有機半導体を用いた集積回路に関する基盤技術研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 有機半導体を用いた集積回路に関する基盤技術研究会

有機半導体を用いた集積回路に関する基盤技術研究会

富山大学工学部 電気電子システム工学科 助教授  岡田 裕之 氏

有機材料の持つ多種多様性、新機能発現等を活用し、大面積・軽量・省スペース・フレキシブル等の特徴を持つ有機デバイスの研究開発が活発化している。ここで、有機デバイスの持つ特徴を活かすためには、大面積対応可能かつ装置無依存の新手法、プロセス温度の常温化、長期信頼性など、総合的な新技術開発と展開が必要となる。本研究会では、これまで実施されている有機デバイスのプロセス技術と集積化技術を出発点として、多岐の領域に渡る研究者、事業者の参画により、さらに進んだ基盤技術を育成することを目標とする。



事務局専用