HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > ナノ粒子懸濁系高度処理研究会

ナノ粒子懸濁系高度処理研究会

名古屋大学大学院工学研究科 分子化学工学専攻教授  入谷 英司 氏

微細なナノオーダーサイズの物質を含む粒子懸濁系の高度処理技術は、新素材や電子産業などの先端技術産業や最近重要となりつつある廃水の循環再利用などにおいても、その重要性が強く認識されている。本研究会では、膜濾過、圧搾、凝集等の機械的分離操作や微生物の機能を利用した処理等を駆使して、各種の用・廃水処理プロセスでこれまで分離困難とされてきたナノ粒子を対象とした一連の粒子懸濁系の高度処理技術を構築するためのストラテジーを生み出す。



事務局専用