HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 産学官連携によるカーボンマイクロコイル(CMC)の用途開発に関する研究会

産学官連携によるカーボンマイクロコイル(CMC)の用途開発に関する研究会

名古屋工業大学テクノイノベーションセンター教授  山田 保治 氏

カーボンマイクロコイル(CMC)はマイクロメートルからナノメートルオーダーの3次元ヘリカル・らせん構造を持つ炭素繊維で、その形態、電気的、機械的、化学的特性等からマイクロセンサー、マイクロエレクトロニクス素子、電磁波吸収材等への応用が期待させる機能性材料である。本研究会では、産学官連携のもとにCMCの用途開発について討議し、その諸特性を活かした工業材料、新規商品としての可能性を明らかにし、地域産業界の活性化やベンチャー企業の誕生を図る。



事務局専用