HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 計算機パワーを活用した非線形システムのモデリングと制御に関する研究会

計算機パワーを活用した非線形システムのモデリングと制御に関する研究会

名古屋大学大学院工学研究科准教授  坂本 登 氏

近年、産業界における高度化、小型化、高速化、高効率化の要求をかなえるため、制御技術に対する期待は日増しに高まっている。高付加価値化が日本の産業界全体にわたって望まれる中、様々な製品に独自の知能を与えうるシステム制御技術は、今後のわが国の産業競争力を高める必須技術になると予想される。本研究会は、このような高い要求にこたえるため、発展著しい計算機を活用することで将来必要な非線形制御の基礎技術を探ることを目的とする。



事務局専用