全固体型エネルギーデバイス研究の最前線 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 全固体型エネルギーデバイス研究の最前線

全固体型エネルギーデバイス研究の最前線

名古屋工業大学 大学院工学研究科 准教授  園山 範之 氏

エネルギー変換デバイスは、その安定性への要求から乾式への転換が求められているが、固体電解質等を用いた全固体化を達成するには、効率よく電荷担体が移動できる固体-固体界面の設計が不可欠である。本研究会では、リチウム二次電池、色素増感太陽電池および既に研究の進んでいる固体型燃料電池を取り上げ、活発に研究を行っている研究者をお招きし、ご講演いただく。固固界面特性の最新の情報を共有し、討論を行うことにより、次世代の全固体エネルギーデバイス像を追求してゆく。



事務局専用