HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 超臨界流体応用技術研究会

超臨界流体応用技術研究会

豊橋技術科学大学工学部 エコロジー工学系教授  藤江 幸一 氏

水を媒体として用いる超臨界流体技術は、有害物質の無害化やプラスチックのリサイクルへの適用だけに留まらず、様々な未利用物質や工業原料への応用が考えられている。本研究会では、事業化に向けての検討課題の抽出や新たな応用技術の開拓および開発を目的とし、新たな産学官連帯の研究体制を構築する。まずは超臨界流体技術を解説し、現在進行している実用化への取組みを紹介して、各企業が抱える問題に対する技術の適用可能性を議論する。



事務局専用