高機能形状記憶材料の開発とインテリジェント機械システムへの応用研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 高機能形状記憶材料の開発とインテリジェント機械システムへの応用研究会

高機能形状記憶材料の開発とインテリジェント機械システムへの応用研究会

愛知工業大学工学部機械学科教授  戸伏 壽昭 氏

形状記憶材料は検知機能および駆動機能の両方の機能特性に優れているために、省資源・省エネルギー・環境の問題の解決に貢献するインテリジェント機械システムへの応用が期待されている。しかし、形状記憶材料は個々に実用化されているが、形状記憶合金および形状記憶ポリマーについてインテリジェント機械システムへの応用は今後の課題になっている。本研究会においては、形状記憶合金および形状記憶ポリマーの高機能化とこれを利用したインテリジェント機械システムへの応用を研究する。



事務局専用