アルツハイマー病診断・治療薬創出に向けた革新的探索系構築に関する研究会 - 公益財団法人 科学技術交流財団
HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > アルツハイマー病診断・治療薬創出に向けた革新的探索系構築に関する研究会

アルツハイマー病診断・治療薬創出に向けた革新的探索系構築に関する研究会

独立行政法人国立長寿医療研究センター研究所 副所長、認知症先進医療開発センター センター長  柳澤 勝彦 氏

高齢者人口の増加にあいまって認知症患者数は増加の一途を辿っており、医学・医療の枠を超えた大きな社会的負荷となっている。なかでも、認知症の最大の原因疾患であるアルツハイマー病に関しては、未だ根治的治療薬は開発されておらず、病態の進行を客観的に捕捉しうる診断薬の開発も端緒についた段階である。本研究会は、アルツハイマー病の病態生理の理解の上に、標的に定めた分子に選択的に結合する低分子化合物を探索し、診断・治療薬を創出する革新的手法を議論する。



事務局専用