会館つばきホール
参加費: 無料
定 員: 400名
詳 細: http://2015kmrc.weebly.com/
連絡先: 幸田プレステージレクチャーズ運営事務局(幸田町企画部内)
TEL: 0533-67-6557

12/15 名古屋市工業研究所 所内見学会「工研オープンラボ」

詳細を表示

日 付: 平成29年12月15日(金) [申込締切]平成29年12月12日(火)
時 間: 13:00~17:00
内 容: 1.工業研究所および3Dものづくり支援センターの紹介
2.ラボツアー(1回目)13:50~15:00
3.ラボツアー(2回目)15:20~16:30
4.研究紹介パネルの展示13:00~17:00
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料
定 員: 54名(先着順)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/220.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 支援総括室
TEL: 052-654-9900

12/16 少年少女発明クラブ指導員に関心のある女性を対象とした「発明クラブ見学会」

詳細を表示

日 付: ①平成29年12月16日(土)
②平成29年12月17日(日)
③平成29年12月23日(土)
④平成30年1月13日(土)
⑤平成30年1月27日(土)
⑥平成30年2月3日(土)
⑦平成30年2月10日(土)
⑧平成30年2月17日(土)
⑨平成30年2月18日(日)
⑩平成30年2月24日(土)
時 間: ①11:00~12:00
②15:00~16:00
③10:00~11:00
④10:00~11:00
⑤13:30~14:30
⑥10:00~11:00
⑦10:00~11:00
⑧10:00~11:00
⑨10:00~11:00
⑩10:00~11:00
テーマ: 少年少女発明クラブ指導員に関心のある女性を対象とした「発明クラブ見学会」
内 容: 発明クラブの見学会
講 師: ①日進市少年少女発明クラブ
②岡崎市少年少女発明クラブ
③幸田町少年少女発明クラブ
④名古屋少年少女発明クラブ
⑤刈谷少年少女発明クラブ
⑥西尾市少年少女発明クラブ
⑦高浜市少年少女発明クラブ
⑧一宮少年少女発明クラブ
⑨碧南市少年少女発明クラブ
⑩蒲郡少年少女発明クラブ
会 場: ①日進市民会館
②六名会館
③愛知工科大学
④トヨタ産業技術記念館
⑤ふれあいプラザゆうきそう
⑥西尾市高齢者交流広場さくら会館
⑦たかはま夢・未来塾
⑧豊田合成株式会社健康管理センター
⑨碧南市ものづくりセンター
⑩愛知工科大学
参加費: 無料
定 員: 各回10名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/kengaku2017.html
連絡先: 愛知県 産業労働部 産業科学技術課 研究開発支援グループ
TEL: 052-954-6370

12/18 ICTイノベーションセミナー2017in東海

詳細を表示

日 付: 平成29年12月18日(月) [申込締切]平成29年12月14日
時 間: 14:00~17:15
テーマ: SCOPE研究成果発表&機械翻訳技術の最新動向
内 容: 14:00~14:05 開会挨拶
14:05~14:25 総務省の施策説明
         総務省における情報通信分野の競争的資金について
         総務省国際戦略局技術政策課 技術企画調整官 岩間 司 氏
14:25~15:15 特別講演    
         「深層学習による機械翻訳技術の最新動向」
         株式会社みらい翻訳 代表取締役社長 栄藤 稔 氏
15:25~17:05 SCOPE研究成果発表
15:25~15:45 研究成果発表1
         課題名:「措置入院」の診察のためのセキュアな精神保健指定医決定システムの開発
         名古屋大学大学院医学系研究科(現:同志社女子大学教授) 杉浦 伸一 氏
15:45~16:05 研究成果発表2
課題名:高品質触感ディスプレイと感性空間で消費者と開発者をつなぐ触感デザイン支援システム
名古屋大学大学院工学研究科 講師 岡本 正吾 氏
16:05~16:25 研究成果発表3
課題名:ミリ波による高速通信の拡大を牽引するSi基板上の窒化物半導体トランジスタの研究開発
名古屋工業大学大学院工学研究科 准教授 分島 彰男 氏
16:45~17:05 研究成果発表4
課題名:インプラントデバイスにおける高速・高信頼化を実現する超広帯域無線通信方式の研究開発
名古屋工業大学大学院工学研究科 助教 安在 大祐 氏

講 師: 総務省国際戦略局技術政策課 技術企画調整官 岩間 司 氏
株式会社みらい翻訳 代表取締役社長 栄藤 稔 氏
名古屋大学大学院医学系研究科(現:同志社女子大学教授) 杉浦 伸一 氏
名古屋大学大学院工学研究科 講師 岡本 正吾 氏
名古屋工業大学大学院工学研究科 准教授 分島 彰男 氏
名古屋工業大学大学院工学研究科 助教 安在 大祐 氏
会 場: 「ウインクあいち」11階1102会議室
参加費: 無料
定 員: 80名
詳 細: http://www.soumu.go.jp/soutsu/tokai/topics/event/29-1115.html
連絡先: 東海総合通信局情報通信連携推進課研究開発推進担当 和田、太田、和泉
e-mail:tokai-renkei-kenkyu@soumu.go.jp
TEL: 052-971-9316

12/20 研究交流クラブ第186回定例会

詳細を表示

日 付: 平成29年12月20日(水) [申込締切]平成29年12月13日(水)
時 間: 14:00~18:00
テーマ: 活用の場が広がるAI
内 容: 14:00~ 開会挨拶 

14:05~ 講演1:「AI技術で挑むロボカップサッカー」
         愛知県立大学 情報科学部長 兼 大学院情報科学研究科長 村上 和人氏

15:30~ 講演2:「ドコモの次世代モビリティサービスのチャレンジ
                  ~AIタクシーから始まる近未来の人の移動の見える化~」
         株式会社NTTドコモ 法人ビジネス本部 IoTビジネス部
                      先進ビジネス推進・技術推進 担当課長 槇島 章人氏

17:00~ 交流会(ライトパーティ)
会 場: アイリス愛知 2階 コスモス
参加費: 参加費無料(会員以外は交流会のみ2,000円)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_186.html

12/20 名古屋市工業研究所80周年記念講演 第3回講演会「IoTが繋げるものづくりの世界」

詳細を表示

日 付: 平成29年12月20日(水)
時 間: 13:30~16:35
内 容: 1.「IoTとは何?」
 名古屋市工業研究所 生産システム研究室 斉藤 直希
2.「IoTで実現する生産プロセスのスマート化」
 DMG森精機株式会社 ソフトウェアマーケティング部
 国内マーケットグループ 中野 靖章 氏
3.「IoT社会に向けた製造工程でのセンサとモニタリングシステムの現状と今後の可能性」
 日本キスラー株式会社 インダストリーディビジョン
 アプリケーションエキスパート 折田 浩春 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟1階 ホール
参加費: 無料
定 員: 300名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/219.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 支援総括室
TEL: 052-654-9900

12/21 資源循環型ものづくり研究会 解散記念講演会 

詳細を表示

日 付: 平成29年12月21日(木) [申込締切]平成29年12月11日(月)
時 間: 14:30~17:00
テーマ: ~未来の資源循環型ものづくり社会について語る~
内 容: 会長挨拶  14:30~14:45
 名古屋大学 未来社会創造機構 モビリティ領域長 材料・エネルギー分野
 教授  市野 良一 氏
○講演1  14:45~15:15
「IMS研究会の活動を振り返って -果たした社会的役割」
 名古屋大学 名誉教授  森 滋勝 氏
○講演2  15:15~15:45
「産学官から発信!都市鉱山リサイクル みんなのメダルプロジェクト」
 大府市 市民協働部 環境課長  久野 幸裕 氏
○講演3  16:00~17:00
「トヨタ環境チャレンジ2050」
 トヨタ自動車株式会社 環境部 企画室長  山戸 昌子 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟1F ホール
参加費: 無料
定 員: 200名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/sansien/ims/index.html#kaisai
連絡先: 公益財団法人名古屋産業振興公社研究推進部研究開発支援課担当:水野
TEL:052-736-5680 FAX:052-736-5685 e-mail:ims@nipc.or.jp
TEL: 052-736-5680

12/21 第10回AITテクノサロン

詳細を表示

日 付: 平成29年12月21日(木) [申込締切]平成29年12月11日(月)
時 間: 15時~18時
テーマ: これからの付加価値創造
内 容: 「食品ロスと世界のフードビジネス」
「製品品質向上と生産効率の向上」
「ものづくり」と「価値づくり」による付加価値の創造
講 師: 経営学科 小林富雄教授、田村隆善教授、後藤時政教授
会 場: 愛知工業大学 本山キャンパス 3階講義室
参加費: 無料
定 員: 80名
詳 細: http://www.ait.ac.jp/news/detail/0002874.html
連絡先: 愛知工業大学 総合技術研究所 社会連携室
TEL: 0565-48-8121(内線)1430

12/21 「知の拠点あいち重点研究プロジェクト(Ⅰ期)」成果普及セミナー

詳細を表示

日 付: 平成29年12月21日(木)15時~ [申込締切]平成29年12月18日(月)
時 間: 15:00~18:00
テーマ: 肺における血中薬物の吸収・排泄機構に関する研究会公開セミナー
内 容: 15:00~15:10
◇開会挨拶
 松島 充代子氏(名古屋大学大学院医学系研究科 講師(研究会座長)) 

