HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 水圏環境のバイオレメディエーション技術研究会

水圏環境のバイオレメディエーション技術研究会

中部大学応用生物学部 環境生物科学科 教授  寺井 久慈 氏

植物や微生物の機能を利用して汚染された環境を修復する技術をバイオレメディエーションという。単に汚染物質を植物や微生物が吸収・分解するという理解では技術として利用することはできない。ミクロな環境で汚染物質に対して微生物や植物の根圏がどのように働くかを明らかにし、微生物が機能しやすい環境を提供する担体を開発することが重要となる。本研究会では、今問題となっている庄内川や堀川の臭気汚濁やヘドロ堆積を浄化する上で有効なバイオレメディエーション技術について検討することを目標とする。



事務局専用