地震被災構造物の復旧方法研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 地震被災構造物の復旧方法研究会

地震被災構造物の復旧方法研究会

名古屋大学大学院工学研究科 社会基盤工学専攻 教授  中村 光 氏

巨大地震が生じ道路・鉄道などのライフライン構造物に被害が生じると、社会的影響度が非常に大きいため、事前対策としての構造物の耐震性能の向上と、事後対策である被災した構造物の早期復旧方法が求められている。しかしながら、事後対策である復旧方法については、システム的な研究はほとんど実施されていない。本研究会では、コンクリート構造物を対象として、材料・構造・工法・施工の技術交流により個々の要素を組み合わせた既存技術のシステム化の検討と、システム化に必要となる個々の技術の高度化について検討する。



事務局専用