表面反応型クロモジェニック材料に関する研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 表面反応型クロモジェニック材料に関する研究会

表面反応型クロモジェニック材料に関する研究会

名古屋大学 エコトピア科学研究所 准教授  井上 泰志 氏

窒化インジウム薄膜において発見されたエレクトロクロミック(EC)現象は、固体表面上の吸着物の交代に起因する。従って、固体内部へのイオン侵入を必要とする従来のEC材料と異なり、飛躍的な応答速度の向上や、電圧印加以外のトリガーによる色変化が期待でき、全く新しいクロモジェニック材料となり得る。本研究会では、表面反応型EC材料を主たる研究対象とし、色変化機構の詳細な解明とともに、新材料探索をねらいとした議論を行う。



事務局専用