HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > プローブ顕微鏡(SPM)による表面分析研究会

プローブ顕微鏡(SPM)による表面分析研究会

豊田工業大学 大学院工学研究科 物質工学系 准教授  吉村 雅満 氏

プローブ顕微鏡(SPM)は、新規材料開発をはじめとする多くのナノテク関連分野で必須な表面分析法であり、その分解能は原子・分子レベルに達する。しかし、 従来の顕微鏡とは異なり、鋭利な先端を有する探針(プローブ)を近接場で用いるという特殊性から、その測定や解析法にはノウハウが必要である。本研究会で は、SPM関連技術(プローブ、制御システム等)や最先端の研究例を調査し、SPM を用いた新規な材料分析法の可能性・必要性を大学・研究所・企業間で議論し探索する。



事務局専用