HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 音声インタフェースの実用化に関する研究会

音声インタフェースの実用化に関する研究会

名古屋工業大学大学院工学研究科准教授  李 晃伸 氏

近年、音声認識技術は長足の進歩を遂げ、実験環境では高い認識精度が得られるようになった。しかし一方で、音声インタフェースが広く実用化しているとは言い難い。この研究会では、日常の場で気楽に「使える」音声インタフェースの実現には何が必要なのかを中心課題に据え、認識精度だけでなく、音声言語インタフェース・インタラクションの在り方や設計論、デバイスなど幅広い関連分野から多面的に議論を深め、ニーズやシーズを掘り起こして明確化することを目標とする。



事務局専用