HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > リハビリテーション・介護支援のためのパワーアシスト技術研究会

リハビリテーション・介護支援のためのパワーアシスト技術研究会

豊橋技術科学大学 生産システム工学系 准教授  三好 孝典 氏

高齢化社会の波は衰えるどころか、その勢いを増す一方である。この様な中、多くの高齢者の方々は、自身の体重を自分の足で支えきれず日々の生活に大きな支障がある、あるいは、介護者の方々は極めて多くの労力・筋力を介護に要求され、腰痛などの疾患に悩まされる、などの悩みを有している。そこで本研究会では、人間の弱い力を何倍にも増幅して強い力に変換するパワーアシスト技術や、生体機能向上・運動計測のシーズ技術を活用し、上記問題点を解決するシステムの研究を行い、機器の開発、事業化への検討を行う。



事務局専用