15:10~16:00
◇講演「呼気成分の解析と医療応用への期待」
 川部 勤氏(名古屋大学大学院医学系研究科 教授) 

16:00~16:10 休憩

16:10~17:00
◇講演「生体ガスのための分析技術」
 神野 直哉氏(神戸学院大学栄養学部 非常勤講師) 

17:00~17:50
◇講演「呼気による血中薬物のモニタリング」
 山本 敦氏(中部大学応用生物学部 教授) 

17:50~18:00
◇閉会挨拶
 松島 充代子氏(名古屋大学大学院医学系研究科 講師(研究会座長))
会 場: 科学技術交流財団研究交流センター(名古屋市中村区名駅4-4-38ウインクあいち15階)
定 員: 30名(先着順)
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/acist/h291221-p3seminar.html

1/10 中小企業技術者研修(加工技術研修)

詳細を表示

日 付: 平成30年1月10日 [申込締切]平成29年12月20日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: 加工技術研修
内 容: 平成30年1月10日~2月28日(毎週水曜日)9:30~16:00
・加工プロセス概論 講義(3時間)
・切削工具 講義(3時間)
・塑性加工 講義(3時間)
・研削加工・研削盤 講義(3時間)
・鋳造 講義(3時間)
・研削砥石・研削加工 講義(3時間)
・CAD/CAM実習 (6時間)
・NC加工 講義・見学(6時間)
・精密測定 講義(3時間)
・バリ取り・エッジ仕上げについての表面処理技術 講義(3時間)
・放電加工・レーザ加工 講義・見学(6時間)
・射出成形 講義(3時間)
・金属3Dプリンター技術 講義(3時間)
講 師: オーエスジー(株)
企画部カスタマーサービスグループチームリーダー 菅原 清 氏 他
会 場: 名古屋市工業研究所 研修室等
参加費: 53,460円
定 員: 10名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_kakou.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

1/11 文部科学省「ナノテクノロジープラットフォーム事業」高分子およびソフトマテリアル材料のための機器分析講座「赤外ラマン振動解析の基礎と応用講座」

詳細を表示

日 付: 平成30)年 1月11日(木)~ 1月12日(金) [申込締切]平成29年12月25日(月)
時 間: 10:00-18:00
内 容: 1月11日(木)
(1) 午前10時~11時半 赤外スペクトル測定法の概要 バリアン
(2) 午前11時半~12時半 昼食
(3) 午前12時半~午後2時 分光法の高分子材料への応用(1) 田代孝二
(4) 午後2時すぎ~3時半 分光法の高分子材料への応用(2) 田代孝二
(5) 午後4時すぎ~6時 試料作成法の具体的説明、装置の原理と使用上の注意
1月12日(金)
(1) 午前10時~12時 試料作成の実践ならびに測定(1)透過法、反射法
(2) 午前12時~午後1時 昼食
(3) 午後1時~3時 試料作成の実践ならびに測定(2)ラマン、顕微法
(4) 午後3時~5時半 データの解析と解釈に基づく高分子構造解析
(5) 午後5時半~6時 質疑応答
会 場: 豊田工業大学
参加費: 10000
定 員: 20名
詳 細: http://www.toyota-ti.ac.jp/event/stydy/000615.html
連絡先: 豊田工業大学
研究支援部研究協力グループ 安田
TEL: 052-809-1723

1/12 名古屋工業技術協会 自動車関連技術講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年1月12日(金)
時 間: 13:30~17:00
テーマ: -自動車関連最新技術開発動向-
内 容: 13:30~14:30「エンジン研究に関する企業―大学―産総研の連携の現状」
産総研 省エネルギー研究部門 エンジン燃焼排気制御グループ 招聘研究員 武田好央
14:30~15:15「ディーゼルパティキュレート酸化触媒の研究開発動向」
産総研 省エネルギー研究部門 エンジン燃焼排気制御グループ  研究グループ長 内澤潤子
15:15~15:30 -休 憩-
15:30~16:30「内燃機関用先進着火技術としてのレーザー点火と今」
産総研 省エネルギー研究部門 熱流体システムグループ 上級主任研究員 高橋栄一 
16:30~総合討論、名刺交換
17:00 終了
講 師: 産総研 省エネルギー研究部門 エンジン燃焼排気制御グループ 招聘研究員 武田好央
産総研 省エネルギー研究部門 エンジン燃焼排気制御グループ  研究グループ長 内澤潤子
産総研 省エネルギー研究部門 熱流体システムグループ 上級主任研究員 高橋栄一
会 場: 名古屋駅前イノベーションハブ
参加費: 無料
定 員: 35名
詳 細: https://unit.aist.go.jp/chubu/conso_2/nkg/event/20180112.pdf
連絡先: 名古屋工業技術協会事務局
TEL: 052-583-6454

1/12 産総研コンソーシアム名古屋工業技術協会 平成29年度特別講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年1月12日(金) [申込締切]平成30年1月9日
時 間: 13:30~17:00
テーマ: 自動車関連技術講演会
-最新技術開発動向-
内 容:
-13:30~14:30
「エンジン研究に関する企業―大学―産総研の連携の現状」
-14:30~15:15
「ディーゼルパティキュレート酸化触媒の研究開発動向」
-15:30~16:30
「内燃機関用先進着火技術としてのレーザー点火と今」
-16:30~  総合討論、名刺交換 (17:00 終了予定)
講 師: 産総研 省エネルギー研究部門 エンジン燃焼排気制御グループ 招聘研究員 武田好央 氏
産総研 省エネルギー研究部門 エンジン燃焼排気制御グループ 内澤潤子 氏
産総研 省エネルギー研究部門 熱流体システムグループ 上級主任研究員
 高橋 栄一 氏
会 場: 名古屋駅前イノベーションハブ
参加費: 無料
定 員: 35名
詳 細: https://unit.aist.go.jp/chubu/conso_2/nkg/event/20180112.pdf
連絡先: 産総研コンソーシアム名古屋工業技術協会
 事務局
TEL: 052-583-6454

1/13 少年少女発明クラブ指導員に関心のある方を対象とした「発明クラブ見学会」

詳細を表示

日 付:
①平成30年1月13日(土)
②平成30年1月27日(土)
③平成30年2月3日(土)
④平成30年2月10日(土)
⑤平成30年2月17日(土)
⑥平成30年2月18日(日)
⑦平成30年2月24日(土)
時 間:
①10:00~11:00
②13:30~14:30
③10:00~11:00
④10:00~11:00
⑤10:00~11:00
⑥10:00~11:00
⑦10:00~11:00
テーマ: 少年少女発明クラブ指導員に関心のある方を対象とした「発明クラブ見学会」
内 容: 発明クラブの見学会
講 師:
①名古屋少年少女発明クラブ
②刈谷少年少女発明クラブ
③西尾市少年少女発明クラブ
④高浜市少年少女発明クラブ
⑤一宮少年少女発明クラブ
⑥碧南市少年少女発明クラブ
⑦蒲郡少年少女発明クラブ
会 場:
①トヨタ産業技術記念館
②ふれあいプラザゆうきそう
③西尾市高齢者交流広場さくら会館
④たかはま夢・未来塾
⑤豊田合成株式会社健康管理センター
⑥碧南市ものづくりセンター
⑦愛知工科大学
参加費: 無料
定 員: 各回10名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/kengaku2017.html
連絡先: 愛知県 産業労働部 産業科学技術課 研究開発支援グループ
TEL: 052-954-6370

1/16 豊橋技術科学大学 平成30年度社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 平成30年1月16日~平成30年1月30日 [申込締切]平成30年1月10日
時 間: 10:20~17:50
テーマ: 計算技術科学実践教育プログラム ショートコース:第1原理シミュレーション
内 容: ・PHASE
・量子化学入門
・QuantumEspresso
・MaterialsStudio
講 師: 濱田智之(JST)、小口達夫、中村雄一、谷林慧、ダッソーシステムズ・バイオビア
会 場: 豊橋技術科学大学 B-209
参加費: 30,000円
定 員: 10名程度(定員になり次第締め切らせていただきます)
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-s7s.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 
社会連携推進センター
TEL: 0533-81-5188

1/17 第7回知的財産経営サロン

詳細を表示

日 付: 平成30年1月17日(水) [申込締切]1月17日(水)
時 間: 14:00~17:00
テーマ: 第7回知的財産経営サロン
内 容: 第1部 特別セミナー
「時代を生き抜く知財戦略と海外販路開拓」
「県有特許を活用した製品開発」~赤色みりんの開発~
施設紹介(食品工業技術センター)
第2部 施設見学会 (食品工業技術センター)
講 師: 金印株式会社 品質保証部 課長 村松 弘章 氏
杉浦味淋株式会社 代表取締役 杉浦 嘉信 氏
食品工業技術センター職員
会 場: あいち産業科学技術総合センター 食品工業技術センター
参加費: 無料
定 員: 定員60名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/salon2018-1.html
連絡先: 愛知県 産業労働部 産業科学技術課 研究開発支援グループ
TEL: 052-954-6370

