藻類バイオ燃料生産技術研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 藻類バイオ燃料生産技術研究会

藻類バイオ燃料生産技術研究会

名古屋大学大学院 生命農学研究科 生物機構・機能科学専攻 教授  小俣 達男 氏

微細藻類を用いたバイオ燃料生産の実用化のためには、培養に用いる肥料成分と細胞の回収コストの抜本的な削減が必須であり、そのためには、①光合成活性を維持しつつ細胞の増殖を抑制し、②光合成産物を細胞外に継続的に放出させることが重要である。本研究会では、この2点を実現する具体的な方法を確立するため、「細胞増殖制御技術」と「有用物質の細胞外への搬送」の研究を進め、バイオ燃料生産における有効性を検証してゆく。



事務局専用