医学・創薬に向けた小型魚類モデル利用推進ネットワーク - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 医学・創薬に向けた小型魚類モデル利用推進ネットワーク

医学・創薬に向けた小型魚類モデル利用推進ネットワーク

名古屋大学生物機能開発利用研究センター助教  橋本 寿史 氏

小型魚類は遺伝学や発生学の実験材料として適した特性を持っている。特にメダカには、ゲノムサイズが小さく扱いやすい、遺伝的に異なる系統が多数存在する、など多くの利点がある。またヒト疾患と同一の表現型を示す変異体も報告されている。本研究会ではヒト疾患モデルとして小型魚類を有効に活用し医学・創薬研究に結びつけるため、様々な分野の研究者間での情報交換を進め、共同研究によるトランスレーショナルリサーチを促進する基盤を構築する。



事務局専用