HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > バーチャルリアリティのバリアフリー化研究会

バーチャルリアリティのバリアフリー化研究会

大学共同利用機関法人自然科学研究機構核融合科学研究所 計算機センター教授  渡邉 國彦 氏

現在、本格的なものから簡易型まで様々なレベルのバーチャルリアリティ(VR)装置が開発され、VRを導入している研究機関・企業も多くなってきたが、その多くは特定のアプリケーションを受動的に表示するに限られている。VR表現を多くのシミュレーション研究や実際の工学設計などに広く適用するためには、様々な観点から一般ユーザが利用する上での多くのバリアを取り除くことが必要である。本研究会はVRに馴染みのないユーザが自由自在にVRを操作しうるソフト及びハードの開発・改良をユーザの立場から行う。



事務局専用