HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 太陽電池実用化技術研究会

太陽電池実用化技術研究会

名古屋工業大学 大学院工学研究科 未来材料創成工学専攻 教授  曽我 哲夫 氏

太陽電池を用いた太陽光発電は、温暖化ガスを削減できる最もポテンシャルの高いエネルギー源と言っても過言ではない。この10年間で個人住宅への太陽光発電システムの導入は大幅に伸びたが、今後さらに普及するためには、従来のシステムにとらわれない新技術の開発が必要となる。本研究会では、太陽光発電の普及に向けて様々な角度から太陽電池実用化のための技術を検討することにより、地球の温暖化防止に貢献したい。



事務局専用