1/17 第3回「IoT/AIを活用したスマートモノづくり研究会」

詳細を表示

日 付: 平成30年1月17日(水) [申込締切]平成30年1月10日(水)
時 間: 13:30~16:45
内 容: ◆講演Ⅰ
13:35 ~ 15:05 「スマート工場へのAI活用技術の現状と動向」
            -精密工学会グランド小田原賞受賞!「傷の気付きアルゴリズム」とAI応用-
            講師:中京大学 人工知能高等研究所 教授・所長 輿水大和 氏
注目されているディープラーニングを目視検査に応用する場合、不良品の学習サンプル数が少ないと十分な精度が得られない。新しい「傷の気付き」という熟練検査員の暗黙知・経験知を画像検査に実装することが現場の課題解決に有効な場合もある。本講演では、工業部品の画像検査の事例から、ホットな人工知能のモノづくり応用について解説する。

◆講演Ⅱ
15:15 ~ 16:45 「労働人口減に対応した中小企業用「IoTツール」構築と人型汎用ロボットの活用」
            講師:小島プレス工業株式会社 総務統括部 参事 兼子邦彦 氏
平成28年度経済産業省「スマート工場実証事業」に採択され、中小企業用「IoTツール」を構築した。また、労働人口減は中小企業にとって深刻な問題となっており、その対応策として人型汎用ロボットを導入した。そこで、それらの取組等について紹介する。 

◆交流会(有料1,000円)
17:00 ~ 18:00
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 1202
参加費: 全3回 5,000円 (研究交流クラブ会員の方は3,000円)
 ※すでにお支払い済みの方を除きます。

交流会では、軽飲食をご用意しております。
参加をご希望する方は、当日、受付で1,000円をお支払い下さい。
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/hukyu/bunya/h29k103.html

1/18 新ヘルスケア産業参入支援セミナー AI・データ解析が拓くヘルスケア産業の未来

詳細を表示

日 付: 平成30年1月18日(木)
時 間: 15:00~17:00
テーマ: 日常生活において計測した血圧などの生体情報や歩数などの行動情報など、計測・蓄積されたヘルスケア関連データを分析・解析するテクノロジーやAI(人工知能)が、今後さらに進化し、生活習慣の改善および疾病予防・治療を適切に支援できるようになる未来と、ヘルスケア産業におけるオープンイノベーションがもつ可能性について考えます
内 容: AIとそのヘルスケアへの応用について簡単に歴史を振り返ると共に、近年の動向についてについて示す。
デジタルヘルスケアについての取組みについて事例紹介。
特に生活習慣病の予防と撲滅を目指した取り組みについて述べる。
具体事例として、ヘルスケアデータの分析および内臓脂肪測定装置について紹介する。
講 師: 中嶋 宏 氏(オムロン株式会社 技術・知財本部/工学博士)
会 場: 名古屋医工連携インキュベータ(NALIC) 2階 セミナールーム
参加費: 無料
定 員: 完全予約制
詳 細: http://www.smrj.go.jp/incubation/nalic/seminar/101831.html
連絡先: 中小機構 中部 名古屋医工連携インキュベータ IM室 (担当:石黒・梅村)
TEL: 052-744-5110

1/19 ~デジタルものづくり体験~3Dものづくりワークショップ

詳細を表示

日 付: 平成30年1月19日(金)、26日(金)、2月2日(金) [申込締切]平成29年12月22日(金)
時 間: 1月19日13:30~17:00
1月26日10:00~17:00
2月2日10:00~12:00
テーマ: テーマに合わせた製品を、グループ単位で製作します。3Dプリンタなどの機器・技術を使うことで、アイデアを素早くカタチにしていく一連の流れを体感していただくとともに、開発サイクルの高速化・活性化のコツについてもご紹介します。
講 師: 監修:株式会社DiGITALARTISAN
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟4階 第2会議室
参加費: 無料
定 員: 16名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/221.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 支援総括室
TEL: 052-654-9900

1/23 名古屋大学予防早期医療創成センター第7回ワークショップ

詳細を表示

日 付: 平成30年1月23日(火) [申込締切]平成30年1月23日(火)
但し昼食事前申込みは1月19日(金)
時 間: 11:00~18:30
(18:30~意見交換会)
テーマ: 予防早期医療に資する異分野融合・産学連携によるワークショップ
内 容: 11:00 開会
11:05 招待講演
「認知症疫学研究の実際:久山町研究」
九州大学大学院医学研究院衛生・公衆衛生学分野・教授 二宮利治 氏
11:45 ポスターセッションに関するショートトーク
昼食・休憩
13:00 ポスターセッション
14:00 分科会(第1・第2会場)
18:20 閉会
18:30~20:00 意見交換会
会 場: 名古屋大学東山キャンパス野依記念学術交流館
参加費: ワークショップ(無料)
昼食(\500、事前予約制)
意見交換会(\3.000)
定 員:
詳 細: https://www.pme.coe.nagoya-u.ac.jp/conference20180123/
連絡先: 名古屋大学予防早期医療創成センター事務室
kou-kyoten@adm.nagoya-u.ac.jp
TEL: 052-789-5499

1/24 先端データサイエンス講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年1月24日 [申込締切]平成30年1月19日
時 間: 10:30~17:50
内 容: 基調講演:『大量のテキストデータから見えてくるもの』
 井佐原 均 (豊橋技術科学大学 情報メディア基盤センター)
講演Ⅰ:『自然言語処理における深層学習の進展
 岡崎 直観 (東京工業大学 情報理工学院)
講演Ⅱ:『行動認識・理解のためのデータ解析』
 秋月 拓磨 (豊橋技術科学大学 機械工学系)
講演Ⅲ:『第一原理計算による分子データベース構築と機械学習による物性予測』
 中田 真秀 (理化学研究所 情報基盤センター)
会 場: 豊橋技術科学大学 
情報メディア基盤センター第1端末室
参加費: 2,000円
定 員: 70名
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-s6.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 
社会連携推進センター
TEL: 0533-81-5188

1/26 IEICE専門講習会「ディープラーニングとその医用画像応用」

詳細を表示

日 付: 平成30年1月26日
会 場: 岐阜大学サテライトキャンパス 多目的講義室(大)
詳 細: http://www.ieice.org/tokai/general/specialty-lecture/

1/29 2018産総研中部センター研究講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年1月29日(月) [申込締切]平成30年1月23日(火)
時 間: 13:30~17:00
テーマ: 産総研中部センターの研究紹介
内 容: 13:30 開会あいさつ 中部センター所長 立石  裕
13:35~14:15「つながる工場」ものづくりテストベッドの概要と構想
 産総研 製造技術研究部門 副研究部門長 加納 誠介
14:15~14:55 人工知能技術事例紹介とグローバル研究拠点構想
 産総研 人間情報研究部門 副部門長(人工知能研究センター 副センター長) 谷川 民生
14:55~15:00 休憩
15:00~15:30 革新的ヘルスケア材料・部材の研究開発
 産総研 日本特殊陶業-産総研ヘルスケア・マテリアル連携研究ラボ長 加藤且也
15:30~16:00 難燃性マグネシウム合金展伸材の輸送機器適用に向けた研究開発
 産総研 構造材料研究部門 軽量金属設計グループ長 千野靖正
16:00~16:30 化学的合成プロセスによる新規軟磁性粉末の開発
 産総研 磁性粉末冶金研究センター ソフト磁性材料チーム主任研究員 山本真平
16:30~17:00 縦型GaNパワーデバイスの実現に向けた高品質GaN結晶成長技術の開発
 産総研 窒化物半導体先進デバイスオープン・イノベーションラボラトリ GaNパワーエレクトロニクスチーム主任研究員 山田 永
講 師: 産総研 製造技術研究部門 副研究部門長 加納誠介
産総研 人間情報研究部門 副部門長(人工知能研究センター 副センター長) 谷川 民生
産総研 日本特殊陶業-産総研ヘルスケア・マテリアル連携研究ラボ長 加藤且也
産総研 構造材料研究部門 軽量金属設計グループ長 千野靖正
産総研 磁性粉末冶金研究センター ソフト磁性材料チーム主任研究員 山本真平
産総研 窒化物半導体先進デバイスオープン・イノベーションラボラトリ GaNパワーエレクトロニクスチーム主任研究員 山田 永
会 場: ウインクあいち9階901大会議室
参加費: 無料
定 員: 150名
詳 細: http://www.aist.go.jp/Portals/0/chubu/images/event/2017/20180129/2018%E7%A0%94%E7%A9%B6%E8%AC%9B%E6%BC%94%E4%BC%9A.pdf
連絡先: 産業技術総合研究所 中部センター産学官連携推進室
TEL: 052-736-7063

1/29 情報処理学会東海支部主催2017年度第6回講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年1月29日(月)
時 間: 15:00~16:30
テーマ: 「IoT時代のソフトウェアシステムのための実行時モデリング技術
- 機械学習と制御理論を応用したシステムの自動更新 -」
講 師: 鄭 顕志准教授(国立情報学研究所 アーキテクチャ科学研究系)
会 場: 名古屋大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー 3F ベンチャーホール
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.ipsj-tokai.jp/jigyou/lecture/
連絡先: 情報処理学会東海支部 事務局 
TEL: 052-231-3564

