アルツハイマー病の早期診断・治療・予防法の開発研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > アルツハイマー病の早期診断・治療・予防法の開発研究会

アルツハイマー病の早期診断・治療・予防法の開発研究会

名城大学大学院 薬学研究科教授  鍋島 俊隆 氏

人口の高齢化に伴って、アルツハイマー病を始めとする認知症患者が急増している。医療費の抑制ばかりでなく、患者家族のQOLの向上のためにも、認知症を早期に発見し、治療することや、発症を防ぐための予防法の開発が求められている。しかし現時点では、早期診断法は固より、疾患の原因療法や適切な予防法が確立されていない。この研究会では、基礎研究から臨床応用研究まで広い範囲の 識者を集め、専門的見地から認知症の早期診断・治療・予防法の開発を目指す。



事務局専用