HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 身体運動の機能評価に基づく運動支援ロボティクス研究会

身体運動の機能評価に基づく運動支援ロボティクス研究会

名古屋大学先端技術共同研究センターセンター長・教授  大日方 五郎 氏

ロボットに関わるセンサ、アクチュエータ、バッテリー、コントロールなどの要素技術が発達し、軽量でエネルギー効率が高く、高度なタスクを実行できるロボットの実現が可能となりつつある。本研究会では、このようなロボット技術を活用し、参加メンバーの技術シーズである身体運動の工学的、力学的機能評価手法などを活用して、障害者、高齢者用の運動支援ロボットの設計法の確立をめざす。とくに、支援機器操作用のヒューマンインターフェースを開発ターゲットとして事業化につながる検討を行う。



事務局専用