HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 全光情報伝達・処理のための超高速非線形光学ガラス材料高次制御研究会

全光情報伝達・処理のための超高速非線形光学ガラス材料高次制御研究会

名古屋工業大学大学院工学研究科未来材料創成工学専攻准教授  早川 知克 氏

光の本質は波長多重性と超高速性にある。これらを情報伝達・処理に最大限活用するには、新規でかつ実用可能な超高速非線形光学材料を開発する必要がある。本研究会では、3次非線形光学特性が高いテルライト(TeO2)系ガラスに着目し、基礎的な材料物性・合成技術から、ファイバー・微小球・薄膜などの形態とフォトニック結晶などの高次組織を制御する技術まで幅広い議論を重ね、飛躍的な非線形光学特性の向上に資する技術研究を推進することを目的とする。



事務局専用