HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > カーボンナノチューブを利用した複合材の開発研究会

カーボンナノチューブを利用した複合材の開発研究会

名城大学理工学部 教授  安藤 義則 氏

カーボンナノチューブ(CNT)と各種樹脂との複合材を作製することにより、材料の電気的・機械的・化学的あるいは熱的特性などを格段と向上させることができる可能性がある。本研究会では、種々のCNTと樹脂との分散性の向上を探り、使用目的に応じた複合材を作製し、CNT複合材としての応用を図ることを目的とする。また、CNT素材の一つとして、アーク放電法で作製した巨大ネット状の単層CNTを提供して、その分散性の検討、電気的特性あるいは機械的特性の発現できる複合材の開発をめざす。



事務局専用