HOME > 事業のご案内 > 研究交流事業 > 研究会 > 水素透過材料の機能活用に関する研究会

水素透過材料の機能活用に関する研究会

名古屋大学 大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻 助教  湯川 宏 氏

環境重視と新エネルギーへの転換の時代を迎え、水素エネルギーの有効利用が急務である。このような社会情勢のもと、水素のみを透過する水素透過材料は水素分離・精製のための重要な材料技術の一つである。本研究会では、水素透過材料の機能に関して、産官学の異分野の研究者、技術者および行政を交えた情報交換・技術交流を図り、もって水素透過材料の新たな機能活用と新規用途開発ならびに実用化に向けた課題抽出を行うことを目的として活動する。



事務局専用