工具表面設計と潤滑剤最適化による超高能率切削加工研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 工具表面設計と潤滑剤最適化による超高能率切削加工研究会

工具表面設計と潤滑剤最適化による超高能率切削加工研究会

名古屋工業大学 大学院工学研究科 しくみ領域 准教授  糸魚川 文広 氏

切削工具の表面設計の技術とMQLに代表される潤滑剤の質的・量的な最適化技術は個々に研究開発がなされてきた。しかし、両者の相互作用は定量化されておらず、これを最適化したいという要求は大きい。ここでは潤滑剤の潤滑効果を発現させるために最適表面設計(テクスチャリングなど)を積極的に行うことで切削加工時の“潤滑を制御”することについて検討し、これによる高能率加工の生産現場への展開を視野に入れた産官学連携を目指す。



事務局専用