HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 人体損傷に基づく衝撃力測定・評価システムの開発に関する研究会

人体損傷に基づく衝撃力測定・評価システムの開発に関する研究会

国立長寿医療センター研究所 長寿医療工学研究部 室長  伊藤 安海 氏

作動中の福祉機器と人体との接触による受傷事故の防止、殺人・傷害事件における殺意の有無の特定など、人体損傷に基づく衝撃力評価を必要とする場面は急増している。本研究会では、人体損傷に基づく衝撃力測定・評価システムの開発を目指し、医療機関、警察、大学、企業における人体損傷評価、衝撃力測定の専門家による情報交換を重ね、種々の関連要素技術を調査検討する。さらに、検討結果を踏まえてシステム開発に向けた議論を行い、今後の方向性を探る。



事務局専用