生物物理学的アプローチによるゲノム情報解析研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 生物物理学的アプローチによるゲノム情報解析研究会

生物物理学的アプローチによるゲノム情報解析研究会

名古屋大学大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻教授  美宅 成樹 氏

生物ゲノムにおける配列情報を如何に解析するかという問題の重要性は言うまでもないが、そのための本当に有効な手法はまだ見出されていない。ここでは、遺伝子産物の物理化学的特徴に立脚したアミノ酸配列の解析手法を開発するために、ゲノム規模のタンパク質に対して、構造生物学、計算科学、分子生物学、生化学、細胞生物学など、様々な角度から検討を加え、研究開発の方向性を具体的に提案する。



事務局専用