HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 有機-無機ナノハイブリッドを利用した機能性材料の実用化に関する研究会

有機-無機ナノハイブリッドを利用した機能性材料の実用化に関する研究会

名古屋大学大学院工学研究科 結晶材料工学専攻 教授  高木 克彦 氏

ラメラ構造やメソポア構造を有する無機化合物は、その構造の内部に様々な有機分子を取り込むことができる。取り込まれた有機分子は無機構造との相互作用や自己組織化によって規則的な構造を作り出し、単独の結晶状態では得られない物理的・化学的性質を示す。基礎研究段階で、このような有機-無機複合材料としてこれまで様々なナノ構造体が合成されている。本研究会では学術分野で培われた有機-無機ナノ複合材料の知見を産官学で広く共有し、実際の工業製品への展開を目指す。



事務局専用