1/30 豊橋技術科学大学 平成30年度社会人向け実践教育プログラム

詳細を表示

日 付: 平成30年1月30日~
平成30年2月1日 [申込締切]平成30年1月15日
時 間: 10:00~16:00
テーマ: ものづくり技術講座『コンピュータによる設計(3D CAD)・解析(CAE)から製作(CAM)までの実際』
内 容: 講義:3D CADによる設計・製図・解析の概論
講義:有限要素解析概論
講義:3Dプリンタとは(造形原理)
講義:3Dプリンタの過去,現在,未来
実習:SolidworksによるCAD演習,CAE演習
実習:SolidworksによるCAE (有限要素解析)
実習:3Dプリンタによる製作
講 師: 足立 忠晴(あだち ただはる)
豊橋技術科学大学 機械工学系 教授
(安全安心地域共創リサーチセンター 兼務)
【 専門分野 】
材料力学/構造力学/材料工学/衝撃工学
阿部 史枝(あべ ふみえ)
豊橋技術科学大学 機械工学系 助教
【 専門分野 】
生産加工/塑性加工
実習支援:
教育研究基盤センター工作支援部門技術職員5名、
TA (ティーチングアシスタント)1名
会 場: 豊橋技術科学大学
教育研究基盤センター附属施設実験実習工場
参加費: 10,000円
定 員: 10名
(最小催行人数 : 2名)※実務経験不問
詳 細: http://www.sharen.tut.ac.jp/program/2017/2017-s6.html
連絡先: 豊橋技術科学大学 
社会連携推進センター
TEL: 0533-81-5188

1/30 研究交流クラブ第187回定例会

詳細を表示

日 付: 平成30年1月30日(火) [申込締切]平成30年1月23日(火)
時 間: 14:00~18:30
テーマ: イノベーションで未来に挑戦 ~次世代成長産業の創造~
内 容: 13:30~ 開会

13:35~ 基調講演:
       「バッテリーレス電気自動車と電化道路による走行システムの研究開発」
       豊橋技術科学大学 未来ビークルシティリサーチセンター
                             センター長・教授 大平 孝 氏

15:00~ 第12回「わかしゃち奨励賞」表彰式・優秀提案発表会

17:30~ 交流会(ライトパーティ)
会 場: 「知の拠点あいち」あいち産業科学技術総合センター 1階 講習会室
参加費: 参加費無料(会員以外は交流会のみ2,000円)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_187.html

1/31 第44回名古屋駅前イノベーションハブ技術シーズ発表会

詳細を表示

日 付: 平成30年1月31日(水) [申込締切]平成30年1月26日(金)
時 間: 15:00~17:30
テーマ: ~トライボロジーの機械装置・加工への応用~
内 容: 15:00-15:40 「特殊環境用金属・セラミックス基しゅう動材料の開発」
産業技術総合研究所 製造技術研究部門 トライボロジー研究グループ 主任研究員  村上 敬
15:40-16:20  「高温環境用固体潤滑材料および高負荷しゅう動用樹脂材料の研究」
豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 機械工学系 准教授 竹市嘉紀
16:20-17:00  「難削材・高硬度材の高効率加工のための切削工具形状設計と新しい切れ刃先成法」
名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻 教授 糸魚川 文広
17:00-17:30 名刺交換および個別相談
講 師: 産業技術総合研究所 製造技術研究部門 トライボロジー研究グループ 主任研究員  村上 敬
豊橋技術科学大学 大学院工学研究科 機械工学系 准教授 竹市嘉紀
名古屋工業大学 大学院工学研究科 電気・機械工学専攻 教授 糸魚川 文広
会 場: 名古屋駅前イノベーションハブ
参加費: 無料
定 員: 30名
詳 細: http://www.ekimae-innova.jp/event/event20180131.pdf
連絡先: 名古屋駅前イノベーションハブ事務局
TEL: 052-583-6454

2/1 ものづくり支援講座(エレクトロニクスの知識)

詳細を表示

日 付: 平成30年2月1日 [申込締切]平成30年1月18日
時 間: 9:30~16:30
テーマ: エレクトロニクスの知識研修
内 容: ◆2月1日(木)
・オームの法則、電圧、電流、抵抗、電力、電力量
・直流と交流、交流波形の種類、周波数と周期・単位、接頭語、回路記号
・電池、1次電池と2次電池、電池の内部抵抗
・抵抗、導体と絶縁体と半導体の抵抗、抵抗の種類、抵抗の読み方、抵抗計算
・コンデンサ、コンデンサの種類、コンデンサの読み方、静電容量と耐圧、静電容量計算
・コイル、コイルの種類、コイルの性質、コイルとトランス・半導体、半導体の構造、半導体の種類
・ダイオード、ダイオードの構造、電流電圧特性、ダイオードの種類、LED(発光ダイオード)
・トランジスタ、トランジスタの構造、トランジスタの種類、トランジスタの読み方
・機器の使い方(マルチメータ、オシロスコープ、ブレッドボード)
◆2月8日(木)
・キルヒホッフの法則・電源の使い方、電圧降下と電圧測定・LED(発光ダイオード)の点灯、ダイオードの使い方
・ツェナーダイオードの使い方、三端子レギュレータの使い方
・交流の種類、方形波とデューティー比
・尖頭値と実効値、位相差の求め方
・フィルタ回路、各フィルタにおけるゲイン特性と位相特性の測定
・機器の使い方(マルチメータ、オシロスコープ、ファンクションジェネレータ)
・回路シミュレータによるゲイン特性と位相特性
◆2月15日(木)
・アナログとディジタル、ブール代数と論理演算
・回路の正論理と負論理、2進数、8進数、16進数、BCD
・補数と減算とキャリー
・A/D変換とD/A変換、アナログ回路とディジタル回路の融合
・チョークコイルの使い方、トランジスタ増幅回路の作成
・ステッピングモータ制御回路の作成(前半)
・ディジタル入出力ユニット
◆2月22日(木)
・センサとアクチュエータ・シーケンス制御とフィードバック制御
・マイコンやパソコンを使うメリット
・マイクロコンピュータ概論
・マイコンのトレンドとIoT
・タイミングチャートと命令
・ステッピングモータ制御回路の作成(後半)
・A/D変換回路の作成
・演算増幅器による回路例
・PICマイコン、Arduino UNO、Raspberry Piのデモ
◆3月2日(木)
・講義総復習
・実験総復習
・電子回路工作(ハンダ作業)
・回路の理解と障害切り分け
・各マイコン開発環境の作成とプログラミング(希望者のみ)

講 師: 愛知工業大学 工学部 成田 憲一氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟 会議室
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)45,360円         一般 52,920円
定 員: 16名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_electronics.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

2/2 「ものづくり×デジタル×知的財産」セミナー「これからのデジタルものづくり」

詳細を表示

日 付: 平成30年2月2日(金)
時 間: 13:30~16:45
内 容: 1.基調講演「デジタル技術で変わるものづくり」
 (株)デジタルアルティザン 代表取締役 原 雄司 氏
2.講演1.「全ての人にモノづくりの喜びを」
 トキワランバテック株式会社 代表取締役
 クリエイトベースカナヤマ 代表 吉住 竜志 氏
3.講演2.「デジタルものづくりにおける知的財産」
 特許業務法人白坂 所長 白坂 一 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟1階 ホール
参加費: 無料
定 員: 200名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/225.pdf
連絡先: 中部経済産業局 産業技術課
TEL: 052-951-2774

2/3 少年少女発明クラブ指導員に関心のある女性を対象とした「発明クラブ見学会」

詳細を表示

日 付:
①平成30年2月3日(土)
②平成30年2月10日(土)
③平成30年2月17日(土)
④平成30年2月18日(日)
⑤平成30年2月24日(土)
時 間:
①10:00~11:00
②10:00~11:00
③10:00~11:00
④10:00~11:00
⑤10:00~11:00
テーマ: 少年少女発明クラブ指導員に関心のある女性を対象とした「発明クラブ見学会」
内 容: 発明クラブの見学会
講 師:
①西尾市少年少女発明クラブ
②高浜市少年少女発明クラブ
③一宮少年少女発明クラブ
④碧南市少年少女発明クラブ
⑤蒲郡少年少女発明クラブ
会 場:
①西尾市高齢者交流広場さくら会館
②たかはま夢・未来塾
③豊田合成株式会社健康管理センター
④碧南市ものづくりセンター
⑤愛知工科大学
参加費: 無料
定 員: 各回10名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/kengaku2017.html
連絡先: 愛知県 産業労働部 産業科学技術課 研究開発支援グループ
TEL: 052-954-6370

