HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 自然エネルギーを利用した湖沼・内湾の水質改善技術の開発に関する研究会

自然エネルギーを利用した湖沼・内湾の水質改善技術の開発に関する研究会

豊橋技術科学大学建設工学系 教授  青木 伸一 氏

閉鎖性内湾や湖沼では,水域の富栄養化により貧酸素水塊が形成されるなど水質が慢性的に悪化している.本研究会では,太陽光,風力,波力などの自然エネルギーを利用した省エネルギー,省メンテナンス型の新しい水質改善技術の開発を目指し,その技術に要求される機能や課題を整理するとともに,種々の関連要素技術を調査検討する.さらに,これらの検討結果を踏まえて,新しい技術開発に向けた議論と基礎的な検討を行い,今後の技術開発の方向性を探る.



事務局専用