HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 微生物や生体触媒を活用した環境浄化及び環境計測に関する研究会

微生物や生体触媒を活用した環境浄化及び環境計測に関する研究会

愛知県産業技術研究所 食品工業技術センター 主任研究員  近藤 徹弥 氏

微生物や酵素などの生体触媒を用いる環境浄化システムは環境に優しい浄化法であるが、生体触媒を用いるが故の安定性の低さや反応効率の悪さなど、解決すべき課題が残されている。また、化学物質の分解除去法の開発とともに、環境汚染物質の安全性評価も重要な課題であり、多種多様な化学物質に対応した簡便でハイスループットな環境計測システムの開発が望まれている。本研究会では、参加メンバーとの連携や技術協力を進めることにより、新規な環境浄化システムや環境計測法の開発を目指す。



事務局専用