地域特産野菜と乳酸菌を利用したスローフード開発研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 地域特産野菜と乳酸菌を利用したスローフード開発研究会

地域特産野菜と乳酸菌を利用したスローフード開発研究会

愛知県産業技術研究所 食品工業技術センター保蔵技術室主任研究員  石川 健一 氏

スローフード(運動)とはイタリアで1980年代に提唱され、伝統食材や料理を守ること、良質の素材を提供する生産者を守ること、及びその普及に努めることである。わが国でも地域の伝統食品が見直されており、消費者の健康志向、本物志向、そして地産地消運動ともあいまって、食品業界も注目しはじめている。そこで当研究会では、乳酸菌のもつ防腐、風味向上、そして保健機能に着目し、地域特産野菜の加工に利用することで、消費者にとって魅力的な製品づくりを目指す。



事務局専用