微細藻類生産性研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 微細藻類生産性研究会

微細藻類生産性研究会

名古屋大学大学院生命農学研究科生物機構・機能科学専攻教授  小俣 達男 氏

高いCO2固定能力をもつ微細藻類が再生可能なエネルギー資源として注目されてから久しい。しかし、現状での微細藻類の利用は、健康食品のような高付加価値商品にとどまっており、エネルギー資源として活用するには10倍以上のコスト削減・生産性改善が必要である。本研究会では、光利用効率、培地コスト、藻類の回収・処理コストの3点について原理的・技術的問題点を洗い出し、生産性向上のための研究開発の指針を得ることを目的とする。



事務局専用