2/9 平成29年度 日本セラミックス協会東海支部講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年2月9(金) [申込締切]平成30年1月26日(金)
時 間: 15:00~17:00
内 容: 1)15:00~16:00
「ナノテクが拓く新しいセラミックス技術」
2)16:00~17:00
「強力超音波の定量評価手法と堅牢ハイドロホンの開発」
講 師: 1)15:00~16:00
名古屋大学 未来材料・システム研究所 教授 長田 実 氏
2)16:00~17:00
本多電子株式会社 研究部 岡田 長也 氏
会 場: ファインセラミックスセンター 二階 研修室
参加費: 無料
(懇親会参加 4,000円)
定 員: 70名
詳 細: http://www.ceramic.or.jp/stokai/H29_tgyoji/H29_20180209kouen/announce.html
連絡先: 〒460-0011 名古屋市中区大須1-35-18
一光大須ビル7階 中部科学技術センター内
公益社団法人 日本セラミックス協会東海支部事務局 担当:犬飼
E-mail: t.inukai@c-goudou.org
TEL: 052-231-3070

2/13 (公財)JKA 平成29年度公設工業試験研究所等における機械設備拡充補助事業 「蛍光X線分析装置を用いた分析講習会」

詳細を表示

日 付: 平成30年2月13日(火) [申込締切]平成30年2月9日(金)
時 間: 13:30~16:30
内 容: 1.講演「波長分散型蛍光X線分析装置(ZSX Primus IV)の原理」
 (株)リガク SBU WDX 大阪分析センター 本間 寿 氏
2.講演「波長分散型蛍光X線分析装置(ZSX Primus IV)の応用」
 (株)リガク SBU WDX 大阪分析センター 本間 寿 氏
3.見学会「波長分散型蛍光X線分析装置(ZSX Primus IV)」
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料
定 員: 80名(見学会30名先着順)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/226.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究所 環境技術研究室 野々部
TEL: 052-654-9919

2/16 平成29年度 総合技術支援セミナー

詳細を表示

日 付: 平成30年2月16日(金) [申込締切]平成30年2月15日(木)
時 間: 14:00~16:00
テーマ: 『炭素繊維の特性を生かしたモノづくり ~新製品開発のヒント~』
内 容: ①14:00~15:30(90分)
講演 「炭素繊維の特性を生かしたモノづくり ~新製品開発のヒント~」
②15:30~16:00(30分)
技術紹介 「最新のX線CT技術による繊維複合材料の内部観察事例」
講 師: ①講演
GACT 代表
スーパーレジン工業株式会社 営業部 エクゼクティブ・フェロー
先端材料技術協会(SAMPE Japan) 副会長  
石川 源 氏
②技術紹介
株式会社島津製作所 分析計測事業部 グローバルマーケティング部 プロダクトエキスパートグループ 主任                    大河内 宏和 氏
会 場: 豊橋商工会議所
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.aichi-inst.jp/mikawa/other/seminar/
連絡先: あいち産業科学技術総合センター 三河繊維技術センター
産業資材開発室 山口、原田、山本
TEL: 0533-59-7146

2/18 第44回東海ファジィ研究会

詳細を表示

日 付: 2018年2月18日(日)~19日(月) [申込締切]2018年2月2日(金)
内 容: ■招待講演
題名1:最適フィルタとあいまいな現実との狭間で
講演者:生駒 哲一 先生 (日本工業大学 電子情報メディア学群 情報工学科 教授)
題名2:ファジィに生きる時代
講演者:西野 順二 先生 (電気通信大学 大学院情報理工学研究科 助教)
 講演後,総合討論を行います.
■特別講義
題名:心理現象の曖昧さへの挑戦—ファジィ理論との邂逅—
講演者:小田 哲久 先生 (愛知工業大学 経営学部 経営学科 教授)
■フラッシュトーク
招待講演を除き,講演の形態は全てポスター発表となります.ポスターは,会場の指定された場所に掲示していただきます.原則として,幅90cm×高さ 120cm(およそA0サイズ)以内の大きさのポスターをご用意下さい.ポスターの左上に15x6cmの白枠を用意し,そこに発表番号を記載してください.また,各セッションの始めにPDFスライドを使ったフラッシュトーク発表を実施します.
■ミニ四駆AI大会
ECOmpの合同セッションとして,FSSで恒例のミニ四駆AI大会を開催いたします.予選会(プレ走行会)を経たトーナメント戦を行います.オンライン適応やAIが勝つか,古き良き人間のチューニングが勝つのか.白熱する試合にご期待ください.AI研究の醍醐味であるAI vs人間 として,機械的な制動による AI-lessなマシンによる参加も大歓迎です.また,通常の速度競争による競技だけでなく,AIならではのコンテストも計画しております.皆さまのご参加をお待ちしております.
会 場: 南知多町役場 日間賀島サービスセンター
参加費: ホームページ参照
詳 細: http://tokai.j-soft.org/tpl_030/Himaken2018.html
連絡先: tokai-fuzzy-conf@googlegroups.com

2/19 2017年度東海支部研究集会シンポジウム

詳細を表示

日 付: 平成30年2月19日(月)
時 間: 14:00~17:00
テーマ: 「建築施工のこれからは? -建築・土木分野における施工の情報化の現状と今後-」
内 容:

支部長挨拶
主旨説明
「BIMによる建築プロジェクトの運営について」
 
「コンピュテーションを用いた構造設計におけるデジタルエンジニアリング」
 
「土木分野の土工事におけるi-Constructionの活用」
 
討論:「これからの施工の情報化」
 
まとめ
講 師: 司会・進行 瀬古繁喜(材料施工委員会委員長 愛知工業大学)
鈴木賢一(名古屋市立大学)
趣旨説明:瀬古繁喜(前出)
志手一哉(芝浦工業大学)

田村尚土((株)ディックス構造設計部)

岡田雅史((株)小林コンサルタント)

進行:瀬古繁喜(前出)
パネラー:志手一哉、田村尚土、岡田雅史

寺西浩司(名城大学)
会 場: 名古屋大学ES総合館 025講義室
参加費: 無料
定 員: 140名
連絡先: 日本建築学会東海支部事務局・大木
TEL: 052-201-3088

2/20 CAE講習会「板成形シミュレーションの活用実習」

詳細を表示

日 付: 平成30年2月20日(火) [申込締切]平成30年2月2日(金)
時 間: 10:00~16:00
内 容: 1.「JSTAMPによる板成形シミュレーションの活用実習」
 (株)JSOL エンジニアリングビジネス事業部 小川 隆樹 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 電子技術総合センター4階 CAEルーム
参加費: 無料(中部生産加工技術振興会員以外は資料代 2,000円)
定 員: 15名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/231.pdf
連絡先: 中部生産加工技術振興会 事務局
TEL: 052-654-6788

2/20 地域ブランド化推進セミナー2018

詳細を表示

日 付:
平成30年2月20日(火)
 [申込締切]
平成30年2月15日(木)(郵送の場合は消印有効)
時 間: 午後2時~午後4時30分
テーマ: 地域資源を活かす!~地域団体商標の取得から戦略的活用まで~
内 容: ①14:05~14:35「地域団体商標制度とロゴマークの紹介」
②14:40~15:20
「商標を活用したブランド戦略」
③15:35~16:15
「登録事例紹介~地域団体商標「豊橋カレーうどん」~」
④16:15~16:30
「支援施策紹介」
講 師: ①特許庁審査業務部商標課地域ブランド推進室 室長 森山 啓 氏
②岡田伸一郎特許事務所 弁理士 名倉 洋輔 氏
③一般社団法人豊橋観光コンベンション協会事業推進部 次長 鈴木 惠子 氏
④県、愛知県知財総合支援窓口担当者
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち)18階セミナールーム
参加費: 無料
定 員: 60名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/site/aichi-chizai/chiikibrand-20180220.html
連絡先: 愛知県 産業労働部 産業科学技術課 研究開発支援グループ
TEL: 052-954-6370

2/21 平成29年度地域中核企業創出・支援事業 第2回研究会 窒化物デバイス技術応用研究会

詳細を表示

日 付: 平成30年2月21日(水) [申込締切]平成30年2月20日
時 間: 15:00~17:00
テーマ: ~窒化物半導体技術を用いた次世代アプリケーションを考える~
「マイクロ波による無線電力伝送(無線給電)」
内 容: 15:00~15:10 開会挨拶
15:10~16:00 招待講演1
      「ワイヤレス給電の研究と実用化の現状 -マイクロ波送電を中心に- 」
      京都大学 生存圏研究所 生存圏電波応用分野 教授 篠原真毅 氏
16:00~16:50 招待講演2
      「ワイヤレス電力伝送技術の実用化に向けた制度化、国際協調や標準化の最新動向」
      株式会社東芝 技術統括部 技術企画室 研究主幹 庄木裕樹 氏
16:50~17:00 閉会挨拶
講 師: ・京都大学 生存圏研究所 生存圏電波応用分野 教授 篠原真毅 氏
・株式会社東芝 技術統括部 技術企画室 研究主幹 庄木裕樹 氏
会 場: 名古屋工業大学 4号館1階ホール
参加費: 無料
定 員: 200名
詳 細: http://tic.web.nitech.ac.jp/wp-content/uploads/2018/01/efeb80fa0f3ae3fc046af629a249d7e7.pdf
連絡先: 名古屋工業大学産学官金連携機構(担当:佐藤)
TEL: 052-735-5627

2/22 名古屋テキスタイル研究会 平成29年度第3回研究会(講演会)

