水熱プロセスによる炭素・水素循環型エネルギー生成研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 水熱プロセスによる炭素・水素循環型エネルギー生成研究会

水熱プロセスによる炭素・水素循環型エネルギー生成研究会

名古屋大学エコトピア科学研究所 融合プロジェクト研究部門部門長 教授  長谷川 達也 氏

地球温暖化の原因の57%は化石燃料の燃焼によって排出される二酸化炭素であり、人類にとって緊急の課題はこのガスを排出しないエネルギー社会の創造にある。一方、多消費・多生産の社会は下水汚泥、畜産廃棄物、廃油などの大量のバイオマス起源の有機廃棄物を生み出してきた。このような問題の根本的な対策は、有機廃棄物を炭素・水素循環型のエネルギー資源と捉え、それを利用してエネルギーを生成するシステムを構築することにある。本研究会では、水熱プロセスにより有機廃棄物から炭素・水素循環型エネルギー生成を目指す産学官連携プロジェクトを構築するため、情報交換と計画検討を行なう。



事務局専用