HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 超軽量高機能ポーラス金属の開発と応用研究会

超軽量高機能ポーラス金属の開発と応用研究会

名古屋大学大学院工学研究科教授  金武 直幸 氏

内部に多数の気孔(セル)を有し超軽量性を特徴とするポーラス金属は、比剛性、衝撃吸収能、制振性、吸音性、断熱(保温)性などの優れた機能をも有しており、次世代の工業材料として期待される。本研究会では、ポーラス金属を適用可能な工業部品を抽出し、要求機能の実現に適正なセル構造の設計評価技術、必要なセル構造を生産性良く製造する技術、工業材料としての管理保障技術などを調査し、次世代工業材料としての発展性を探る。



事務局専用