詳細を表示

日 付: 平成30年2月22日(木)
時 間: 13:30~16:40
内 容: 1.「撥水剤の現状と動向について」
明成化学工業(株) 長山 喜紀 氏
2.「家庭用の漂白剤について」
 花王(株) 野村 昌史 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料(会員外資料代2,000円)
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/232.pdf
連絡先: アドバンスト コンサルティング パートナーズ 伊藤高廣
名古屋市工業研究所 有機材料研究室 大岡千洋
TEL: 080-5291-8510
052-654-9885

2/27 CAEを活用したものづくり研究会 講演会~熱設計における効果的なCAE活用方法と事例~

詳細を表示

日 付: 平成30年2月27日(火) [申込締切]平成30年2月20日(火)
時 間: 13:30~18:15
内 容: 1.講演「熱流体シミュレーションの効果的活用に向けての提言
  ~解析モデルに残すべき部品と削除して良い部品の見分け方~」
(株)サーマルデザインラボ 代表取締役 国峰 尚樹 氏
2.講演「部品の小型高電力密度化に対応した新しい温度管理と
  温度測定の常識~シミュレーションの答え合わせは大丈夫?~」
 KOA(株) 技術イニシアティブ技創りセンター 職人(上伝) 平沢 浩一 氏
3.講演「パナソニックCNS社におけるCAEの活用状況と今後展開」
 パナソニック(株) コネクティッドソリューションズ社
 イノベーションセンター設計ソリューション開発部 部長 岩田 進裕 氏
4.交流会
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第1会議室
参加費: 無料(交流会参加費 1,000円))
定 員: 90名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/233.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 研究推進部 山本
TEL: 052-736-5680

2/28 名古屋工業大学研究協力会・名古屋医工連携インキュベータ共催セミナー 微生物のパワーが世界を救う!!

詳細を表示

日 付: 平成30年2月28日(水)
時 間: 15:00~17:00
テーマ: 近年、微生物を利用した様々な新事業が次々と生まれていることに着目し、まだまだ知られていない微生物の能力と新しい事業の創出や協業の可能性について考えます。
内 容: ①微生物を用いた創薬と製造②油脂分解微生物による水環境浄化③腸内細菌と腸内環境の郵送検査
講 師: ①日本マイクロバイオファーマ株式会社②株式会社フレンドマイクローブ③株式会社ヘルスケアシステムズ
会 場: 名古屋医工連携インキュベータ(NALIC) 2階 セミナールーム
参加費: 無料
定 員: 完全予約制
詳 細: http://www.smrj.go.jp/incubation/nalic/seminar/101918.html
連絡先: 中小機構 中部 名古屋医工連携インキュベータ IM室 (担当:石黒)
TEL: 052-744-5110

3/2 名古屋大学・シンガポール国立大学 材料工学分野における産学官連携セミナー

詳細を表示

日 付: 平成30年3月2日(金) [申込締切]平成30年2月28日(水)
時 間: 9:00~16:00
テーマ: ~バックキャスティングサイエンスによる、エネルギー、交通、環境の為の材料、プロセス設計~
内 容: 9:00~9:10  開会挨拶
第一部:名古屋大学、NUSの最先端材料工学研究の紹介
9:10~11:20   材料開発手法の最先端(名古屋大学、NUS)
11:20~12:00 エネルギー関連材料開発の最先端研究(Ⅰ)(名古屋大学、NUS)
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~13:10 午後の部開催にあたっての挨拶
13:10~13:50 エネルギー関連材料開発の最先端研究(Ⅱ)(NUS)
13:50~14:30 NUSの材料工学研究、個別研究の紹介(NUS)
14:30~14:50 休憩
第二部:材料工学分野における産学連携
14:50~15:50 名古屋大学の材料工学分野における産学連携(名古屋大学、トヨタ自動車、JFEスチール)
15:50~16:00 閉会挨拶
講 師: 名古屋大学大学院工学研究科教授
材料バックキャストテクノロジー研究センター長
小橋 眞
National University of Singapore Dept. of Material Science and Eengineering
Dr. Jun DING
トヨタ自動車 先端材料技術部 チーフ・プロフェッショナル・エンジニア
平田 裕人
JFEスチール スチール研究所副所長
瀬戸 一洋 他
会 場: 名古屋大学 野依記念物質科学研究館講演室
(名古屋市千種区不老町 名古屋大学内)
参加費: 無料
定 員: 100名
詳 細: https://www.aip.nagoya-u.ac.jp/event/detail/0004191.html
連絡先: 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 国際産学連携・人材育成グループ
担当:深井、田中
TEL: 052-747-6476

3/4 第10回先進プラズマ科学と窒化物及びナノ材料への応用に関する国際シンポジウム/第11回プラズマナノ科学技術国際会議(ISPlasma2018 / IC-PLANTS2018)

詳細を表示

日 付: 2018年(平成30年)3月4日(日)~ 8日(木) [申込締切]2018年1月31日(水)
時 間:  
内 容: 先進プラズマ科学と、その応用として、ナノ材料、機能性薄膜材料、窒化
物半導体研究に加え、振興著しいプラズマバイオ分野やプラズマ有機化学
分野までも包括的に対象分野として、各分野の研究への貢献と、異分野
融合による新たな価値創造、更には産学連携セッションも含む、より高度
な研究者ネットワークの構築を目指した国際会議です。
会 場: 名城大学 ナゴヤドーム前キャンパス
(〒461-8534 愛知県名古屋市東区矢田南 4-102-9)
参加費: 本会議:一般:45,000円 学生:15,000円
懇親会(3月6日(火)):一般:6,000円 学生:3,000円
詳 細: http://www.isplasma.jp/
連絡先: ISPlasma2018 / IC-PLANTS2018 運営事務局((株)インターグループ内)
e-mail: isplasma2018@intergroup.co.jp
電話:052-581-3241 FAX: 052-581-5585
TEL: 052-581-3241

3/5 平成30年度「新あいち創造研究開発補助金」公募説明会

詳細を表示

日 付: ①平成30年3月5日(月)
②平成30年3月8日(木)
③平成30年3月9日(金) [申込締切]平成30年3月2日(金)
時 間: 13:30~15:00
テーマ: 「新あいち創造研究開発補助金」公募に関する説明及び質疑応答
内 容: 13:30~15:00 説明及び質疑応答
講 師: -
会 場: ①【刈谷会場】
愛知県技術開発交流センター 交流ホール
②【名古屋会場】
愛知県三の丸庁舎 8階大会議室
③【豊橋会場】
愛知県東三河総合庁舎 2階大会議室
参加費: 無料
定 員: ①200名
②120名
③160名
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/site/shin-aichi/koubo.html
連絡先: 愛知県産業労働部産業科学技術課研究開発支援G
TEL: 052-954-6370

3/6 愛知地域スーパークラスタープログラム最終成果報告会の参加者を募集します

詳細を表示

日 付: 平成30年3月6日(火) [申込締切]平成30年2月26日(月)
会 場: ミッドランドホール
参加費: 無料
定 員: 200
詳 細: http://www.aichi-supercluster.jp/event/2018/01/seikahoukoku.html

3/6 ものづくり支援講座(産業用ロボット作業者特別教育)

詳細を表示

日 付: 平成30年3月6日
時 間: 9:10~17:00
テーマ: 産業用ロボット作業者特別教育(3月期)
内 容: ◆3月6日 
・9:10~14:10 学科
産業用ロボットに関する知識
・14:15~16:45
教示等の作業に関する知識
◆3月7日
・9:10~10:40
教示等の作業に関する知識
・10:45~15:45
検査等の作業に関する知識
・15:50~16:50 
労働安全衛生法・施行令等の関連法令 
◆3月8日または9日
・9:30~17:00
[実技] 
産業用ロボットの操作の方法 
産業用ロボットの教示等の作業の方法 
産業用ロボットの検査等の作業の方法
まとめ及び修了式
講 師: 技術士事務所”ロボティ” 所長 稲垣 荘司氏 はじめ5名
会 場: 【学科教育】名古屋市工業研究所 管理棟 会議室           【実技教育】三菱電機㈱名古屋製作所 FAコミュニケーションセンター
参加費: 賛助員(共催、協賛会員も含む)34,340円         一般 39,740円
定 員: 25名
詳 細: http://www.nipc.or.jp/kougyou/p_training/pdf/h29_robot_3.pdf
連絡先: (公財)名古屋産業振興公社 ものづくり人材育成課
TEL: 052-654-1653

3/10 「あいち環境塾」オープン講座

詳細を表示

日 付: 平成30年3月10日(土)
時 間: 13:00~16:00
テーマ: 環境の力を考えよう
内 容: 1.卒塾生が語る会、2.講演会、3.参加者交流会
講 師: 神戸大学 大学院 科学技術イノベーション研究科 教授 尾崎 弘之
会 場: 愛知県産業労働センター(ウインクあいち) 13階 1302会議室
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.nisri.jp/chc/gathering.html
連絡先: (公財)名古屋産業科学研究所
TEL: 052-223-6639

