環境調和型水素生成原理の実用化研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 環境調和型水素生成原理の実用化研究会

環境調和型水素生成原理の実用化研究会

名城大学理工学部教授  森田 健治 氏

現在、CO2を排出しない、地球環境に調和する、脱炭素エネルギー源の開発が望まれている。本提案の水素生成原理は、常温において表面で水を分解し、内部から水素ガスを放出する、水素イオン注入ぺロブスカイト型酸化物セラミックスの新触媒機能を利用している。本研究会では、この原理を自立的水素製造装置として実用化すために、酸化物セラミックスの大面積薄膜化およびその表面への触媒機能付与の基礎的要素技術を検討し、生成水素ガスを分離・回収する技術を組み合わせた自立的水素製造システムの構築を目指す。



事務局専用