3/11 科学大好き!こどもサイエンスラボ2018

詳細を表示

日 付: 平成30年3月11日(日)
時 間: 10:00-15:00
内 容: 1 表面張力って?
2 銅板を金色・銀色に変える
3 いろんなスライムを楽しもう
4 空気と風のふしぎ
5 大道仮説実験〈しゅぽしゅぽ〉講座
6 カードゲーム〈ぶんしっし〉
7 メダカが飛ぶ、ナスビも飛ぶ
  おもしろヒコーキをつくって飛ばそう
8 星たまごプラネタリウム
9 気球をとばそ!
10 ふわふわひこうき
11 サイエンスおもちゃ工場
12 ゴミ箱ロボット
講 師: 1 NPO法人おやこでのびっこ安城
2 子どもと科学を楽しむ会
3 子どもと科学を楽しむ会
4 理科サークルユリイカ
5 NPO法人楽知ん研究所
6 NPO法人楽知ん研究所
7 NPO法人テクノプロス
8 アクティオ(株)名古屋営業所
9 ナスもル知立
10 ナスもル知立
11 東郷少年少女サイエンスクラブ
12 (公財)科学技術交流財団
会 場: 愛・地球博記念公園(モリコロパーク) 体育館
参加費: 無料
詳 細: http://www.pref.aichi.jp/soshiki/san-kagi/sciencelab2018.html
連絡先: 愛知県 産業労働部 産業科学技術課
TEL: 052-954-6351

3/12 (TEC18) 日本機械学会東海支部第49回学生会 卒業研究発表講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年 3月 12日(月)
時 間: 09:00 ~ 17:00
内 容: 【研究発表の種類】
1.材料力学
2.材料
3.流体工学
4.流体機械
5.熱工学
6.内燃機関
7.動力
8.機械力学
9.計測
10.自動制御
11.機械要素
12.潤滑
13.工作
14.生産管理
15.バイオエンジニアリング
16.その他
会 場: 名古屋大学 東山キャンパス
参加費: 参加登録費無料
詳 細: https://www.jsme.or.jp/tk/
連絡先: 日本機械学会東海支部事務局
TEL: (052)789-4494

3/12 研究交流クラブ第188回定例会

詳細を表示

日 付: 平成30年3月12日(月) [申込締切]平成30年3月5日(月)
時 間: 14:00~18:15
テーマ: エネルギーシフトを加速する二次電池の最新動向
内 容: 14:00~ 開会挨拶

14:05~ 基調講演:
      「リチウムイオン電池の開発と二次電池技術の展望」
       旭化成株式会社 名誉フェロー 
       名城大学 大学院理工学研究科 教授 吉野 彰 氏

15:30~ 講演:
      「NAS電池の概要と開発動向」
       日本ガイシ株式会社 NAS事業部長 市岡 立美 氏

16:40~ 「知の拠点あいち」事業紹介:
      知の拠点あいち重点研究プロジェクトⅡ期 
         近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト
       公益財団法人科学技術交流財団 事業統括 安井 克幸

17:15~ 交流会(ライトパーティー)
会 場: 名古屋銀行協会 2階 1号室
参加費: 参加費無料(会員以外は交流会のみ2,000円)
定 員: 100名(先着順)
詳 細: http://www.astf.or.jp/astf/club/teirei_188.html

3/13 【次世代ロボット社会形成技術開発プロジェクト】「知の拠点あいち重点研究プロジェクト(Ⅱ期)」公開セミナーの参加者を募集します!

詳細を表示

日 付: 平成30年3月13日(火) [申込締切]平成30年3月12日(月)
会 場: あいち科学技術総合センター1階講習会室
定 員: 200
詳 細: http://www.astf-kha.jp/project/event/2018/02/post-14.html

3/13 (TEC18) 日本機会学会東海支部第67期総会・講演会 特別企画(特別講演)

詳細を表示

日 付: 平成30年 3月13日(火)
時 間: 14:30〜16:00
テーマ: 「未来社会をどうする!」-すべての人の移動を楽しく、スマートに-
内 容: 特別講演 「未来社会をどうする!」
        -すべての人の移動を楽しく、スマートに-
未来社会 をどうする? をどうする? 機械 技術 は、 未来に どう立ち向かのでしょ。 どう立ち向かのでしょう。
特別講演会では、 名古屋大学出身の福岡氏が起こした パーソナルモビリティ(次世代型電動車椅子)の ベンチャー 企業 ”WHILL”の取組みを 熱く 語っていただきます。
講師と双方向にコミュニケーションできるよう、 講演は 参加者からの 事前の 質問に答える形で行います。 未来社会への挑む 志、ベンチャー の立ち上げ 苦労 、新製品企画 開発の 勘所 など、 参加登録フォームに 、ご記入ください。 講師に事前お伝えします。
講 師: 福岡 宗明 氏
(WHILL, Inc. CTO 兼 WHILL株式会社 代表取締役)
会 場: 名古屋大学 東山キャンパス IB電子情報館 大講義室
参加費: 無料
定 員: 講演:200名
詳 細: https://www.jsme.or.jp/tk/
連絡先: 日本機械学会東海支部事務局
TEL: (052)789-4494

3/13 (TEC18) 日本機会学会東海支部第67期総会・講演会 特別企画(特別企画:名古屋大学施設見学)

詳細を表示

日 付: 平成30年 3月13日(火)
時 間: 16:30~17:30
テーマ: 名古屋大学施設見学
内 容: 特別企画 名古屋大学施設見学
       NIC(COI拠点),
       減災館(減災連携研究センター),
       NCC(ナショナルコンポジットセンター)
     よりご希望の見学先を一カ所見学
(定員制:先着順のため事前に参加登録してください)
会 場: 名古屋大学 東山キャンパス
参加費: 無料
定 員: 各見学先50名(先着順)
詳 細: https://www.jsme.or.jp/tk/
連絡先: 日本機械学会東海支部事務局
TEL: (052)789-4494

3/13 (TEC18) 日本機械学会東海支部第67期総会・講演会

詳細を表示

日 付: 平成30年3月13日(火)~3月 14日(水)
時 間: 09:00 ~ 17:30
内 容: (os1) 振動・運動・音響現象の解析・制御
   オーガナイザー:井上剛志(名大),安達和彦(中部大),
           松村雄一(岐阜大),尾形和哉(大同大),
           奥川雅之(愛工大)
   キーワード  :振動解析,振動制御,振動診断,モード解析,
           回転体の振動,音響・波動,非線形振動,
           マルチボディダイナミクス
(os2) 東海地方の計算力学の最新動向
   オーガナイザー:高橋 徹(名大),奥村大(阪大),
           屋代如月(岐阜大),田中真人(豊田中研),
           飯盛浩司(名大),後藤圭太(名大),
           荒井政大(名大),松本敏郎(名大)
   キーワード  :計算力学、計算科学、計算工学、固体力学,最適設計,
           有限要素解析,境界要素法,原子シミュレーション,
           粒子法
(os3) 熱および物質輸送現象の基礎と応用
   オーガナイザー:保浦知也(名工大),丸山 直樹(三重大),
           板谷義紀(岐阜大),桑原不二朗(静岡大),
           高野孝義(豊田工大),長野方星(名大)
   キーワード  :熱工学,伝熱,物質輸送,エネルギー輸送,
           ヒートポンプ,実験,数値解析
(os4) 技術史と技術者倫理
   オーガナイザー:石田正治(名工大)天野武弘(愛知大),
           麻田祐一(麻田技術士事務所)
   キーワード  :機械技術史、機械遺産、機械工学史、技術教育、
           工学教育、技術者倫理
(os5) 乱流現象の実験と数値シミュレーション
   オーガナイザー:辻本公一(三重大),伊藤靖仁(名大),
           光石暁彦(豊橋技科大),菊地 聡(岐阜大),
           牛島達夫(名工大)
   キーワード:乱流,実験,シミュレーション,乱流構造,
         乱流モデリング,実験計測,CFD
(os6) 高機能材料の開発,特性評価と応用
   オーガナイザー:松井良介(愛工大),池田忠繁(中部大),
           稲葉忠司(三重大),北村一浩(愛教大),
           吉川高正(三重大),武田亘平(愛工大)
   キーワード  :機能材料,インテリジェント材料,複合材料,
           形状記憶合金,成形法,表面改質,特性評価,
           力学特性,疲労,クリープ,応用
(os7) 自動車技術の基礎と応用
   オーガナイザー:青木宏文(名大),榎本啓士(金沢大),
           早川哲也(トヨタ名古屋自動車大学校)
   キーワード  :車両運動・制御,パワートレイン,電気自動車,
           ドライバモデル,運転支援,自動運転,環境認識,
           SLAM,経路計画
懇親会:3月13日(火)18:00~19:30 レストラン花の木
会費 :5,000円
    (事前登録承ります.こちらも是非ご参加ください)
会 場: 名古屋大学 東山キャンパス
参加費: 【学術講演会】
 (事前お振込み)
  正 員: 8,000円(講演論文集付)
  会員外: 12,000円(講演論文集付)
  学生員:   無料 (講演論文集無,論文集付は3,000円)
  一般学生:3,000円(講演論文集無,論文集付は6,000円)
 (当日お支払いの方は+1000円となります)
詳 細: https://www.jsme.or.jp/tk/
連絡先: 日本機械学会東海支部事務局
TEL: (052)789-4494

3/14 平成29年度 名古屋大学COIシンポジウム「人がつながる “移動”イノベーション ゆっくり自動運転のチャレンジ」

詳細を表示

日 付: 平成30年3月14日(水) [申込締切]平成30年3月7日(水)
時 間: 13:00~17:30
内 容: 12:30~ 受付開始・開場
13:00~13:20 主催者・来賓挨拶
 開会挨拶  財満 鎭明(名古屋大学 副機構長、 未来社会創造機構 機構長)
 主催者挨拶 畔柳 滋(名古屋大学COI拠点長、
           トヨタ自動車株式会社 未来創生センター 担当部長)
 来賓ご挨拶 文部科学省(予定)
       佐藤 順一(COISTREAM V3ビジョナリリーダー)
13:20~14:20 対談講演「これからのモビリティと持続可能なコミュニティ」
 スピーカー
  清水 和夫(SIP自動走行システム推進委員会 構成員、国際自動車ジャーナリスト)
  吉澤 武彦(一般社団法人日本カーシェアリング協会 代表理事)
 モデレーター
  平岡 敏洋(名古屋大学 未来社会創造機構 特任准教授)
 グラフィックレコーダー
  佐久間 彩記(富士通デザイン株式会社)
14:30~16:00 成果発表「名古屋大学COIの研究成果および社会実装」
 ○全体概要紹介
   森川 高行(名古屋大学COI 研究リーダー、名古屋大学 未来社会創造機構 教授)
 ○ゆっくり自動運転®
   森川 高行(名古屋大学COI研究リーダー、名古屋大学 未来社会創造機構 教授)
  ・システムインテグレーション
    竹内 栄二朗(名古屋大学大学院 情報学研究科 准教授)
  ・自動経路生成・制御
    MORALES Luis Yoichi(名古屋大学 未来社会創造機構 特任准教授)
 ○CSS(コミュニティサポートシステム)
   剱持 千歩(名古屋大学 未来社会創造機構 研究員)
 ○ドライバエージェント
   田中 貴紘(名古屋大学 未来社会創造機構 特任准教授)
 ○今日の栞
   石黒 祥生(名古屋大学 未来社会創造機構 特任准教授)
 ○インテレクチャルガラス
   小野島 大介(名古屋大学 未来社会創造機構 特任講師)
 ○歩行支援ロボット
   山田 和範(名古屋大学 未来社会創造機構 特任准教授)
16:30~17:30 ポスターセッション「研究者と話そう!」
 研究グループによる研究成果の紹介、成果のプロトタイプ展示
会 場: 名古屋大学 東山キャンパス 坂田・平田ホール(理学南館)
参加費: 無料
定 員: 250名
詳 細: http://www.coi.nagoya-u.ac.jp/news/20180314.html
連絡先: 【問合せ先】
名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 COI推進ユニット(跡部、董)
 E-mail:info@coi.nagoya-u.ac.jp
TEL: 052-788-6056

3/15 【近未来水素エネルギー社会形成技術開発プロジェクト】「知の拠点あいち重点研究プロジェクト(Ⅱ期)」公開セミナーの参加者を募集します!

詳細を表示

日 付: 平成30年3月15日(木) [申込締切]平成30年3月14日(水)
会 場: あいち科学技術総合センター1階講習会室
定 員: 200
詳 細: http://www.astf-kha.jp/project/event/2018/02/316e.html

3/16 平成29年度公開シンポジウム

詳細を表示

日 付: 平成30年3月16日(金) [申込締切]平成30年3月7日(水)
時 間: 12:30~16:50
テーマ: 眼球運動の神経基盤と社会実装
内 容: ■プログラム
12:59
開会あいさつ
13:00
講演:眼の動きから,空間での自己の運動状況を読む
産業技術総合研究所 主任研究員 小髙 泰

14:00
講演:眼は心の窓
-心を可視化する眼球運動研究-
東海大学医学部 准教授 加藤 明

15:00
講演:ドライバの視線を予測する
~視覚情報の顕著性に基づいた視線のシミュレーション~
近畿大学生物理工学部生命情報工学科 准教授 小濱 剛

16:00
講演:『知の拠点あいち』で開発中のEyeTrackerとその先にあるもの:
Oculo-feedbackによる注意⼒操作
中部大学工学部ロボット理工学科 教授 平田 豊
 博士後期課程 惠本 序珠亜
会 場: 中部大学リサーチセンター
参加費: 無料 (情報交換会:有料)
詳 細: http://nclab.solan.chubu.ac.jp/tmp/EyeMovSympo2018.pdf
連絡先: 平田研究室:nclab_secretaries@googlegroups.com

3/16 【モノづくりを支える先進材料・加工技術開発プロジェクト】「知の拠点あいち重点研究プロジェクト(Ⅱ期)」公開セミナーの参加者を募集します!

詳細を表示

日 付: 平成30年3月16日(金) [申込締切]平成30年3月15日(木)
会 場: あいち科学技術総合センター1階講習会室
定 員: 200
詳 細: http://www.astf-kha.jp/project/event/2018/02/317m.html

3/16 自動化技術講演会「モータ新時代」

詳細を表示

日 付: 平成30年3月16日(金) [申込締切]平成30年3月9日(金)
時 間: 14:00~16:00
内 容: 1.「モータの最新技術~電気自動車用モータの動向を中心に~」
 大同大学 工学部 電気電子工学科 准教授 加納 善明 氏
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟3階 第2研修室
参加費: 無料
定 員: 50名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/235.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究 製品技術研究室 淺尾、深谷
TEL: 052-654-9934
052-654-9859

3/22 平成29年度 育成試験&企業連携技術開発支援事業 合同成果発表会

詳細を表示

日 付: 平成30年3月22日(木) [申込締切]平成30年3月19日(月)
会 場: あいち産業科学技術総合センター1階 講習会室
詳 細: http://www.astf.or.jp/project/suishin/ikusei/seika.html

3/23 ESD21オープンフォーラム「ICTビジネスイノベーションとソフトウェア」

詳細を表示

日 付: 平成30年3月23日(金)
時 間: 13:30~17:30
テーマ: 新しいICT時代のビジネス変革と働き方改革を考える
内 容:  日本の少子高齢化で、働き方改革、生産性向上が期待されています。
一方、ネット環境が変化する中で、過去の主役、WintelからGAFAの時代に
移行。大企業から中小中堅まで、デジタル化の変革対応が喫緊の課題です。
今回のフォーラムでは、ICT新時代における産業構造とビジネス構造変
化、自動車産業業に、今後ますます重要となるソフトウェアを取り上げます。

【主催者挨拶とESD21からのメッセージ】   ESD21代表 黒岩 惠
【基調講演】「デジタルがもたらすビジネスと市場の構造変革」
        (株)インテック/大阪大学 中川郁夫 氏
【講演1】「ソフトウェア開発のアジャイル手法を超えたビジネスのアジャイル」  
        (株)アトラクタ(ESD21会員)原田騎郎 氏
【講演2】「自動車ボディ系システムにおけるプロダクトライン開発の導入と実践」
        アイシン精機(株)ソフトウェア技術部 浅野雅樹 氏
【講演3】「AIによる熟達者知見の活用」
            (金型量産立上における不具合推定の仕組み構築)
        (株)LIGHTz 事業企画部 堀越龍彦 氏 
【講演4】「クラウドを導入してみて、本当のところはどうなのか?」  
        ヤンマーエネルギーシステム(株)(ESD21理事)大坪啓二 氏
会 場: 「東桜会館」第2会議室
参加費: 無料(ESD21会員、協賛団体、ご招待者)
一般も無料招待<3月1日から受付>
定 員: 90名 <ESD21会員優先、定員になり次第〆切>
詳 細: https://www.esd21.jp/news/2018/03/esd21ict.html
連絡先: skuro@esd21.jp

3/23 第6回あいちシンクロトロン光センター事業成果発表会

詳細を表示

日 付: 平成30年3月23日(金) [申込締切]平成30年3月16日(金)
時 間: 10:30
10時30分
内 容: シンクロトロン光を更に多くの皆様に活用していただくため、
当施設で実施された成果事例を紹介する成果発表会を行います。
会 場: 名古屋国際センター別棟ホール
参加費: 無料/技術交流会は参費3,000円
定 員: 100名
詳 細: http://www.astf-kha.jp/synchrotron/userguide/event/skdata_10.html
連絡先: あいちシンクロトロン光センター 
0561-76-8330

3/26 名古屋市工業研究所80周年記念講演 第4回講演会「3D技術が変える未来のものづくり」

詳細を表示

日 付: 平成30年3月26日(月)
時 間: 13:30~16:40
内 容: 1.講演「3Dプリンターが拓く次世代のものづくり」
 (国研) 産業技術総合研究所 製造技術研究部門 総括研究主幹 岡根 利光 氏
2.紹介「3Dものづくり支援センターの紹介」
 名古屋市工業研究所 支援総括室 主幹 山岡 充昌 他
3.見学会「3Dものづくり支援センター」
会 場: 名古屋市工業研究所 管理棟1階 ホール
参加費: 無料
定 員: 200名
詳 細: http://www.nmiri.city.nagoya.jp/seminar/pdf/227.pdf
連絡先: 名古屋市工業研究 支援総括室
TEL: 052-654-9900